• 06 Feb
    • 厳しい就活

      厳しくて当然なのだが、一次選考に通る通る期待はしてしまう。業界的に仕事は限られている。ふと、ある採用試験で出会った若い女性と、もう、神経がすり減り気力がなくなったという話をした。一ヶ月も○か❌か返事が来ないのに、他の採用試験で遭遇した受験者には、採用通知が来ていたとか、けっこう待たされることが多いとか、職探しは椅子とりゲームだなんて、話題にもなった。合格する人は複数合格するので、待遇のいい職場へ行ってしまうので、キャンセルが出るので、そのために要員を押さえておくなんてこともある。一旦、不採用で急に採用通知を貰っている人もいたりするが、なるべく、そういったことは避けたいのだろう。キャンセル待ち、補欠のためにも、数多く書類送ったほうがよい説。結局、条件のよいところは殺到し、小さなところは、たまたま、空席があったりタイミングで決まったりするのだ。自分のやりたい仕事だけをあたるとなると、相当な労力がいる。一般的に高齢は厳しいが、この業界は高齢ほうがよい場合もあるので若い人にも厳しかったりする。しかし、私ほどの年齢はかなり厳しい。年齢超えててもいいですか?と図々しく入っていったりする。仕事は選べないが本音。待遇気にしなければあるけど、誰も食べさせてくれないので、勉強になるからといった形での仕事選びは避けたい。奥様がたは、好きな仕事をするなんて言っているから、羨ましい。もう、いくつも掛け持ちしたくないけど、そうも言っていられないだろう。

      1
      テーマ:
  • 01 Feb
    • 連絡なしの娘

      知らなかった!五分間もテレビに映って、お笑い芸人に商品の説明をしている娘。テレビ放映の影響で忙しいと言ってきたので、「テレビ出たのか?」と聞いてもスルーされた。一年前から店をはじめている。かつては、硬めの会社員で人事に長くいた。この数年は、臨時教員だのもやっていた。だからか?なぜか、お客さんが「先生」と呼んでいるのを見たことがある。いつのまにか製造業。海外にまで卸しているらしい。作りたてのお菓子は美味しい。調理なんて無縁だったはずなのに???テレビ放映日くらい知らせてこい。私の息子である兄には話したよって。私も店に行っているでしょうが。一年半帰ってこない娘である。

      1
      2
      テーマ:
  • 30 Jan
    • オフ

      ここの一週間、仕事、就活、研修などで、よくいえば充実。疲れる日々だった。勢いついてよいと思ったが、7日間連続はけっこうきつい。門を叩かなければ道は開かれない。それにしても、履歴書たくさんだした。同年代の人の二十通だして、希望が叶ったという話を聞いた。私はというと、五通送った。書類でひとつは❌だった。よく課題を見てなくて、作文の論点がずれているのに、後から気がついた。予想通りの結果。面接から研修を経て最後にテストなんていうのもあって、現在、研修中もある。こちらは、副業にしたいと考えているが、どこも通らなかったら本業になるのか??書類が通った人には、日時指定で連絡がありますなんて所もある。美容院にいる時に着信音。とってみると、「面接のお知らせです」。申し込みしていたことを忘れそうになっていた。賞与も四ヶ月あって、家からも近くて一番先に目についた職場だった。次から次へと新しい求人が出てきて、だんだん魅力が薄れてはきた。年齢考えて、就活は難しいと思う。だから、数打てば当たる的に応募。でも、たくさん当たったらどうする?身体はひとつしかない。就活は決まる人は複数決まる。だから、辞退ということもあるのだ。辞退した人の補欠はいただけるかもしれないなあなどと考えていた。実は、家族で悲しい出来事があり、その気持ちから立ち直るためにも就活は一役かっている。私に是非と来て欲しいと言ってくれるところで働きたい。いや、導かれた職場で精一杯頑張ることだ。今日はオフなのか、わかっていても手帳を確認した。朝からだるい。

      1
      テーマ:
  • 16 Jan
    • 料金不足の詫び状

      家の近くでやっていたので、心理士向けではなかったが、講師が養成校の教授で内容がよかったので受講していた。三回目の講義の日程をホームページから確認した。このホームページの日程が間違っていたのだ。教室が空いていない。どうやら、日程が違うようだった。五、六人来ていた人たちと、お茶して、私は午後から他の講演会へ向かった。まあ、こんな日もあってもよいだろう。けっこう楽しかったし。結局、その回の講義は休んだ。そして、郵便受けを見たら、料金不足の紙が貼られていた大きな封筒が入っていた。中には、詫び状と、講義の資料が入っていた。複雑な気分。ちょっと、手間かかる。逆な立場だったら、穴があったら入りたい気分になる。そのまま、返送も考えたが、後日、報告にすることにした。私的には、講義より、切手代の足りないほうが面倒で嫌だった。詫び状が料金不足とはシャレにならない。昔、文通をしていた時、何回か料金不足を経験して、かなり気を使ってきた。重さを測ってから送るようにしている。ギリギリの時は多めに切手を貼るようにこころがけているので、なんとも、不手際としかいえないが、経験してみないとわからないかもしれない。

      1
      テーマ:
  • 10 Jan
    • 家族がうつになった時

      家族の行動が鈍くなった。うつ病を疑った。「どこの病院行ったらいい?」と聞かれた。私はお偉い先生は知っている。精神科の先生は面識ある先生だけでも、五本指では足りない。私を知らない先生にしてくれというので、私は知っているけど、先生は私のことを知らない先生を紹介した。でも、もしかしたら、奥様は共通の人と繋がっているかも。狭い世界で嫌です。治療中ですが、通勤してます。煩い性格なのに、すっかりおとなしくなって気持ち悪いです。こんな形で、私に実習させてくれなくても思いつつ、うつはウィルスじゃないけど、移りやすい感じがします。家族は巻き込まれやすいです。私も気をつけないと。それより、今は、就活に夢中です。掛け持ちになると思うので、一月中にはひとつ決めます。頼るべきは、やはりお金。家が片付いていなくても、お金さえあればどうなかなります。旧友が、私をあるボランティアに誘いをかけています。一回だけはいきます。バザー用の寄付もするつもり。でも、それ以上はできない。巻き込むつもりなの見え見え。でも、ごめんなさい。働けるのが私だけになってしまう可能性もないわけではないから。自分を大事にしたい。なかなか、できないことやっているのは、わかるけど。

      1
      テーマ:
  • 03 Jan
    • 今日は誕生日

      あまり、おめでたくないのだが、今日は誕生日。一月三日というと、箱根駅伝の往路の日という印象しかないようにも思える。実母を途中駅まで送っていた帰りに見た箱根駅伝は、十三年前のことだ。帰る時に、「私は幸せ。ボケてないし、家族と一緒だし」と言ったことが今でも印象に残っている。幸せといって貰えて良かった。母は、そう言った三年後に旅立ってしまった。箱根駅伝はいつの間にかA学院が強くなっていた。かつて、わが子も在籍していた。在籍当時は、マラソンはやっているかどうかもわからないくらい目立っていなかった。私の身内に二人、親友に一人とA学院の卒業生がいる。先日、クラス会でお会いした恩師が定年を迎えた学校でもある。縁がある学校なのか、私は内進生の保護者としての関わりだけではあるが、子どもは、芸能人や有名人の子弟とごくフツーに付き合っていたようだ。母のこと、学校のこと、なんとなく思いだした誕生日であった。

      1
      2
      テーマ:
  • 01 Jan
    • 明けましておめでとうございます!

      元旦の空は気持ちがよいくらい澄んでいます。車がすくないからでしょうか。今年は元旦から就活です。年齢的に厳しいのはわかってますが、挑戦しはじめます。スタートから妥協してしまうと、今後に繋がらないの一言につきます。一月四日締切の書類を準備中。小論文というか作文のようなものがあり、これが推敲しはじめるとキリがないものです。いまごろ、行っているのは、年末に風邪を引いてしまったので、年内に提出できなかったからです。作文ネタは、学術論文で検索してヒットするものから、とったり、一日からやることなのかと思いつつ、ライバルは多い。甘えててはいけない思っていても、昼寝したりと、やはり正月ですね。今年も、よろしくお願いします。

      1
      2
      テーマ:
  • 31 Dec
    • 凄い人

      大晦日の午前中は電車すいていて、休日モード。既に正月気分。デパートへ出かけた。目的は、和牛の切り落としを買う。有名店の切り落としはすき焼きで充分食べられる。毎年、買っている。いそいそと地下へ。なんと、私の目当ての肉屋は、売り場を通りこし、階段の上まで並んでいる。値段も上がっているし、他の店で買うことにした。買ったのはこま切れ。こま切れと切り落としの違いは、切り落としは、切り落とす部位が決まっていないのだそうだ。行くだけで疲れてしまった。元旦から営業しているところもあるし、買いだめすることもないと思いました。昨年は、お一人様だったので、31日も、1日もがっつり仕事して稼いでました。休日手当はかなり美味しかったです。

      1
      テーマ:
  • 26 Dec
    • 登録費用

      来年二月二十八日までで、よいのだが、グズグズしていると登録しそびれると思い、臨床心理士の資格登録を行った。住民票の住所と居住地が違うので、問い合わせをした。「先生の登録したい住所でいいんですよ。郵便が確実に届く住所で」先生!と言われ、どうも違和感がある。先生とは何十年も呼ばれるているけど、この業界から言われるのは、くすぐったい気持ちがします。登録料は五万円!五年後の更新は二万円、その他に学会だの何だので、決して安くはない維持費。国家資格になれば、おそらく、費用はあまりかかわらず、過去問も全公開となるのだろう。結局、また、試験受けなければならないのか。有資格者で仕事に就けない可能性もある。自分で選んだ道とはいえ厳しい。疲れがでてきて風邪気味。家族が鬱気味。仕事をしない年末年始はけっこう、風邪引いている。やはり、バリバリと仕事をしていたほうがよいのだろうか。

      1
      テーマ:
  • 17 Dec
    • 同年代の行方

      今日は同年代の友達、二人に別々の時間帯に会った。残念ながら、かつて同じ仕事をしていた仲間が、癌で亡くなっていたことを知った。関西からご主人の転勤で来て、おそらく、もう関西へ帰っているだろうと思っていたが、帰らぬ姿で帰郷されたとのことだった。誰からも死を知られて欲しくない気持ち。任期までを勤めあげ、療養生活に入っていた。「私、このままでは、年内までしか持たない」昨年の夏に、言っていたらしい。随分、頑張った。我慢強い。癌は、けっこう、亡くなる直前まで意識があるという。苦しかったのだろうなあ。元気に夜行バスで関西から帰ってきて、仕事をしていた姿を思いだす。合掌二人目の友人は、最近の資格試験に受かった同業者。かつて、同じ院を受け、二次試験で私が敗退した。私は彼女に遅れて、他の院に入学したが、彼女は、ゆっくり卒業したので、結果的に同期になってしまった。もう、歳だから、やりたい仕事がしたいが、やりたい仕事がわからなくなったとあう。私は、ご縁がある仕事ならなんでもやる。内容より、できれば常勤を望んでいると話していた。必ず、やりたい仕事がやれるとは限らない。彼女は看護師で医療関係に強いのが羨ましいが、最近は違う方向へ走っている。共通していえることは、やっと、試験勉強以外のことができるが、やりたいことが多すぎて、何をしたらよいのかわからなくなったというところである。人生を全うしたのか、旅立つ人もいれば、これから、また、新しいことやろうとする人もいる。これも運命なのか。

      2
      2
      テーマ:
  • 13 Dec
    • 我が師の恩

      スーパービジョンを受けに母校へ行く。資格試験の結果の報告がまだ来ていない人がいる。知っている人がいたら教えて欲しいと聞かれた。確かに、よい結果でないと報告はしにくいが、合格でも知らせない人も多いらしい。あるゼミの修了生から誰も連絡こないと嘆く先生。確かに、個人の努力が結んだ結果ではあるけれど、バックに指導者がいたことを忘れてはいけない。私は指導者として長い人生を歩んできたので、先生の気持ちはよくわかる。心配している気持ちもわかる。不運な時もある。たとえ、よくない結果だとしても、見守ってはいきたいと考えるだろう。私は心配しているだろうと考え、教務、ゼミ担当、SV担当すべての先生に連絡した。「あ、そう」の家族と違って喜んでくれて嬉しかったが、どうやら、私の結果は予想外だった匂いが漂ってきた。高齢だから、数年かかって当たり前的、能力的に一発は難しいと考えられていた疑惑か??後輩がみんな知っている。なぜに、私が話題になるのか。私は、教育システムが整っていたから、問題に取り組みやすかったと考え、感謝し我が師の恩は忘れていない。でも、予想外だったらしいのは、ちょっと笑えて、ちょっとショックでもある。

      2
      テーマ:
  • 12 Dec
    • 工夫は手抜きから生まれる?

      最近、かなり主婦みたいな生活している。化学調味料が鼻につき、昆布から出汁をとったり、安いスライス野菜使わないでキンピラを作ったり、ケーキも焼いて、どうしたのか??でも、けっこう、以前は作っていた。ローストビーフもよく焼いていた。作るほうが安いからと単純な理由。家族が一人抜け、二人抜けで一人になってしまった昨年は、ほとんど作らなかった。包丁の使い方忘れてしまうのではないかと思うくらい。素材の味を生かすのが好きではある。優しい味というか。料理は頭使っていい。材料揃ってなくても、工夫すればいいのだし。肉が少ないカレーにはお豆をくわえれば、一味違うものになる。お金かけてないのに、「最近こってるね」と。あまり手もかけてない。実は手抜きのプロ。

      1
      テーマ:
  • 11 Dec
    • シニア料理研究家を見て

      料理研究家のお嫁さんのアシスタントを始めたのが70歳。78歳で料理研究家として本を出版。83歳の現在、料理番組でも活躍中の小林まさるさん。もう歳で!なんて言っていてはいけないと思った。実力があっても、チャンスや縁がなかなか恵まれないこともある。病気をして、一時期活動できないことも人生にはあるだろう。でも、可能性は、歳に関係なくあるということを、あらためて実感した。私のこと「いまごろ、いまさら何するの?」的言い方をする人、内心思っている人もいそうだけど、そういう人たちは世の中のことわかっていないだけ。今、何もしてない人も可能性を秘めていると信じていこう。

      1
      テーマ:
  • 10 Dec
    • 星占い 孤独感味わう

      アメプロを開くと、「今日の山羊座は‥」必ずある。今日は孤独を感じる日で62点とか。けっこう90点以上の日もあるのだが、ほとんど当たらない。点数よくない日のほうが当たっていることが多い。長男に「資格試験受かったよ」と言ってみた。「あっそう」と当たり前といった口調。娘は入学式にも来ているので、LINEで「半数近く落ちる」と少々大げさに送った。でないと、「お疲れ」で終わってしまう。受かったら、何か買って貰える人もいるようで羨ましい。自分から積極的にアピールしないと話題にもならない。趣味くらいにしか、思っていないのかもしれない。趣味のエネルギーで、できるものではないが。

      2
      テーマ:
  • 09 Dec
    • 合格!!

      今日は、暖かいので、家の前を、夕方掃除したら、郵便局の人に声かけられた。封筒が、少々厚くて、細かい文字も見えて、多分⚪️と思ったら、合格でした。CP試験合格!!院試からはじまって、修論、実習、資格試験に漕ぎ着けるのもけっこう、労力がいったものだ。でも、これからが、始まり。職業人としてはヒヨッコ。登録料五万円の振込書は二月二十八日まで。現実に引き戻された。

      1
      テーマ:
  • 07 Dec
    • 社食で昼も夜も

      社食というより、公営の食堂といったほうがよいのかもしれないが、今日は、昼も夜も社食を使った。ラーメン350円は、チャーシューが厚くて美味しそうだが、栄養バランスを考えて朝、肉じゃが食べているので、ロールキャベツを選んで定食にした。デザートにチェリーゼリーもつけて500円。夕食もやっているらしい。夕食にラーメンがあったら食べたいと思い行ってみたがなかった。カレーライスを注文した。サラダ付きで400円。野菜も豊富に入っているし、優しい味。ココ⚪️番屋より安いし、健康に良さげ。以前、夜のバイトしている時は、脂肪たっぷりのカレーをよく食べて帰ったことを思いだす。今日は外食に900円の出費。二食で900円は安い。味噌汁も煮干から出汁とっているしヘルシー。もっと利用したいが、この社食のある職場から依頼されている仕事は、今月で終わる。毎日通っていたら、この社食も飽きてしまうだろう。今度は絶対にラーメン食べよう!と心に決めている。最近の私のブログは、ごはんのことが増えてきた。食い意地がはっている。外食の日は徹底的に外食でリーズナブル!明日のランチはワンコインお寿司の予定。

      1
      テーマ:
  • 04 Dec
    • 困難な音楽との訣別

      自分は何をやるべきなのか、時々わからなくなる。キャリアチェンジはどうなったのか。フェイドアウトを考えていた音楽の仕事。生徒が戻ってきた。LINEでいまだに繋がっている。受験終わったら戻ってくる子も、まだいそうだ。私は修士課程までいき心理が今は専門のはず。暫し、集中したい気持ちもあった。しかし、音楽活動の訣別は喪失感を伴うこともわかっていた。底辺のアーティストや指導者を続けていくのが嫌だった。この10年くらい、他の仕事もしつつ、自分の進むべき道を探していたのだ。底辺とは誰が決めたのか?自分である。プライドからか?周囲は、私が続けていくことを望んでいることに気がついた。逃れられない運命なのかもしれない。けっこう、両立は大変である。芸術療法に組み入れるなど、自分なりに工夫していかないと。

      3
      テーマ:
  • 03 Dec
    • おうちごはん

      外食多く、外食好きな私ではあるが、家にいる時は、けっこう作る。ある材料で作る。鍋物が多くはなっているけど、昼にほうとうを煮込んで食べた。たんぱく質が足りないと煩い息子のために、とり挽肉で肉団子を作った。葱と生姜のみじん切りと卵と塩を少々加えて練った簡単なものだが、けっこう美味しい。ほうとうに肉団子、半額で買っておいたカボチャのスライスや白菜など野菜を加えてコトコト煮込む。時間があれば、ゆっくり家で作って食べるのもいいものだ。とり挽肉は少しだけ、とり分けてキンピラゴボウにした。今週は朝早く、夜遅く帰る日もあって、お惣菜のメンチカツを買って帰ったものの、油の悪さに気持ちが悪くなったりもした。日々の食事を手作りできる余裕は、心の余裕に繋がるようにも思う。

      1
      テーマ:
  • 01 Dec
    • 年末調整

      学生だったこともあって、昨年度から、長男の扶養家族にしてもらった。しかし、健康保険は介護保険料払いたくないと、入れてくれず、正直、私には恩恵ない。彼の税金は減り、扶養手当も振り込まれているが、私の手元にはこない。毎月、少しづつ渡すのが、面倒なのだろう。年末に請求してやろうと思っていた矢先に、年末調整。今年の私の収入を書き出せと。昨年度は、勤労学生控除を後から申請して、なんと、住民税も非課税。事業所得の比率が高かったので、経費で落とせてなんとかなった。今年は、給与所得の比率も高くて、学生控除ないし、厳しい。寄付をすればなんとかなるか?などと、いろいろ考えた。とりあえず、来月分の給与を再来月に回すことになった。それでも、住民税までは無理だと思う。健康保険組合の既定では、私の年齢では、扶養範囲の上限が上がっていて、扶養家族になることには、まったく問題がないらしい。しかし、手当や税額となると、また別なので、落ち着かない気分である。給与の非課税額は厳しい。来年度からどうするか考えてしまう。もう、扶養から外れて、しっかり働きたいのが本音。年齢的にやりたい仕事があるかどうかもわからない。フリーランスは面倒。なにせ、ワーキングプアで有名な仕事だし。

      1
      テーマ:
  • 28 Nov
    • ボロボロそれでも生涯現役

      土日ゆっくりと休んだが、疲れが抜けない。講師三日目、どうも、気乗りがしない。マイクがOFFのまま、話しだしたりして、地声大きいから、マイクいらなかったのかも。明日、明後日もフル稼動。昨年は、よくやっていたなあと、しみじみ思う。何せ、修論の追い込み、本職、バイト、挙句にクリニックのテスターまでやっていた。一年、一年衰えていくのが、よく、わかる。七十過ぎた恩師は、「君が頑張るなら、僕も、まだ何かしなければと思う」と言ってくれた。生涯現役は疲れるが。まあ、良しとして、やって行こう。

      1
      テーマ:

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
AD

プロフィール

vanilla

性別:
女性
血液型:
B型
お住まいの地域:
神奈川県
自己紹介:
このたび心機一転して、新装開店したいと思います。 テーマに絞られず、自由に綴っていきます。 いまま...

続きを見る >

読者になる

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。