18日午後4時半ごろ、静岡県富士市中之郷の農薬製造「イハラケミカル工業」静岡工場で、廃液タンク(高さ9.3メートル、直径3.8メートル)が爆発、約30メートル離れた従業員駐車場まで吹き飛んだ。タンクが直撃した車5台が破損、近くを歩いていた女性(78)の目にほこりが入り、病院で治療を受けた。
 県警富士署や消防が19日に実況見分を行い、爆発に至った経緯などを調べる。
 県警や消防などによると、タンクは金属製で、円筒状。農薬を造る過程で出たリン酸を含む廃液が入っていた。当時は、従業員が近くで廃液を処分する作業を行っていたらしい。車5台はいずれも同社従業員のものだった。 

【関連ニュース】
エチレン設備を一時停止=配管にトラブル
飼料工場で爆発、7人重軽傷=溶接作業中
加藤被告「間違いありません」=弁護側、責任能力争う方針
現場周辺で実況見分、軽傷10人に=化学工場爆発
化学工場で爆発、8人けが=車で通行の男性も

<電子書籍>普及で総務などの3省合同の懇談会が発足(毎日新聞)
母親、殺人容疑で逮捕=2カ月女児揺さぶる-大阪府警(時事通信)
<水俣病>一時金1人210万円の和解案 「不知火」訴訟(毎日新聞)
政府答弁書、自衛隊のイラク派遣は合憲(産経新聞)
普天間問題 首相「県外は困難、気持ちを大事に…」(産経新聞)
AD