81年の米ロサンゼルス銃撃事件で逮捕され、08年10月にロス市警の留置場で自殺した三浦和義さんの妻が、ウェブサイト「YAHOO!JAPAN」に掲載された産経新聞の記事で名誉を傷つけられたなどとして、産経新聞社とヤフーに660万円の賠償を求めて提訴していたことが分かった。14日に東京地裁(松並重雄裁判長)で開かれた第1回口頭弁論で、両社は争う姿勢を示した。

 訴えによると、両社は08年10月12、13日、三浦さんの自殺を受け、事件の被害者遺族のコメントなどを掲載した。「日本で無罪が確定しているのに、(三浦さんを)犯人と断ずるコメントを何ら注釈なく引用した」などと主張している。【和田武士】

 産経新聞社広報部の話 記事に違法性はないと確信している。

【関連ニュース】
時代を駆ける:土井香苗/5 難民裁判負けたが意義は大
今週の本棚・新刊:『総括せよ! さらば革命的世代』=産経新聞取材班・著
国と国のはざまで:在留資格なき無国籍者/下 特別許可申し出中に収容

<掘り出しニュース>カメ甲羅干し…前へ~ならえ(毎日新聞)
協会けんぽ「早期成立を」、健保連「負担増耐えられぬ」-衆院厚労委(医療介護CBニュース)
男性放置死、2人に懲役23年=強盗致死の裁判員裁判-東京地裁
<日本創新党>首長らが新党 党首に山田・東京都杉並区長(毎日新聞)
消えたはずのライター…思わぬ着火で事故多発(産経新聞)
AD