インターネットの会員制サイト「mixi(ミクシィ)」を使い、高校時代の同級生に脅迫メッセージを送りつけたとして、警視庁本富士署は脅迫の疑いで農林中央金庫職員、平松佑一容疑者(23)を逮捕した。

 同署によると、「疎外感を感じていて腹が立っていた。反省している」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年9月以降、約10回にわたってミクシィを使い、高校時代の同級生だった埼玉県内の男子大学生(23)に「お前何のこのこ生きてんの」「自分で死ぬか」とメッセージを送ったとしている。

【関連記事】
最高裁がネット中傷を「有罪」判断 書き込みに「裏付け」必要
リストラ屋、復讐屋…驚きの“闇業務”現役探偵が激白
ワンクリック請求、手口巧妙化で被害急増
「訴えられたくなければ金を払え」 ユーザーを脅す新手のマルウェア出現
「裸の写真売ります」女子高生の羞恥心ない小遣い稼ぎ…群がるネット売人

上司に暴言、同僚を暴行=職員を停職処分-東大(時事通信)
社会福祉法人の経営状態判定のチェックリストなど導入へ―東京都(医療介護CBニュース)
<火災>ゴルフスイングで火花? ゴルフ場の芝焼ける 宮城(毎日新聞)
<バス追突>日本人観光客数人けが オーストリア(毎日新聞)
電線カルテル疑惑、十数社立ち入り…公取委(読売新聞)
AD