◇強盗致傷罪

 大津地裁で26日開かれた裁判員裁判で、強盗致傷罪などに問われた被告が「死刑にして」と繰り返すのに対し、裁判員が「責任を取ってから死んでください」と発言する場面があった。

 起訴状によると、住所不定、無職の松下宏被告(65)は01年9月、滋賀県内のパチンコ店で男性店長(当時57歳)に包丁を突き付けて全治10日間のけがをさせ、現金約117万円を奪ったとされる。被告は25日の初公判で起訴内容を認め、「死刑にしてください」と発言。26日の被告人質問でも弁護人、検察官に「生きていたくない」「今すぐ殺してほしい」などと答えた。

 男性裁判員が「被害者に弁償する気はありますか」と質問。松下被告が「生活保護で返す」などと答えたため、「死刑を望みながら、弁償するというのは矛盾している。全額返済し、責任を取ってから死んでください」と言って質問を終えた。検察側は懲役7年を求刑し、結審した。【前本麻有】

小惑星へ2度の“着陸”(産経新聞)
辻元副国交相 辞表提出「辞めるのは寂しい」と号泣(毎日新聞)
<一家3人殺害>起訴の男 長野の男性死体遺棄も関与(毎日新聞)
<吉本興業>「笑いは健康によい」科学的に実証(毎日新聞)
振り込め詐取金で借金返済させる=容疑で稲川会系組長逮捕―警視庁(時事通信)
AD