ラテン!ラテン!ラテン!

渋谷からラテンアメリカ映画を発信!!


テーマ:

国民投票は債権団の緊縮策にNO


7月6日未明、ギリシャは国民投票で債権団の緊縮案に「NO」をつきつけた。
事前の世論調査とは違って、賛成38.69%反対61.31%と反対が多数。


欧州や米国のメディアがNO=ユーロ離脱、と盛んに言っていた中をぬって、
首相と財務相がユーロ離脱ではなく、交渉を有利に進めるためだ、と訴えたことや、

緊縮財政案を受け入れたら、社会保障費の大幅削減を強制される、ということを
ツイッターやブログで訴えて浸透させていったからだと思う。

テレビにも出てたしね。

ところが…


バルファキス氏、突然の辞意表明

6日の午後、ロイターを初め、RTやTeleSurが、次々にツイッターで

情報が流れて来た。


「NO」だったのに、なぜ?

突然だったので、「これってハッカーの仕業?」と思ったほど、
信じられず、バルファキス氏自身のツイッターをたどりにいった。

twitter


 もう閣僚じゃない!


リンクのブログを読んでみると、いつものように静かな文章だった。


バルファキス氏のブログから


6月25日のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)の最後通告に
歴史的な「NO」を出したことで、解決に向けて歩むことができる。
その解決策とは、債務再編、より緩やかな緊縮策と一番、必要とする人々に
届く再分配と真の改革だ。


国民投票の結果が発表された直後、ユーログループの複数のメンバーと
種々様々な「パートナー」から、交渉の場に私が欠席したほうが良いの
ではないか、ということに気づかされた。チプラス首相も合意に至るために
有益だと判断したので、今日、財務省を去る。


自分の責務は、チプラス首相が国民投票でギリシャ国民が与えてくれた
チャンスを生かすのを助けること。


だから自分は誇りを持って債権者の憎しみをかぶる。我々左派は、特権に
関係なく集団で行動する方法を知っている。チプラス首相、新たな財務省、
そして、我々の政府を全面的に支持する。


ということで、なんと、気になる人は辞任となった。
これって、ユーログループ(ユーロ圏財務省会議)の圧力?とか思って、
色々な報道をあたってみた。


スペインTVE



vr1

スペインTVEの報道では、チプラス首相が謝意を述べ、バルファキス氏は
「困難な状況の中で、ギリシャ政府と国民の姿勢と利益を守るために

疲れを知らぬ努力をしてくれた」とし、交渉の”リーダー的役割”だったことを認めた。


ギリシャ政府の広報担当は、即時の合意(48時間以内)のために

交渉を再開すると。


今回の交渉ではバルファキス氏との共同作業が一番難しいと、あちこちから
不満が出ていたので、チプラス首相が、4月に、バルファキス氏の役割を縮小し、

交渉代表のツァカロトス副外務相を任せることにしたことから

ツァカロトス氏が新財務相の最有力候補。


バルファキス氏は、財政支援の対価としての緊縮対策に反対し、債務再編交渉を
守りぬいた。ギリシャ国民に広く支持されると同時にヨーロッパの財務相たちから
疎まれたバルファキス氏は、チプラス首相が合意に達成できるよう、自らの戦略に
忠実なまま財務相を辞任するが、交渉チームの中には残留するようだ。


BBC スペイン語


結局は、財務省会合からの圧力だったのだが、元々、ドイツのショイブレ財務相と
仲が悪かったらしいのだが、極めつけは、2月の時点で、バルファキス氏が
ショイブレ財務相に


「我々を侮辱するな」

と釘をさしたこと。


というのも、ドイツは第一次世界大戦と第二次世界大戦の間とその後に
巨額の債務を抱えてハイパーインフレの危機に見舞われたことがあったのだ。
バルファキス氏は、その時のことを思い出させるような発言をしたのだが、
実は、ドイツは2度ともヨーロッパから債務を免除してもらっている。


RT スペイン語



ロシアトゥデイのスペイン語が、ツイッターでも何度も繰り返している。

「ドイツは2度も助けてもらったのに、なぜ、

ギリシャにはできない。メルケル首相は忘れているのか、

あのときのことを」(これはチョムスキーも言っている)


「ギリシャは第二次世界大戦の時にドイツに貸した分を

返してもらえ」


雑感

日本では余り細かく報道されないので、ついつい

深堀りしてしまったが、歴史はどこまでもついてくるのだ。

現在、一人勝ちのドイツに対して、皆が言いたいことを

言っちゃったのがバルファキス氏なのかもしれない。


それでも、今回の辞任劇は、本当に驚きで、

発表時には、「逃げるのか」とか「またゲーム会社に戻るのか!」と

いうツイートもあったが、ブログを読むとよく分かる。


色々な噂がはびこる中、自らの考えを英語と

ギリシャ語で「明確に」伝えることで、疑惑を払拭する、

というのはとても賢い方法だと思った。

ちなみに、今、ギリシャの国債を一番持っているのがドイツで、

727億ユーロと全体の28.3%、次がフランスの550億ユーロ、

3番目がイタリアで480億ユーロ。
これでユーロから離脱したらどうなるんだろ、と思うと
誰にとっても得にならないから何とか合意する気がするのだが。


Bankinter

deuda


TVEが財務相中心にカメラを回していたので
これから何だか寂しくなるなあ。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

毎日、ギリシャから目が離せない…。

tzy&vvar


現地時間の7月5日にEUの緊縮策の是非を

問う国民投票をすることもあり、

スペイン語圏から様々な反応が出ています。


前回のバルファキス財務相の時にも書きましたが、

日本は、やはりドイツやEU、IMF(国際通貨基金)の

目線で報道していることが多く、「チプラス首相の迷走」とか

「南ヨーロッパは借金の感覚が違う」とかという

声だけが聞こえて来ます。


そういう報道を見る度に、もうちっと別の視点が

あってもいいんじゃないか、と思うのは、スペイン語圏の

人々の反応を見ているからかもしれません。


ツイッターでは、いち早く、

#YoVoyConGrecia 

(私はギリシャの味方)というハッシュタグが

作られ、「奴隷としてではなく、尊厳のある解決を」と

いうチプラス首相とバルファキス財務相を応援しています。

(ま、同じハッシュタグで罵倒している人もいるけれど)


ベネズエラのTeleSur、RT(ロシアトゥデイ)の

スペイン語版、スペインの日刊紙 El Paisに

アルゼンチンのCN5も連日、ギリシャの話題を

追っていて、交渉内容の詳しい点まで報道しています。


これはスペインやラテンアメリカにとっても人ごとではないからでしょう。

前回も書きましたが、ギリシャのユーロ参入の時に金融スワップで

儲けたゴールドマン・サックスを初め、ドイツもギリシャへの

輸出で大いに儲けて来た経緯があります。それでIMFに行き着いた。


2001年にアルゼンチンがデフォルトした後、就任したキルチネル大統領が

ラテンアメリカ(特にベネズエラ)の財力を借りて

IMFから脱退すると宣言したのを覚えている人もいるでしょう。

そして、国債は75%償還しなかった。円建て国債(サムライ債)で

大損をした機関投資家もいたので、大きなニュースになりましたが、

今でも「借りた金、返せよ」コールは続いています。

余談ですが、そんなアルゼンチンを食いものにしたのが
米国の投資家。暴落したときにヘッジファンドを通じて
二束三文で買ったアルゼンチン国債の償還を求めましたが
交渉は決裂しました。

2001年のアルゼンチンと今のギリシャで共通していることは、

どちらの首脳陣も債務を作った張本人ではないことと、

ここで、苦しくとも断ち切らねば、自国は一生、新自由主義の

奴隷になる、という危機感があること。


IMFに対する嫌悪感は、筆頭国が米国だということの他に

「金を貸すから、外資を入れろ。規制緩和しろ」と

迫り、その後ろには、手ぐすねひいて待っている

米国と欧州の投資銀行や企業がいます。


国際援助のバックに商社とメーカーがついてくる日本のODAとも

良く似ているかも。


今のギリシャの問題は、加入した当時の政権が、粉飾まで

して入ったこと、入った瞬間からカモにされてきた、ということです。

借金しても、大半が返済にまわされ、国庫に入るのはほんの1部。

これでは、財政再建もできません。


そこんところを、ジャーナリストのイグナシオ・ラモネが詳しく話している記事が

「ラモン本を我らの手に」というサイト(Manu Chaoの父ちゃんのラモンの本を

出版するプロジェクト)にありました。2010年10月の講演ですが、すでに

今の状況が起こっていたことが分かります。

欧州経済危機とギリシャ

富裕層の資金の流出は想像がつきましたが、

国防費の削減をしないのはドイツとフランスから武器を購入しているから、と

いうのには驚きました。(フランスはヨーロッパの武器商人として有名ですが)


そういえば、今回、IMFも国防費の削減を求めていますが、

そこはどこまで踏み込めるのか。


今回、チプラス首相とバルファキス財務相が粘っているのは

年金の減額と付加価値税の値上げの阻止。

ギリシャ側が出した法人税や富裕層への徴税には

債権団が難色をしめしています。


ここまで粘れるのは、ギリシャがユーロから離脱すれば

高金利を求めてギリシャの国債を大量に持っている銀行や

インフラ投資してきた企業への大打撃を見越しているからでしょう。


すでに年金は(元が高かったとはいえ)50%もカットして、

平均650ユーロ余り。失業率はスペイン同様、若年層では50%を

越えています。


だから、チプラス首相は国民投票で「NO」を入れるように、

つまり強気にでることを呼びかけているのです。


緊縮案を受け入れても、これまで以上に、屈辱的な苦しみが

長引くことが分かっているから。


3割の債務減額で、20年で返済可能になるとチプラス首相はツイッターで

訴えています。その債務減額を取り付けるためにも「NO」が

必要なのだ、と。


国民投票で「YES」と出たら、首相も財務相も辞任する意向です。


国民投票をすると発表したときに、ユーロ財務相会議の中からは、

「一般国民にこんな複雑なことが理解できるのか」という声が

上がりました。


それでも、強硬な緊縮を求める債権団に対抗するためには、

これしかない、という最後の手段なのだと思います。


実はEUには、ユーロ離脱の明確な法的手続きがなく、「NO」と

出ても、即離脱にはなりません。今週、水曜日のTVE(スペイン国営放送)では、

首相と財務相が欧州裁判所に、その点を確認しにいったと報じて

いました。


前代未聞の国民投票ですが、今回のギリシャ政府の対応は

「尊厳ある選択」について、学ぶべきところがあるのでは、
と思えてなりません。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:




27日、BBCを初めとして、余りに静かなチャベス大統領の

重体説が流れたが、それに対抗するかのように、

チャベスとカストロが仲良く

話している映像が28日アップされた。







途中から写真になっているし、映像が撮られた

日付は後づけだし、と、様々な疑問は

残るものの、現地時間、29日にはキューバのテレビでも

この2人の会合を詳しく伝える、としている。



欧米とくに米国が注視している2人だから、

ちょっと静かになると、「重体」や「死亡」説が出る。



う~ん、でもこんなに長く国を離れるなんて

初めてじゃないだろうか、チャベス大統領。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アカデミー賞の中で、最も注目しているのは
いつも外国語映画賞。だってねえ、他のは、
英語圏っていうか、アメリカ映画だから、あたしゃ、
余り興味がない。「ソーシャル・ネットワーク」が
とってもさ、関係ねえやって感じで。

しかし、外国語映画賞は、今回各国から66本出品されて
その中からまずは、11本に絞られ、それから9本、
そして、最終ノミネートに5本残るのです。

その発表が現地時間1月25日の午前5時半!
(そんな時間にやるとは知らなんだ)
一応、オスカーの公式サイトにそう書いてあるんで、
そうなのだろう、と。

その11本がこちら。

Algeria, “Hors la Loi” (“Outside the Law”), Rachid Bouchareb
Canada, “Incendies,” Denis Villeneuve
Denmark, “In a Better World,” Susanne Bier
Greece, “Dogtooth,” Yorgos Lanthimos,
Japan, “Confessions,” Tetsuya Nakashima,
Mexico, “Biutiful,” Alejandro Gonzalez Inarritu,
South Africa, “Life, above All,” Oliver Schmitz,
Spain, “Tambien la Lluvia” (“Even the Rain”), Iciar Bollain
Sweden, “Simple Simon,” Andreas Ohman,


国だけみたら、やっぱり気になるのが、メキシコとスペイン。

メキシコはアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の
「Biutiful」


いやはや、これまた、前回のアルゼンチン映画
「瞳の奥の秘密」と同様、スペインのゴヤ賞
主演男優賞、助演女優賞とオリジナル脚本賞にノミネートされてます。

スペイン、お金出したんですね、たっぷり。
ゴヤ賞は、スペイン映画が対象ですからして。
でも、アカデミー賞にはメキシコ映画として出品されました。

ハビエル・バルデム主演で、評価も高い「Biutiful」ですが
ゴールデングローブ賞は逃しました。でも、だからこそ、
ちと期待が持てるのでは?という感じもあります。

でも、ワタクシ、今回、とっても気になっているのが、
スペイン代表の「Tambien la lluvia」
イシアール・ボリャイン監督は、このマッチョな映画界で
女優として監督として活躍している数少ない女性であります。

初出演は、ビクトル・エリセの「エル・スール」で、15歳のエストレーリャ役。
この監督の詳細については、本日21:00からのUSTREAM「映画、言いたい放題」
ご紹介したいと思います。他の監督作品もあるので、長くなるし~。
昨年も「悲しみのミルク」と「瞳の奥の秘密」の2本が
スペイン語映画で最終ノミネートまで残ったので、今年はどうか。

この「Tambien la lluvia」主演はガエル・ガルシア・ベルナルに
ルイス・トサールも出ております。
ガエルの役どころは、コロンブスによるアメリカ大陸発見を映画化する
プロデューサー。限られた予算で、映画にするため選んだロケ場所は
ボリビア。コチャバンバでロケを敢行している時に、あの「水戦争」が
起こるのです。(2000年に実際にコチャバンバで起こった住民闘争)
1999年にIMFと世界銀行の指針に従って、水道公社が民営化された途端、
運営を受け継いだ米多国籍企業が、水道料を200%も値上げしたことに端を発し、
住民の呼びかけで何百万人というボリビア国民が結束して
抗議行動を起こしました。
撮影隊はそのまっただ中に巻き込まれるわけですが…。

これは、ちょっと見所満載そうですが、どこまで米多国籍企業の
悪事を描いているかによって、ノミネートは難しそうな予感もあり。
この作品が残れば、少しは見直しちゃうかもなあ、アカデミー賞。

Tambien la Lluvia 予告編






そして、日本のマスコミはドキドキで待っているでしょう
「告白」がどうなるか。
って、もう28日にDVDが出ちゃうのねえ。


告白 【DVD特別価格版】 [DVD]/松たか子,岡田将生,木村佳乃

¥2,940
Amazon.co.jp

告白 【Blu-ray完全版】/松たか子,岡田将生,木村佳乃

¥5,985
Amazon.co.jp

告白 【DVD完全版】 [DVD]/松たか子,岡田将生,木村佳乃

¥4,935
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2002年、大統領候補だったときに
コロンビア革命軍(FARC)に誘拐されて、
2008年に解放されたイングリッド・ベタンクールの
著書、“No hay silencio que no termine:
mis seis años de cautiverio en la selva colombiana”
(終わらない沈黙はない:コロンビアのジャングルで
拘束された私の6年間)の映画化権をハリウッドの
プロデューサー、キャスリーン・ケネディの会社、
The Kennedy/Marshall Co.が100万ドルで取得した。

コロンビアのフィルムコミッションのサイト(スペイン語)
COMISION FILMICA COLOMBIANA

キャスリーン・ケネディは「シンドラーのリスト」「シックス・センス」から
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」そして
来年日本公開のクリント・イーストウッド監督作品
「ヒアアフター」のプロデューサーとして有名。

まだ、どのような内容になるのか不明だが、監督として
名があがっているのは、ベネズエラ系アメリカ人の
ベティ・カプラン。
彼女はニューヨーク生まれのカラカス育ち。現在は、
ロサンゼルス在住。
日本では、1994年の「愛の奴隷」しか公開されていない。

なんちゅう邦題やねん!と思うけれど、主演は
アントニオ・バンデラスとジェニファー・コネリー。

原作はイサベル・アジェンデの小説『Of Love and Shadows 』
(『DE AMOR Y DE SOMBRA』)
チリのピノチェトのクーデターを背景にしております。
ま、英語ですがね。若いねえ、バンデラスも。



このニュースをコロンビア・フィルムコミッションが
取り上げたのも、やはり、ロケ地はコロンビア!という
期待があるからでしょうなあ。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今年のノーベル文学賞は、ペルーのマリオ・バルガス=リョサ。



今日から本屋さんでは、バルガス=リョサ・フェアなんか
行われたりするのだろか、と思いつつ、ここでは、
映画化された作品とか映画の中に出て来た作品を。

まずは、言わずと知れたキューバ映画「苺とチョコレート」で、
最初にディエゴとダビドがコッペリアで出会った時に、
ディエゴがカイエ・デュ・シネマとともに、わざと見せたのが、
「ラ・カテドラルでの対話」
「リョサ、好き?」とか聞くディエゴ。当時のキューバでは、
普通には読めなかった、バルガス=リョサの小説。


こんなことでもないと、ペルーのフランシスコ・ロンバルディ監督を
紹介できないので、やっちゃうぞ。

「都会と犬ども」フランシスコ・ロンバルディ監督


「パンタレオン大尉と女たち」(DVDタイトル「囚われの女たち」)
フランシスコ・ロンバルディ監督


「フリアとシナリオライター」(映画化タイトル「ラジオタウンで恋をして」)
若き日のキアヌと、このピーター・フォークをもう一度、観たい!
ジョン・アミエル監督


「ヤギの祝宴」(これは邦訳が出ていないのかな?と、
思ってたら2011年1月、「チボの狂宴」というタイトルで刊行予定

監督はルイス・リョサ
イザベラ・ロッセリーニが出演。2006年のラテンビート映画祭で上映。



ちなみに、新百合映画祭で上映される「悲しみのミルク」(Teta Asustada)は、
バルガス=リョサの姪っ子のクラウディア=リョサ監督作品。

はあ、これで気がすんだ。

バルガス=リョサとキューバ、ガルシア=マルケスは微妙な関係で、
当初は革命を支持していたリョサは、71年、キューバの詩人、
エルベルト・パディーリャの作品を反政府的だとみなして、
自己批判させた革命政府に不支持を表明した。
ガルシア=マルケスは、支持し続けた、と、簡単には
言えないのだけど、そのあたりの詳しい顛末は、
この本に書かれています。
すでに読んで、感想を書こうと思いつつ、そのままに
なってしまっておる!!
絆と権力―ガルシア=マルケスとカストロ/アンヘル エステバン

¥2,415
Amazon.co.jp


絶版になっている「世界終末戦争」ぐらいは復刊されるかな?

フリアとシナリオライター (文学の冒険シリーズ)/マリオ バルガス=リョサ

¥2,520
Amazon.co.jp

緑の家(上) (岩波文庫)/M.バルガス=リョサ

¥882
Amazon.co.jp

緑の家(下) (岩波文庫)/M.バルガス=リョサ

¥1,071
Amazon.co.jp

若い小説家に宛てた手紙/マリオ バルガス=リョサ

¥1,680
Amazon.co.jp

楽園への道 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-2)/マリオ・バルガス=リョサ

¥2,730
Amazon.co.jp

若い小説家に宛てた手紙/マリオ バルガス=リョサ

¥1,680
Amazon.co.jp

誰がパロミノ・モレーロを殺したか (ラテンアメリカ文学選集 6)/マリオ バルガス・リョサ

¥2,310
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今月13日で84歳になる、キューバのフィデル・カストロ前議長。

少しず~つメディアに出始めたなあ、と思っていたら、
なんと、4年ぶりにキューバの国家評議会(国会)で
演説を行った。その後に質疑応答も。



いやあ、何だか復活の感ある、フィデル。
でも、弟ラウルが通常国会を閉会したあとに臨時国会で出て来るなんて、
何かあるのか?と、様々な憶測がとびかっている。

特に今月5日にラウル・カストロが改革案として「公務員の数の削減」と
「自営業の許可」を出してたもんで、それに関して、何を言うかが
注目されていたけれど、内政に関しては、全く触れなかった。


その前にも、自著「LA VICTORIA ESTRATEGICA」の出版記念の記者会見に
でたり、サインしたりしてマスコミに出ていたのは、この準備だったのかも。

RTVE

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年のカンヌ映画祭にも出品され、日本でも
スペイン映画祭で上映された、イサベル・コイシェの
「Map of the Sounds of Tokyo」

なんと公開がやっと決まったのですねえ。

9月11日(おっ、9.11)から新宿武蔵野館

しかし、この邦題みてコイシェだと分かんなかったし、
何だか違和感ありですな。

元は「トーキョー・ワルツ 愛の音色」だったけど
7月に変更。それが監督の強い要望だった、と
シネマトピックス記事

まあ、例の押尾学のシーンはカットされたままの上映。
これまでコイシェ作品は割と早く日本公開されていたようだけど、
今回は混迷を極めましたな。押尾問題だけではないかもしれないけど。


予告編 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
東京フィルメックスの第一回審査委員長をつとめ、
メキシコでコンスタントに映画制作を続ける監督、
アルトゥーロ・リプステインの新作映画の撮影中、
その場にいたスタッフや俳優たちが
武装グループに襲われ、機材や映画素材30万ペソ
(およそ18,520ユーロ、およそ200万円)の被害にあった。

監督はその時、現場にはいなかった。

新作「Razones de Corazones」は、フロベールの
ボヴァリー夫人の最後の数日に焦点をあてた作品で、
撮影していたのは、メキシコ・シティの旧市街ともいえる
セントロ・イストリコ(Centro Histrico)地区のビル。

友人のみぽりんも住んでいる、この辺り、メキシコでの
私の常宿があるところだが、便利だし、芸術学院やソカロにも近い。

それだけに場所によっては、こういうこともあるのだろうが、
「俳優ひとりと制作部3人がなぐられた」と
今回の脚本担当でもあり、監督の妻でもある
パス・アリシアディエゴが語った。
幸いにも命に別状はなかったが、武装グリープが盗んだのは、
11台のコンピュータ、スチールカメラ、メイキング用カメラに
美術道具や個人の貴重品などなど。

フィルムは盗まれなかったので、撮影は続行されている。

メキシコ・シティは数年前、撮影のロケ場所提供に乗り出し、
Centro Historicoはおすすめの場所で、何作もロケが
行われていた。

メキシコといえば、かのギジェルモ・デル・トロが
1997年に父親を誘拐されたことから、メキシコで
住む事も撮影することも断念していた。

記事のソース:El Mundo

リプステイン監督といえば「大佐に手紙は来ない」
ガルシア=マルケス原作の映画化の中では、
一番、好きな映画。

マリッサ・パレーデス、フェルナンド・ルハン主演。
若き日のサルマ・ハエックも出てる。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
スペインで注目のカップル、ペネロペ・クルス(36歳)と
ハビエル・バルデム(41歳)が、今月の初め、バハマで
挙式をあげた、とエル・パイス紙。

2人の家族や親戚だけでスペインから遠いところで、
式を挙げたい、という夢が叶ったと。

ペネロペはジョン・ガリアーノデザインのウエディングドレスを
選んだとか。

El Paisの記事

結婚を伝えるAP通信


(c)AssociatedPress

2人が若いころ、共演した映画
「ハモン・ハモン」のディスコシーン 若いっ!!!


それでも恋するバルセロナ [DVD]/スカーレット・ヨハンソン,ハビエル・バルデム,ペネロペ・クルス

¥3,990
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。