valuebasedmedicineのブログ

HPVワクチン関連・癌治療関連の業界話など


テーマ:
2016.06.05 誤字修正、 最後の「3.」の文章を修正

<最初に>

日本の産婦人科医は(副作用騒動後)自分の娘にHPVワクチンを打ってないという論文が発表されています。

あれだけ有効・安全と一部の専門家が言うHPVワクチン
「(政府の接種推奨差し控え後)専門家である産婦人科医が自分の娘にHPVワクチンを打っていない。

専門家の【発言】【行動】が全く逆の場合、我々はどちらを信じるべきなのでしょうか。


<専門家が自身の娘にHPVワクチンを打っているかどうか>

前述の論文のなかに下記のグラフがあります。

このグラフ、一見して何を書いているかよくわからないグラフなんですが・・・
適切なデータ処理をするととんでもない事実が浮かんできます。

ではまず上のグラフの白棒を右に2つ(2年)ずらしてみましょう。



なんと、一箇所を除いてグラフの棒の高さが一致してしまいました。

この編集後のグラフが意味することは3つあります。

1.政府の接種推奨撤回後は・・・(ほとんどの)産婦人科医は娘にHPVワクチンを接種せていない



2.政府の接種推奨撤回後は・・・適齢期になった娘にワクチン接種させた産婦人科医は(ほぼ)ゼロ


3.大切なのは「HPVワクチン専門家が自分の娘にワクチンを接種していない」だけではありません。「専門家である産婦人科医は積極的に自分の娘に接種させていた(平均70%前後)のに、ある時期(副作用騒動)を境にピタリと接種させるのをやめた」ということ。



この事実から貴方は何を思いますか・・・?



この記事は以前書いた記事(http://joushiki3.blogspot.jp/2016/05/qhpv.html)を書き直したものです。

※2016.06.29 誤字修正
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(3)

valuebasedmedicineさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。