泉北ニュータウンの再生に向け、大阪府や堺市などが連携する協議会が13日、設立され、大阪市中央区で初会合が開かれた。

 協議会に先立って行われた設立総会には、橋下徹知事や堺市の竹山修身市長らも出席。会合では、空室が増える府営住宅の問題や、泉北高速鉄道泉ヶ丘駅前の再開発などについて話し合われた。

 竹山市長は元府職員で、橋下知事のもとでも幹部を務めた。橋下知事は「これまでの堺市長とはうまくいってなかったが、これからは違う。堺市を府がサポートする」とし、「大阪全体を考えたとき、泉北の再生は重要な課題。広大なストックを今までとは違うやり方で活用し、沈滞したムードを変えたい」と述べた。

【関連記事】
大阪府立泉北考古資料館、堺市へ移管で継続
多摩ニュータウンの建て替え決議 分譲40年、再生モデルに
南海が「住みかえ支援事業」 沿線ニュータウンに若年世帯呼び込み
中高年再就職支援の輪 厳しい雇用環境、介護・福祉分野重点に 青森
4月からの後期高齢者医療保険料が2・1%アップ
外国人地方参政権問題に一石

空港懇紛糾、橋下知事らに「じゃんけんで決めて」(読売新聞)
“KARAOKE”発明者のリストに12人(産経新聞)
グーグル、書籍検索機能をウェブ検索に統合
<平沼代表>参院選目標議席「少なくとも10」(毎日新聞)
首相動静(4月12日)(時事通信)
AD