鳩山由紀夫首相は12日昼、米ワシントンで開かれる核安全保障サミット(12~13日)に出席するため、政府専用機で羽田空港を出発する。サミットでは「核なき世界」を目指すオバマ米大統領を支持する姿勢をアピールし、唯一の被爆国の立場から核保有国からテロ組織への核物質流出防止の技術的な協力を主張する方針だ。

 首相は滞在中、12日夜(日本時間13日午前)の晩餐(ばんさん)会で隣席となるオバマ大統領と非公式に会談し、米軍普天間飛行場の移設問題について5月末までに決着させる日本政府の方針に理解を求める意向だ。12日午後(同)には中国の胡錦濤国家主席との会談も予定されており、14日夜に帰国する。

【関連記事】
鳩山首相、タイ首相に邦人死亡の真相究明などを要請
首相がポーランド大統領死去で哀悼の意
小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」
イラン追加制裁議論、月内採択なお困難
イスラエル首相、核サミット参加見送り 
「中国内陸部の資源事情とは…?」

男性の大腸がんリスク、マグネシウム摂取量高いほど低下傾向
安協女性部長、交差点で安全指導中はねられ死亡(読売新聞)
自民、選挙運動のネット解禁へ公選法改正案(読売新聞)
保健師個人を対象とした初の全国調査―日看協(医療介護CBニュース)
殺人の時効廃止、刑訴法改正案が参院委で可決(読売新聞)
AD