自民党の舛添要一前厚生労働相は14日午前、国会内で記者団に対し、東国原英夫宮崎県知事と15日に都内で会談すると明らかにした。地方活性化について意見交換するのが目的だが、夏の参院選に向けた対応も話題になるとみられる。
 舛添氏は橋下徹大阪府知事に「大阪経済特区構想」を持ち掛けるなど、知名度の高い知事らとの連携に意欲を示している。こうした行動が、舛添氏は新党も視野に入れているとの憶測を呼んでいるが、同氏は「あらゆる可能性はすべてオープンだ。わたしのスタンスは1ミリもぶれていない」と強調。インターネット上に「政策を集大成して、国民に信を問いたい」と記したことについては、「一つの政策集をまとめる作業をしている」と語った。 

【関連ニュース】
舛添氏との連携を否定=橋下大阪知事
平沼新党「敬老会みたい」=東国原知事
「橋下新党」へ新会派発足=22人が参加
「国歌、歌うのは義務」=新採職員に訓示
市町村への権限移譲、26%どまり=首相「非常に不十分」

内閣支持、続落23.7%=56.5%が不支持-時事世論調査(時事通信)
愛知5人殺傷 強い怒り、メッタ刺し 1人に17カ所も(毎日新聞)
飲酒運転し追突、神奈川県議逮捕(時事通信)
ケージ内でテン捕獲=トキ襲撃、同一かは不明-環境省(時事通信)
脳損傷リハ「患者中心のゴール設定を」(医療介護CBニュース)
AD