漁馬伝 ~気ままな釣行記~

釣行記録や子どもの頃からの釣りの履歴、その他の趣味に関する情報を掲載します。あまり釣れていない釣行記ですが、気軽に立ち寄ってご覧いただけると幸いです。尚、このページはリンクフリーですが、掲載した文書・写真等の情報の無断「転載・転用」はご遠慮ください。


テーマ:

こんにちは、バルタンです。

早朝の3時間程、投げ釣りしてきました。


【風と波】  北、のち南の弱い風、ベタ凪  晴れ

【潮と潮色】  小潮 満潮 10:02 / 23:56、 干潮 5:35 / 16:49

        参照サイト 潮MieYell http://sio.mieyell.jp/select?po=21419

        潮色 やや濁りあり

【場所】   江の島

【時間帯】  6時30分~9時30分

【竿とリール】 スピンパワー405CX、Super Aero Speed Cast(PE0.8号+力糸)

【仕掛け】  L型天秤、オモリ23号、4本針、針6号

【エサ】   ジャリメ

【状況】

ブルルンの魚信を楽しみたくて、江の島に出掛けました。

最初に入った釣り場には先客がいます。狭い場所なのでやむなく、離れた場所で開始。

その場所は初めて投げる場所なので、最初はオモリだけ投げて、手前までさびいて海底の様子を探りました。そして天秤と仕掛けを付けて第1投。反応がありません。しばらく経ってプルプルと魚信が届き、ピンギス。

その後、最初の場所から先客が移動する姿が見えたので、即座にその場所に移る。

そこに若者5人組が楽しそうに釣りしてます。聞くと某大学の海洋系学部の1年生との事。皆さん、海と魚が大好きだそうです。


さて、仕切り直して投擲再開。

正面や斜め左に投げ分けて、そして手前までさびいて探します。

手前はフグが多い。竿をひったくる強い魚信はシタビラメ・

1時間ほど粘ってやっと心地良い魚信あり。良型のシロギスとメゴチの一荷。

最近はピンギスが多いので、このシロギスが20cm級に見えてしまう。測ると18cm。

「もう一丁」と期待して続けたけれど後が続きません。

時間が来たので納竿した。



【本日の釣果】 シロギス*2匹


【2016年 累計】 シロギス 35匹


釣果は微釣。

   160529_江の島の釣果

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

久々にあおぎすさん(ブログ「あおぎすの投げ釣り行脚」のオーナーさん)と釣りに行きました。

昨秋以来です。


【釣り場】 東伊豆 宇佐美海岸、多賀

【天候】  晴れ

【風と波】 風は穏やか、波は高い、ウネリ有り

【潮】    大潮  満潮 4:48 / 18:37 、干潮 11:40 / 23:56 (伊東)

      参照サイト 潮MieYell http://sio.mieyell.jp/select?po=42202

【潮色】  濁りあり

【時間帯】 5時~10時半

【竿とリール】スピンパワー405CX、Super Aero Speed Cast(PE0.8号+力糸)

【仕掛け】 L型天秤、オモリ23号、4本~5本針、針5号

【エサ】   ジャリメ〈30g〉

【状況】

 現地着は4時45分頃。夜明けは早くなり、既に明るいです。

西湘バイパスから見えた相模湾は凪のようだったのに、宇佐美は波が高い。

4~5色地点でせり上がる屏風のような波の壁は遠目に見ても1m以上はあります。

状況は良くない。日本の東海上にある低気圧の影響のウネリなのでしょうか。


道具の支度をしていると、あおぎすさんは早速、第1投。時間は5時。

自分がストレッチをしている最中に、あおぎすさんに魚信が入ったようです。2度も。

ゆっくりと巻き取って波間から現れたのは枝スに中型、さらに先針にもデカイのが。

いきなり24cm級のドスコイです。

当方はピンギス。仕掛けは波に揉まれてぐちゃぐちゃ。

小さくても第1投で釣れるとほっとします。


華々しい幕開けでしたが、その後が続きません。

6色以上飛ばせれば状況は違うのかも知れないけれど、4色以内は波に揉まれてよろしくありません。何度か場所替えしてみたが、8時頃にはあおぎすさんの「撤収ラッパ」が鳴って、多賀へ移動。


多賀でもあおぎすさんは第1投でシロギス。しかし、後が続きません。

僕は根掛かりで力糸の結び目から先を海に奉納。

1時間も経たずに松の木の下に移動。本日最後の場所にしましょうと、締め括りです。

ここではお互いに1匹ずつ釣ったところで、暑いのと疲れであおぎすさんから本日の「撤収ラッパ」。


【本日の釣果】 シロギス〈小型〉*2匹


【2016年 累計】 シロギス 33匹


 貴重な釣果
160523 多賀のシロギス


釣りの間はあおぎすさんとの会話が楽しい。


歳が近い〈僕が少し後輩〉からか、時代ネタの話が噛み合います。

釣果は乏しいけれど、心地よい疲労感を味わい帰路についた。


あおぎすさん

本日は釣り場のガイドを初め、お世話になりありがとうございました。

近くで釣れるようになったら、凪の日にまた行きましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、バルタンです。

春の大サバを求め、大潮2日目の夕方の満潮を狙って出掛けました。

1年ぶりの国府津です。


【天候】   晴れ

【風と波】  南の微風。凪

【潮と潮色】  大潮、澄み【場所】   江の島 裏磯

【時間帯】  16時頃~18時30分

【竿とリール】 サーフリーダー、アルブリード(PE1.5号+力糸)

【釣法】 サーフトローリング

【仕掛け】 ジェット天秤25号、弓角、ハリス5号 3m

【状況】

浜に降りると釣り人はそれほど多くありません。

シロギス投げ釣り、青物狙いのジグ、あるいは弓角と混在しています。

沖にはブイが南西方向に延びています。何のブイなのかわかりません。

網が入っていたら回遊魚は寄り付かないでしょう。


西に歩いて空いているスペースがあったので釣り座を構えた。

本日は弓角一本勝負。虫エサは持って来てません。

海面はとても静かです。小魚が跳ねてる様子もありません。

底まで沈めてから巻き取り。投げては巻き、投げては巻きを繰り返す。

ときどき休憩をはさんで夕まずめの回遊を期待して続けたが、残念ながら何も起きません。


  160521_国府津


自分の両隣は東からシロギス投げ釣り、ジグ、弓角。そして自分の西側はジグ、弓角。

最も西側の弓角師がサバを釣り上げたように見えたが、その他は何も来ていなかった。

本日はボウズでした。

しかし、3mの長ハリスでの投擲の練習になりました。

23日は宇佐美に行って来ます。狙いはシロギス。多点針の長い仕掛けを試してみようかな。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

午後から東京ビッグサイトへ「教育ITソリューションEXPO」に出掛けた。

「ゆりかもめ」に乗り換える前に新橋駅ビルで腹ごしらえ。

前回はナポリタンだったので、今回はチキンライス。

付け合わせと思えないほどの量のナポリタンが幅を利かせています。

当然、満腹です。

  160520_チキンライス

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ゴールデンウイーク終盤の狙いの釣り物は何にするか?
3日から5日にかけて吹いた南の強風で底荒れが心配されるので、シロギス投げ釣りは期待薄。
7日は未明から南風が強く吹く予報です。行くなら6日。
ゴールデンウイーク前に接岸したカタクチイワシは連休に入ると小さな群れしか接岸しなくなったそうです。
「南の強風」と「大潮」がカタクチイワシの大群を連れて来ていないか期待して出掛けた。


初電に乗り込むと、ロン毛のFさん、えっ、ロン毛...じゃないFさんと対面。
週初めはロン毛だったのに、いつの間にかカットされたようです。
一緒に釣り場に向かいました。
狙いは初めのうちはエギング。カタクチイワシの接岸具合で投げサビキ。
イワシを掛けたらそのまま引いてシーバス、あるいは沈めてヒラメやマゴチ狙い。
そのようになったら最高です。


【釣り場】 江の島 裏磯
【天候】  曇り
【風と波】 北の風、やや強い。風波あり。
【潮】    大潮  満潮 3:59 / 17:12、干潮  10:40 / 22:43
      参照サイト 潮MieYell  
http://sio.mieyell.jp/select?po=21419
【潮色】  やや濁りあり
【時間帯】 6時半~10時
【竿とリール】 シマノ「Trastick[トラスティック]S610L」
        シマノ ULTEGRA2500S(PE 0.8号+ショックリーダー)
【釣法】  ①エギング、②投げサビキ
【仕掛け】 ①エギサイズ 3.5号、②枝針3本、魚皮。

【状況】
ボラ場は時々、波が這い上がって来ていたので、船着き場近くで竿を出した。
横風を受けて糸フケがたくさん出る。エギの着底が分からない。
カタクチイワシは殆ど回遊してきません。常連さんもぼやいてました。

投げサビキもイワシが掛からない事には勝負になりません。

結果は撃沈、ボウズ。


【トピックス】

渋い状況下でもボラ場ではコマセカゴを付けたバクダン仕掛けに小サバとカタクチイワシが掛かり出した。但し、殆ど小サバのようです。
その近くでは、投げサビキで小サバを掛けた釣り人がシーバスを磯際まで寄せたところを目撃。
あいにくタモがなく残念ながらバラシ。
釣り場で他に目立ったところとして座布団くらいの大きさのエイ。これも小サバに掛かったとの事。
投げサビキグループは小サバやカタクチイワシをサビキに掛けるのに苦戦していた。

海が落ち着いたら、凪の日に投げ釣りに来ようと思う。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、バルタンです。

ゴールデンウイーク中盤初日は江の島でシロギス狙いの投げ釣りです

先週は雨と寒さに震えて1時間半で撤収したので、仕切り直しです。

江島神社の参道は観光客で混雑するので、釣り時間は早朝の3時間程度と決めて出掛けた。


【風と波】  北からの弱い風、ベタ凪。曇り時々晴れ。

【潮と潮色】  若潮 満潮 2:08 / 14:17、 干潮 8:37 / 20:22

        参照サイト 潮MieYell http://sio.mieyell.jp/select?po=21419

        潮色 やや濁りあり

【場所】   江の島

【時間帯】  6時15分~9時45分

【竿とリール】 スピンパワー405CX、Super Aero Speed Cast(PE0.8号+力糸)

【仕掛け】  L型天秤、オモリ23号、4本針、針6号

【エサ】   ジャリメ

【状況】

釣り場に到着したときは下げ一杯の2時間ほど前。潮止まりに近い時間帯です。

喰いは渋いと思っていたが、正面への第1投目から魚信が届く。2色エリアでメゴチ。

第2投目も正面へ。3色から2色に差し掛かる辺りで元気な魚信あり。16cm級のシロギス。

第3投も同様にシロギス。追い喰いを狙って1色までサビき続けたが単品でした。

3投連続で魚信が届いて型を見ることができ、潮止まりが近づいている割には好調と思えた。


目の前に広がる海はベタ凪です。凪の海にシラス漁の船を眺めながら、魚信を感じるのはとても心地良い。釣りっていいなぁと、ひとりで満悦感に浸る。


160502_8時42分 ベタ凪の海と愛竿


しかし、そんな状態は7時頃には終わってしまった。潮止まりでしょうか。

その後は魚信が入っても針に掛からず。針掛かりしたと思ったらメゴチ、フグ、ヒイラギ等。

枝スが切られて戻ってくる。フグの仕業でしょう。

正面~斜め左方向へ投げ分けて粘ってみたがシロギスの追加は2つ。

ツ抜けは難しいです。但し、、例年のゴールデンウイークは半日粘っても数匹といった状況だったので、今年はまだ、ましかも知れません。


【本日の釣果】

シロギス(13.5cm~16cm)*4匹。もう抱卵してました。

他にメゴチ。


【2016年 累計】シロギス 31匹


160502_シロギスの釣果

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、バルタンです。

今年のゴールデンウイーク序盤は初日、2日目は父の畑仕事の手伝いでした。大規模家庭菜園で夏野菜の苗の植え付けをしてました。

ナス、キュウリ、スイカにカボチャ。そして収穫は夏ではないけれどサツマイモ。

中腰姿勢の慣れない作業で腰にかなりの負担が掛かります。毎年の恒例行事です。


序盤の最終日は妻と下町情緒が漂う谷根千(谷中・根津・千駄木エリアの総称)を散策しました。

「小田急東京メトロパス」を買ってレッツゴー。

千代田線の谷根千エリアの最寄り駅ならば、1往復するだけで元が取れる優れ物のチケットです。


根津駅で下車して散策スタート。

改札を出ると年配の方々の団体さんがひしめいている。その団体さんの後ろから階段を上って地上に出ると、そこは不忍通りと言問通りの交差点近くです。団体さんはそこで整列の様なので、脇をすり抜けて進みます。

最初の目的地は根津神社。散策する方たちでとても混雑しています。

本殿で参拝。両親や兄弟姉妹を含めた家族の健康や息子が夏に控えている論文試験の合格を祈願。


160501_11時13分 根津神社の本殿  

境内の乙女稲荷や駒込稲荷は赤い鳥居がいくつも連なっている。低いので注意していたが、頭をぶつけてしまった(イテテ)。


根津神社の裏手に抜けた時は既に正午近くになっていた。丁度、親子丼のお店が開店し、妻が「ここで食べよう。」との事なので、少し早めの昼食とした。

メニューに「鶏飯〈けいはん〉」が載っていたので、妻は親子丼で私は「鶏飯」を注文した。

実は学生時代に釣りで遠征した奄美大島に滞在中に「鶏飯」をよく食べました。

奄美大島の郷土料理で、蒸してほぐした鶏肉とゴマや薬味をご飯に乗せて、出し汁を掛けて何杯もおかわりして食べた事を思い出しました。

待つこと10分くらい。提供された鶏飯の鶏肉はそぼろでした。しかし、出し汁は鶏のスープが効いていて美味しかったですよ。


160501_11時44分 鶏はなの親子丼   160501_11時44分 鶏はなの鶏飯


昼食後は「根津小学校入口」交差点近くの路地に入って三浦坂を登って気ままに散策しました。

ヒマラヤ杉を間近に見たりしながら谷中銀座方面を目指します。


160501_12時35分53-ヒマラヤ杉2

この辺りはお寺がとても多い。そして緑も多い。


上野やお茶の水からさほど離れていない場所なのに静かです。散策する人はたくさんいますが。

数年前に来た時は原っぱだった場所に公共施設が出来ていたりもしました。


谷中銀座は狭い道に観光客がごった返していました。まるで、江の島の参道のようです。

ここはパスして、「夕やけだんだん」を上ってJR日暮里駅方向に少し進んでから南下。三崎坂から言問通りを経由して東京メトロ根津駅に戻ってきました。


道中には食べ歩きができるようなモナカアイスやたいやき等、いろいろあります。

モナカアイスは注文を受けてからアイス(バニラ又は小倉)をモナカの皮に詰めてくれるので、皮がとても香ばしくパリパリ、サクサクして気に入りました。

たいやきはあんこが熱々。モナカアイスは写真を撮る前に食べてしまった〈プチ反省〉。

160501_13時21分_たいやき

食べ物の他にも布製の財布や小物入れ(合切袋)など、興味を引く品物を扱うお店もありリピート客も多いと思われます。

好天気に恵まれて散策には絶好の陽気でした。前回来た時は夏だったので、暑さに参りました。春か秋がお薦めと思います。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、バルタンです。
我がホームグラウンドの江の島の磯にもカタクチイワシが接岸し、それを追ってか、ヒラメやアオリ等も姿を見せ始めたという知らせが届きました。

そこで、水温も徐々に上昇していることだし、シロギスの接岸具合の探索に初電に乗って行ってきました。午後から予定があるので釣り時間は3時間程度を予定していました。


【風と波】  北からのやや強い風、凪。曇り時々雨。肌寒い。

【潮と潮色】  中潮 満潮 5:21 / 18:43、 干潮 12:03 / --:--

        参照サイト 潮MieYell http://sio.mieyell.jp/select?po=21419  

        潮色 やや濁りあり

【場所】   江の島

【時間帯】  6時~7時半

【竿とリール】 スピンパワー405CX、Super Aero Speed Cast(PE0.8号+力糸)

【仕掛け】  L型天秤、オモリ23号、3本針、針6号

【エサ】   ジャリメ

【状況】

第1投目は正面方向へ。糸フケを取ったところで弱い魚信あり。2色までサビキ続けてから回収すると12cmほどのピンギス。久々のシロギスです。小さいけれど最初から型を見れて嬉しい。

その頃、あいにく雨が降ってきたので雨宿り。20分ほど経ってから再開。

2投目は空振りだったので続く3投目は斜め左方向へ。風の影響で糸フケがたくさん出る。

2色に差し掛かる辺りで、「ブルルン」とはっきりとした小気味よい魚信。今度は17cmの元気なシロギスでした。エラの奥まで針を飲み込んでいた。

4投目は空振りで5投目は2色に差し掛かる辺りで魚信。今度はメゴチ。

5回の投擲で3回は2色辺りでシロギス等が釣れた。魚は接岸しているようです。


この頃、朝から吹き続けていた北風に体温を奪われているように感じた。

雨はそれほど気にならないけれど風が冷たくて寒い。雨具無しで薄着で来た事を反省した。

せめて10投はしたいと思ったが8投目を回収したところでギブアップ。

帰路に着くことにした。時間は7時半を少し過ぎた頃(早っ)。


第1投目からシロギスが釣れて、2~3色エリアにシロギスが居る事が分かり、今後に期待を持てました。


【本日の釣果】

シロギス(12cm~17cm)*2匹。

他にメゴチ。

*写真は雨が降っていたので撮らなかった。


【2016年 累計】シロギス 27匹

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

熊本県を中心に発生した大地震により、ご家族や友人を亡くされた方々にお悔やみ申し上げます。

また、被災された皆様やそのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。

現在も余震が続き、避難生活を余儀なくされる状況が続いておりますが、皆様の安全と一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



こんにちは、バルタンです。

釣りネタではないけれど、ご容赦願います。

 160411 _横浜 玉泉亭のサンマー麺    160411 _横浜 玉泉亭のサンマー麺アップ


茅ケ崎や平塚、そして藤沢の中華大衆食堂のメニューには大抵、サンマー麺がある。

大学に進んでからも岩手県一関市出身で都内在住の学友がサンマー麺を知っていたので、全国どこにでもあるメニューと思っていた。

ある時、サンマー麺は神奈川県に限定されるメニューだと聞いた時は驚きだった。

テレビのバラエティ番組では、国道1号線を横浜から東京に向かって道すがら中華食堂に立ち寄り、メニューにサンマー麺があるか否か確かめるものがあった。川崎まではサンマー麺があるが、多摩川を渡って東京都内に入るとサンマー麺が消えていた。但し、モヤシ炒めを餡かけにした「モヤシラーメン」がメニューに登場してきた。大田区在住の職場の同僚はサンマー麺を知らないとのこと。

これらの事から、サンマー麺は地域限定のメニューと言われる事が頷けた。


サンマー麺の事を調べると横浜が本場と出ている。「サンマー」は新鮮な野菜のことらしい。

子供の頃からごく普通に食べていたけれど、湘南地域のお店ばかり。横浜のお店では一度も食べたことがない。そこで、横浜駅東口ポルタ地下1階の「玉泉亭」で食べてみた。冒頭の写真がそれです。

見た目の印象は茅ケ崎の「田舎屋」や藤沢の「まるとも」と比べると、ボリューム感が上品だなと感じた。シロギスに例えたら15cm級かな。そして、スープはすっきりとした味わい。「田舎屋」や「まるとも」のサンマー麺は、ドドーンとこれでもかって感じでボリューム満点。シロギスに例えたらドスコイ級。しかも、餡かけ野菜に隠れて麺が見えない。油分もかなり多い。これがサンマー麺だと思って食べていたが、かなり違う。いいとか悪いとかではなく、自分にとってはサンマー麺の概念が広がった「玉泉亭」のサンマー麺だった。


参考掲載/田舎屋(左)と、まるとも(右)のサンマー麺

150620 田舎屋のサンマーメン    160416_まるとものサンマー麺

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。