岸摩弥子の軽井沢日記

夏の軽井沢の素晴らしさに打たれて始まった軽井沢日記。
ジュエリー工房のある軽井沢での生活、
イタリア料理教室ジャルディーノでの日々、
広尾、名古屋、軽井沢、イタリアを駆け回る日々の中で起こる様々な出来事や人間模様をつづります。


テーマ:
あけましておめでとうございます。
酉年ならぬ、ヤギでスタートの2017であります。

{BF844B91-B020-4ECE-AEE1-DCEB544AD7C0}

うちの近くにヤギが現れた。
ひゃービックリ。

前の川には鴨。
{CA7CA4DE-3549-49FC-A510-47C4B5DC1297}

九十九里ハーブガーデンに行ったら
{005A6C2B-DD84-4755-A6D3-38B13673AC39}
こんなお洒落な野菜セットが売ってた。

さっそく山盛りサラダ
{80300D7E-DE8C-4AD3-AD48-D0EE8251A47A}

広尾にお土産ローズマリー。

{DD6E001E-2D35-4843-A82D-3F77273147CA}

カモメ⁈大群をナイスショット

{4E82B3C7-428C-4FBC-BB4A-5360203612BE}

{39189541-B8E5-4956-B1D7-9BD31C8D7610}


{D6F9A833-70A8-4B36-8420-DB6956E6A664}

犬と散歩。
この公園、真亀総合公園っていうんだけど
この真亀川の周りには亀が多い。

{15873DA7-5765-44FC-AD19-914C40AD5A17}

この公園の右側の建物、元々イタリアレストランだったみたいで、ピッツァ釜まある。
九十九里町の管理で何と家賃が一年で200万という格安物件。
70席くらいかな?
ただいま九十九里町にて公募中。
誰かお店引き受けてくれないかな〜

このポルティコPortico(回廊)にテーブル並べてオープンカフェでお茶とか…
いいよね。

千葉県ってキクイモの産地かも?
あらゆるところで手に入れた。
私はこのキクイモが大好き。
イタリア料理にもよく使われます。
{71C6DC22-A08C-4BF2-B246-AD57D70581AA}
写真左が赤キクイモ、右側が普通のキクイモ。
ごぼうのような風味がしてすごく美味しい。
キクイモを初め今年も美味しい料理をたくさんつくりますよ。
今年もよろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
イタリア人なら海の家と山の家、
または夏の家と冬の家。

軽井沢も大好きだけど、
伊豆よりビーチに近い家がほしくて、
また、大量の家具や雑貨、服や靴、バッグのための倉庫がほしくて、

九十九里に家を建てました。
{66076882-B6BF-4FA4-B5BD-5FE298D9DAFA}
今年の年末年始は海の家で過ごします。
{ED9881CB-6B42-4C3C-913C-977CB8D799D0}

イワシ三昧。
{46BC9EB1-06B3-4603-9A3A-A849DB9D8100}


海鮮丼食べたり
{BAA61D57-6342-433D-9272-C3130CA82E18}
銚子に行ったり
{53F66F1B-1334-4127-9819-C1B8D2E24C82}
勝浦に行ったり、
{C5611C40-6011-4EC3-9C01-386AAC218EA6}

{F832E0BB-97D1-4070-A9D9-D8609698D281}

大漁のイワシでアンチョビ作り。


{FD5164E1-4480-4321-8908-6DD66D916275}

うちから一番近いビーチで海を眺めたり、
{A66774A8-8634-4E4C-A27E-FDD45271CB69}

近くにあるスガハラガラスのカフェ。
ガラス工場見学をしたり、
{05CFF72F-2A65-40B7-8615-7A8C2EDE1261}

流木拾いや、
{2B304485-45B0-44FB-9D4D-74C88D3E5567}
貝殻拾いに没頭したり、
{EA1DCF2F-174F-40F9-A243-A69A1458ED43}
犬と一緒に大疾走したり
{E5913940-FFB8-4F2A-A082-2C365A58AE21}

ビーチピクニックしたり、
{14EFBDA5-E436-4549-9EE1-4A293A99BA58}

海辺の暮らしを満喫中です。
{126A5925-1CBC-455F-AABB-BA5936346D25}



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{2CF4523C-A15F-4875-A1C3-041F3061F9E1}

来年の手帳を決めた。
フリクションスタンプなんて
あるんだ!
知らなかった…

{32AAB54F-94CC-4072-89CE-7831DAAB613E}

ついでに可愛いハサミ。

{D5485B50-C4EB-4E1D-AE8C-E6C910EDABA7}

いそいそと来年の目標を考える。
この時間って素敵

{B16D9721-331E-4462-8A66-6425FD86D07C}

{4D092747-E520-4AF5-BD34-CEB49C927424}

今年ついた勉強グセを生かして
来年はちょっとイタリア語を
きちんと勉強しなおしたいなっ
とか思ってます



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
イタリア20州を巡るワイン講座
参加メンバー募集です。

{1A81DF5A-A1C4-4898-9AA6-331C6D040896}
シチリア州

{C401C406-09B6-440D-85A6-DB3C04C840BC}
カンパーニア州

{5E326E01-6A39-49C0-B3F5-853011DBD55C}
モリーゼ州

イタリア料理教室ジャルディーノのイタリアワイン講座は州をテーマに毎回6種のワインと州の伝統料理フルコースを召し上がっていただきながら学習するクラスです。

20州の伝統料理は毎回私が担当します。
会場のレストランの厨房をお借りして作ります。

ワインの講義はイタリアワインベストソムリエコンクール優勝の永瀬喜洋氏が行います。わかりやすい説明に定評があります。

6〜8名の少人数でレストランを会場にして、雰囲気も楽しみつつ、楽しくお食事しながら、丁寧に一種類ずつ説明していきます。

地形や気候、古くからのワイン作りの歴史を追いながら、自然とイタリアの魅力に引き込まれていきます。

イタリア伝統料理とその大地が育むワインを学んでみませんか?
まずはお食事感覚で初めてみてください。
初心者、イタリア好き、大歓迎です。

日時:毎月第2 or 3 日曜日
11:15〜13:00
google で 「ジャルディーノスケジュール」と検索していただくとカレンダーが出てきます。

会場:白金台 ラ・ソスタ

会費:入会金16200円(各コース共通)
        月謝制 14040円(口座引落)

フルコース料理、 イタリアワイン6種、テキスト込み
お申込み、お問合せは
まで。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


{753730BA-8AC9-4CD2-B133-EB6319F4A99E}

GajaのBarbaresco。

通常の料理教室では飲むことがないのだが、今日はジャルディーノのワインクラスの中でもプレミアムなワインのみにテーマを絞ったクラスで飲み比べる機会を得た

13の畑それぞれをブレンドした
最高のバランスとGajaが誇るBarbaresco。
決してベーシックラインではないとのこと。
そして畑Cru違いの3本、計4本の比較試飲。華やかさ、ストラクチャー、
比較しなければわからないほどであるが故どれも素晴らしい。
こんなディテールを気分に合わせてリクエストしたいものだ。

Gajaね、はいはい、昔はよく飲んだ

という方はとても多いだろう。

私も随分前の印象が強く残っていたくちだった。
今のGajaを知る貴重な機会となった。

現在の当主Gajaの娘さんの作るバルバレスコで初めての満足のいく作品となったという2013を比較試飲。

それはエレガントで素晴らしく、
お父さんの時代…との違いを
口々に…
あの時代はあの時代で良かったよね、
でも今はこれがいいかな。と、
皆様も、やはり今のエレガントさが
お気に召したようであった。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{16B58842-196E-4413-A9AA-C069737730B3}

宅建試験の合格証が届いた爆笑

試験はソムリエ試験以来、実に13年ぶり。

1月から学校に通い、何と週1で。
よくまぁ時間が作れたもんだと自分にビックリ。
9月には何と週2になった。
しかも皆勤賞

10月16日の試験日にはカラスがガォガォー、
誰か笑いだすのではないかと思うほどの激しさ。
いつもなら気が散るところだが、
なぜかその日は気合いが入る余り平気であった。

ドキドキの自己採点。

50点満点中、44点をたたき出す。
運も手伝う。

合格点は35点。

やったあー

一年間の努力が報われた。

今日届いた合格証書で確定
先生に電話して感謝。

みんなから
「宅建とってどうすんの?」
この質問が一番多い。

実はこの夏、第2種電気工事士という資格も取ったのだ。 日用大工好きが高じて。
一次は筆記、二次の実技試験は独学だから実に大変で、三日三晩座りっぱなしで13種類の課題を2回転こなして試験に臨む。
おかげであっという間に電気複線図が書けるようになったし、電線の被覆剥がしやコンセント配線なんか目瞑ってでも出来るかも。なんちゃって。
{AD2F30DA-543A-4923-800E-B49E49B602E0}

{D9EFB644-3681-4501-8209-4693C315F421}

{8AF4DE8A-704A-4B7E-B948-F4AEB1C3C559}



つまり、いろいろ知らないことが学べるのはとても面白い。それも大好きな趣味で。
勉強はそれなりにかなり大変だったし、時間も費やしたが。

やっと手放しで喜べる。
いやーお疲れお疲れ。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ピエモンテっ子の私はヴェルモットと聞いて馳せ参じたセミナー。

ヴィネキスポ&ガンベロロッソ@プリンスパークタワー。

{A6F14BD3-33AE-4BA5-AC32-88FE825C80C1}
工業生産でない職人技のヴェルモットを作る希少な生産者の一つCOCCHI。
{A7BC1665-18A9-4CDE-A377-6B5B5F120AE8}
少し冷えた甘い口当たり、
様々な薬草の香り、
胃の中が一気にスッキリするような
食欲を掻き立てる味わい。
{DA51908A-1118-4682-BF6D-815A5320AA72}
ヴェルモットの白〜赤、そして
バローロキナートまで。
{8B85490F-B0B0-4694-8B6B-75EB0D60BC97}
作りからその背景、歴史に至る興味深いお話を宮嶋勲氏の通訳解説によりとても楽しいものに♪

強いアルコールもものとせぬあまりの美味しさに全て飲み干した。
毎食欲しくなる味わいであった。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
遅ればせながら今年初トリュフ。
しかもマルケ州のビックリマーク
マルケ州テーマのお食事会にシェフが特別に仕入れてくれたのです。
ピエモンテも何のそのの上質トリュフ。
この塊、8人で一皿で食べ尽くし。
イタリア並みのポーション

{8A0193BE-CAF2-441A-8BF8-06A20933D2AF}

{2C497547-F61E-44C4-973C-6EF6A412CCD6}

{A1F19F9D-03AC-421E-BC59-0AF9A5037DC7}


この量、さらに掛けることの3回おかわりが回ってきたのです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{1C3DC15C-635F-4ED9-B4E3-4758E83B3902}

今月のジャルディーノはパルミジャーノ・レッジャーノを大大大キャンペーン!
今月はパルミジャーノ・レッジャーノをふんだんに使ってレッスン。
{3608135B-06E7-4DA0-B44F-CF6934D3EF1F}
一人ずつ実際に砕いてもらいました。
ブロックで食べるとまた味わいも格別。
室温に戻った時の香りのたつこと。
{61991D14-A040-454F-A9E9-D702B5E0CEFB}

軽井沢のパーティーでは、いつもかたまりのパルミジャーノ・レッジャーノのブロックに専用ナイフを刺して出して置くと皆さま心得たもの、ボコッボコッと砕いて食べてくださいます。
{9F591A30-34DF-4FF4-BB65-986EC7B160B6}

キッチンライフさんのタイアップレッスンに提供したズッキーニのクロスタータ(タルト)
軽井沢でも食べていただきました。
{76DC261E-08A4-4224-B295-9B750DB7018A}

今月のレッスンで作ったナスのポルペッテイーニ。
今日は特別にパルミジャーノ・レッジャーノをふんだんに使ったバージョンで紹介。
{41F07805-440E-47A0-A44B-AD30EED80DBA}

ペペローニの詰め物もリゾとパルミジャーノ・レッジャーノをたっぷり詰めます。
{3532EDC7-E04D-445D-8508-AC7CE1216991}

うちはイタリア料理教室だから常にパルミジャーノ・レッジャーノはたくさん買います。最低でも1キロの塊のままいくつもチルドに保存して、すぐに使えるように常備してます。
それほどに食生活に密着した食材なので、今回のキャンペーンには久々に参加出来ました。
皆さまにも大好評をいただきました。
キッチンライフXパルミジャーノ・レッジャーノ協会のタイアップレッスンでした。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

また伊勢丹新宿本店キッチンスタジオでイタリア料理教室を開催します。

ちょうど27日から開催されるイタリア展もお楽しみに♪

詳細は伊勢丹キッチンスタジオ

南イタリア 食紀行~ラゴスティーナで作る秋のコース

食材の宝庫・南イタリアには、まだまだ日本では知られていないシンプルで味わい深い郷土料理がたくさんあります。イタリアで母から娘へ手渡される調理器具「ラゴスティーナ」で作る、秋の食材を取り入れた南イタリアンコースレシピをご紹介します。

■開催日:9月28日(水)12:00~(約120分)

■講師:料理研究家・JSA認定ソムリエ 岸摩弥子

■料金:お一人さま 3,240円(税込)

■人数:先着6名さま
   ※受講の際のお席は1名ずつ抽選とさせていただきます。
   ※抽選は、受講開始の30分前に先着で受付させていただきますので、
    予めご了承ください。

■当日メニュー
・ヒヨコ豆とルーコラのパンコット
・バジリカータ風 ニョッキ
・ポテンツァ風 豚のラグー
・バジリカータ風 フリットドルチェ 柿のコンポート添え

■使用する器具⇒キッチンスタジオオンラインストア
・<ラゴスティーナ> 圧力なべ ノビア・ビタミン5L
・<ラゴスティーナ> パスタイオーラ・ピュウ 22cm
・<ラゴスティーナ> メロディア フライパン 26cm
・<ラゴスティーナ> メロディア 両手ソテーパン 26cm
・<ラゴスティーナ> メロディア シチューポット 18cm

■講師プロフィール
ジュエリーでのイタリア留学をきっかけにイタリア料理も学ぶ。現在ジュエリー制作の傍ら、料理教室を主宰。企業へのレシピ提供、各メディアでも活躍。アカデミー・デュ・ヴァン銀座校でイタリア料理の講座を担当。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。