自民党の舛添要一・前厚生労働相は15日、国会内で東国原英夫宮崎県知事と会談し、地方分権改革推進のため協力する考えで一致した。

 今後の政局対応についても意見交換したとみられる。

 会談は、東国原氏が申し入れた。舛添氏は自民党の現状について、「なかなか改革、解党的な出直しが進んでいない」との認識を表明。「今、新たな政策集を作っている。地方については頼みます」と東国原氏の協力を要請し、同氏も了承した。

 会談後、東国原氏は記者団に「権限や財源の移譲という政策で打って出るなら応援していく」と述べ、舛添氏との連携に前向きな考えを示した。舛添氏は「いい政策の議論ができた」とだけ語った。

避難率4割切る チリ大地震で防災相「ハザードマップ見直しを」(産経新聞)
<変死>事件性見逃し98年以降39件 警察庁が報告(毎日新聞)
<パトカー>乗用車と衝突、男性軽傷 神奈川・相模原(毎日新聞)
中朝国境 苛烈な情報戦 住民、携帯で「ゲリラ通話」(産経新聞)
内閣支持率「危険水域」20%台 首相「改革の方向間違ってない」(J-CASTニュース)
AD