ラテン!ラテン!ラテン!

渋谷からラテンアメリカ映画を発信!!


テーマ:
1月31日に「水木しげるサン お別れの会」が開かれた。

行くことができなかった、その夜、水木さんの本を色々
めくりながら、つい読みふけってしまった。

昨年の11月30日に亡くなられた水木しげるさんは、
生前、仮面を探しにメキシコに行った。

水木しげるの大冒険 幸福になるメキシコ―妖怪楽園案内/大泉 実成
¥1,620
Amazon.co.jp


水木さんと共に色々な所に旅をした大泉実成さんは
「水木原理主義者」を宣言した人で文章も突っ込みも面白い。

オアハカの死者の日とか、モンテアルバンのピラミッドとか、
その場所で水木さんが言った言葉の一部が「水木サンの迷言366日」という
文庫にも収録されている。



水木サンの迷言366日 (幻冬舎文庫)/水木 しげる
¥741
Amazon.co.jp



1月1日から12月31日までの語録は、私にとっては、
気分が落ち込んだ時の気付け薬のようなもの。

モンテアルバンで「ピラミッドの頂上は神との交流点」だと
考えた次のページに

「金は ほしがると にげる」

大泉さんが楽しんで編纂したことが分かる。

仮面を探し続けながら、コレクターが集めた仮面が下手なら
「見る目がないです、この人」とバッサリ!

日本が忙しすぎると言い、余生はノンビリ人生、すなわち、
メキシコ人生でゆこう、
と言っている。

メキシコ先住民の見えないものを表現するところへの共感や
オアハカの死者の日の言葉も面白い。

「マヤ・アステカ。彼らは神を表現するからねえ。
遠慮会釈なくねえ」


オアハカの街の印象について
「ビンボーそうでいい街ですね」

メキシコ編も面白いけれど、時に子供の時の話、
戦争の話、貧乏の話、と多岐に渡り、これ1冊でも
色々、考える時間を持てるのだ。

子供の頃に「ゲゲゲの鬼太郎」のアニメ主題歌
「楽しいな~楽しいな~、お化けにゃ学校も~
試験も、なんにも、ない」
を聞くと、いつもワクワクしていたことを思い出す。

学校に行きたくない、あの仲間に入りたい、と
真剣に思ってた。

だから大人になって
「好きなだけ眠りなさい」
「怠け者になりなさい」

という言葉に従っている。

これぞ、究極の幸せ!!

周りからは大丈夫か、の声が
日に日に高くなっているけれど
今の株価が命、みたいな世知辛い世の中で、
自分にとっての幸せを追求していく覚悟がなければ、
不要なものに翻弄される気がする。

「しなければいられないことだけ
やり続ける」という言葉にどれほど
鼓舞されたか分からない。

12月31日の言葉の通り
「では、またあの世で」と言っている
水木さんの存在そのものに感謝。



総員玉砕せよ! (講談社文庫)/水木 しげる
¥745
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
お暑うございます。
しばらく大量の字幕作業と会社の決算でネットから離れ気味の
vagaabunda ですが、おっと、もう来週だ、という
ことで、お知らせです。

目黒のCafe y Librosで行われる、月に1度の
TELTULIA。前回は映画そのものに関してでしたが、
今回は、ラテンアメリカ映画の魅力と現状、はたまた、
日本における配給やスペイン語から日本語への字幕について、
時間が許す限り、お話ししたいと思います~。

トークはTELTULIAの趣旨にのっとって、
基本的にスペイン語で行いますが、
ゆっくりと分かりやすく話しますので、
ご興味ある方は、ぜひぜひ。

ご予約はカフェ・イ・リブロスまで。
TEL: 03-6228-0234



FLYER
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
暑さと周りのスピードについていけず、すでに夏バテ気味の
vagabundaですが、みなさま、いかがおすごしでしょうか?

今は、6月14日(土)公開のイタリア映画
「幸せのバランス」のパンフ原稿を書き上げたところです。
balance1

遅いっ!!遅い。。。いくら一人でやっているとはいえ、
すべてが遅い。(←誰も言ってくれないから、自分で言う)
なにしろ、一度に、複数のことができないので、
ひとつ、ひとつなのである。

3月に「聖者の午後」を公開したばかりで、
ただいま、名古屋シネマテークで上映中である。
なのに、もう次かい? 

いや、それは、私のせいなのだが、
それにしても、周りのスピードが早い。

まるで、ハバナに滞在したあと
メキシコシティの地下鉄の駅を歩いているよーだ。
(と、書いて、このたとえは、とても分かりにくいと反省)

ハバナのリズムになれるとメキシコシティがキツいって
ことなのですが(メキシコ在住のみぽりんの歩く速度に
ついていけず、「歩くの早すぎるっ!」と叫んだ)、
メキシコから戻ると、今度は、渋谷のスクランブル
交差点がこわい。人がいっぱいやってくる。

これって相対的なスピードなのだろうけれど、
映画やDVDのスピードにもついていけなくなってきたので、
次回作を公開したら、一度、完璧に動きを停止して、
自分のリズムの立て直しをはかりたい、と思う今日このごろ。

本当は、「ホドロフスキーと過ごした6日間」とか
少しずつ書いていきたいし、彼のタロット本をスペイン語から
訳したい。それに、とっても楽しみにしていた星野智幸さんの
「夜は終わらない」をじっくり読みたい。群像で連載のときに
追いきれず、でも、読むのをやめられず。
ボラーニョの「2666」の時と同じように何にも邪魔されず読みたいのだ!
夜は終わらない/星野 智幸

¥1,998
Amazon.co.jp

そういえば、「2666」も最後まで、2度も読んだのに
途中で一度、書いただけで終わってる。いかん!
2666/白水社

¥7,128
Amazon.co.jp

こういうことを考えたのも、先日、ホドロフスキーの妻の
Pascaleから写真を送ってもらって、色々、思い出したからで、
次回はそれを書きたいと思いまする。
(自分が通訳していると、写真が残らないので嬉しかった!)
baus

これは、吉祥寺のバウスシアターで行った、ホドロフスキーの
来日、最後の通訳で、ヘロってたので、情けない顔してる。
いや~、嘘はつけないなあ。

これが4月だった…(だよな?)
そして、そのバウスシアターでの映画上映も
5月31日で終わり、6月10日までのラスト・ライブ
本当に、閉館してしまう。

今年は、歌舞伎町のシネマスクエアとうきゅう、ミラノ座、そして、丸の内ルーブルも閉館する。


昨年、映画の公開本数が1,100本越えて
ますます、映画が消費されているのだなあ、と思う。

10年後に思い出せる映画は、どれだけあるのだろう。

そういう映画をどうやって伝えて行けるのだろう、と
色々、模索したいのだが、あと2週間は、お預けだ。

でも、自分のためにも、書いて行きたいし、
次回は、休憩時間に話したホドロフスキーとの会話や、
ホドロフスキーのDUNE
についても書いてみたい。

「幸せのバランス」と同じ公開日なのだけれど、
ちょ~面白かったから。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
長い間、ログインしていなかったもので、
パスワードを忘れてしまった。。。。

一度、遠ざかると、どんどん書かなくなる。

頭の中には、たくさんの「?」や「!」があるので、
最近は、手書きの日記帳に戻って、
「ああでもない」「こうでもない」と考えることが多く、
しばし、ブログから離れておりました。

ツイッターもFBも何やらお尻をたたかれる感じなので
夏は昼寝、冬は冬眠の私にとって(いつ仕事するんや!)
ネットから離れた時間というのは、とても貴重でした。

まずは、このブログにメッセージをくださっていた
みなさま、お返事が大変遅くなってすみません!

まわりの騒々しさに巻き込まれず
自分のペースでいける確信ができたので、
ブログを再開します。

というのも、15年ぶりに「やる気」が出て
筋トレを開始!
身体が欲していたようで、1ヶ月半、
かっきり続いております。

だいたい、体力よりも精神力がないわたくし、
「もう、ここいらでいいか」と、すぐに、
楽な方にいってしまうので、今回は、
どこまでいけるか、試してみようという気に
なりました。

そう、半世紀以上も生きてきて、まだ3回ぐらいしか
やる気になったことがない怠け者。

15年に一度しかないので、これを逃したら
あとはない!

身体を動かし始めると、あら、不思議。
集中力も高まって、いい感じではないの~。

ダイエットはしたことがないし、する気もないので、
目標は「生ビールと唐揚げ食べても代謝する身体!」

夏にビールを我慢するほどの根性はないので、
(そして飲み始めるとストッパーがはずれるもんで)
なるべく飲む機会を減らして、夜は本を読む。

そんな隠遁生活をしていると、いろんなことが
シンクロしてくるようになって、毎日、ワクワクな
感じになってきました。

そして、今日、なぜか分からないけれど、
突然、ブログを再開する気に。。。

ということで、まずは気になっていた本や映画の
感想から始めてみようか、と思います。


$ラテン!ラテン!ラテン!-ANTIBE

カンヌから列車で3駅、アンティーブにて。
アルファベットでできた巨大な人。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
いやはや、神戸から戻ったのち、2日間徹夜になっちまい、
まだ、なんだか朦朧としております。

そして、またまた、直前なのですが、今日、これから
赤坂ジャンカデリックでFIESTA LIBRE VOL2に。

一応、司会することになっとるのだが、そして、
昨日、出展の方々と集まったのだが…思い切り、飲んだだけ。(´0ノ`*)

どないすんねん!と思いつつ、まあ、そのときの
ノリで。

すでに出展は始まっていて、今日は、みぽりんが
朝の早よから、うちに荷物を置いてった。

久々のメキシコのノリが楽しいぜ!ということで。
お時間ある方は、ぜひに。

$ラテン!ラテン!ラテン!-フライヤー
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こ~んなに直前、それも平日の午前中なのですが、
月曜日に神戸市外国語大学で、公開講座しまっす。

タイトルは「映画の仕事を通してみる
スペイン・中南米の社会」


なにやらチラシまで制作していただき感謝!

主にスペイン語学科の学生さん対象に、と
思っていたのですが、公開講座にしていただき、
一般の方も参加可能に。

とはいえ、平日のこの時間だと参加可能な方
限られるだろうなあ、と考えているうちに
直前になってしまって、すみません(前日やないかい!)

もう宣伝失格ですわ~。とほほ。

笑って楽しみながら、スペイン・中南米の現状を
お話ししつつ、皆様からも質問いただきながら、
インタラクティブな感じで、やりたいと、思っとります。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
<2/9 10時:定員に達しましたので〆切ました!>

あらら~、もう、今日は月曜日。
お店の確認もとったのに遅くなってしまいました。

詳細は以下です。

あんな映画、こんな映画のお話と共に、
食べて、飲んで、まさに「言いたい放題」の
場を作ります~。

映画好きな方、ラテン好きな方、興味ある方、
スペイン語を学んでいる方など、今回は、
どなたでもオーケー!
前回と同様、少人数で和気あいあいな
雰囲気でいきたいと思いますので、
定員になり次第、〆切ります~。

日時:2月21日(火)20:00 開始
場所:新宿「かくれが」(詳細は参加者へのメールにて)
参加費:3,000円(2時間/飲み放題、おいしいおつまみ付き)

申し込み方法:higa@action-inc.co.jp まで。

件名「言いたい放題、新年会」
お名前、ご連絡先明記ください。

お店の場所および待ち合わせ場所はメールで
ご連絡します!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
セルバンテス文化センターでの講演予約をし忘れたので
東大での講演を聴きに行った。

14:00開場だと思ってたら、開演だった。
(最近、こういうのが多いなあ)

で、すっごく早く予約したのに、片方は満席で
モニター視聴のほうに行った。
ま、どちらにせよ、話が聴ければいいか、と。

今回の講演のタイトルが
「文学への情熱ともうひとつの現実の創造」
だったこともあって、文学と社会との関係や
評論の役割など、うなづけるところが多々あった。

持って行ったペンのインクが切れていたので
(最近、こういうことが多いなあ)
メモできなかったので断片的だが、
社会が大きく変わるとき、どこへ向かっていくのか
誰にも分からないときこそ、もうひとつの現実が
必要だ、と言っていた。

ラテンアメリカ文学も、社会の変わり目、
終焉と始まりの混沌とした中で生まれた、と。

今の日本にいると痛感する。

大きな変化の渦中にいる時、ここからどこへ行くのか、
誰も分からない。

一人ひとりが何を選択するのか、
自分にとって向かいたい方向があったとしても、
そして、そこに行こうとする人々と共闘したとして、
その結果が検証できるようになるのは、次世代かも
しれない。第二次世界大戦の時と同じように…。

ただ、その混迷の中でも、どう生きるのか、
ということだけはブレないでいたい、
そんなことを考えながら聴いていた。

マチゲンガ族の小さな共同体に来る
語り部(hablador)のことを、ワクワクしながら
話していたが、その記憶が学生時代のことで、
そこから「密林の語り部」が生まれた、と。

なんか岩波で文庫化されるらしいです。

東京外大の柳原先生のブログ「CRIOLLISIMO」によると、昨日の
セルバンテスでも様々な作品の誕生秘話を
語っていたようです。

「小説家は詩人に対して秘かな嫉妬心がある」と言っていた
バルガス=リョサには、政治家ではなく、ずっと小説家でいてほしい、と
暑さと眠さの中で思った夏至の日でした。


ラテン!ラテン!ラテン!-LLOSA


世界終末戦争/マリオ バルガス=リョサ

¥3,990
Amazon.co.jp

若い小説家に宛てた手紙/マリオ バルガス=リョサ

¥1,680
Amazon.co.jp

楽園への道 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-2)/マリオ・バルガス=リョサ

¥2,730
Amazon.co.jp

緑の家(上) (岩波文庫)/M.バルガス=リョサ

¥882
Amazon.co.jp

緑の家(下) (岩波文庫)/M.バルガス=リョサ

¥1,071
Amazon.co.jp

チボの狂宴/マリオ・バルガス=リョサ

¥3,990
Amazon.co.jp

フリアとシナリオライター (文学の冒険シリーズ)/マリオ バルガス=リョサ

¥2,520
Amazon.co.jp

都会と犬ども/マリオ バルガス=リョサ

¥2,940
Amazon.co.jp

嘘から出たまこと/マリオ・バルガス ジョサ

¥2,940
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
史上初のアルゼンチン文化業界マーケット。
一番、元気がよかったのが音楽業界。

ま、映画業界は独自でマーケットをやっているので、
余りチカラ入れてないみたいだったけど、
それでも初のテレビ業界人たちとの会合で、
色々面白いことが分かった。

それは後ほど、書くとして今日MICAから
来たメールに添付されていたのが、
Unconvention Argentina 2011

これはMICAの3日間に10組の音楽グループの
演奏を公開録音して、CDを制作するという企画。
最終日にCDができたのだが(限定500枚)
その一部始終を撮って、ドキュメンタリーにしたのが
来たよ。

これだけ短期間で撮影して編集したのはエラい!と
思わず、こちらでご紹介を。

画面の右下のCCをクリックすると英語字幕がでます。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
日本は、また揺れているようですが、
こちらはブエノスアイレスのTribuna Plazaというところで
今日(3日)まで缶詰状態。

何しろ,日本で言えば、文化庁、外務省、経産省共催みたいな
大掛かりなマーケットで、音楽、出版、舞台、デザイン、
テレビゲームにオーディオビジュアルと6部門を一挙に
集結!って感じの、やる気と意志が満々のイベントです。

しかし!現場は大混乱。
ま、1回目だからね。

第1日目の2日は、開会式が大幅に遅れ、
20分刻みで行われる、人間回転寿し式
ビジネス・セッションが混乱の極み。

誰が誰なの~と、戸惑いながらも、こちらは、
占い師よろしく、番号のついたテーブルに座って
売り込みにくる人に応対する。

もちろん、時間と社名がちゃんと予定として
組まれているのだけれど、出足でつまづいたので、
「ま、どうでもいいか」状態に。

「どうも~」なんて言いながら、話が合わないと
思ったら、出版の人だったり、とか、割と
笑える1日目でした。

考えてみれば、グアダラハラもブエノスアイレスの
映画マーケットも、時間を決めていても会えないことが
あるので、ここで会ったが100年目、みたいな
土壇場の感じが、ごく普通。
なので、別段、気にならない。

まあ、それでも、会えた人とは何かのご縁、と
思って、普段の映画だけではない、
色々なプロデューサーや監督、テレビの人々と
出会えた。

中でも、「やあ、次は私たちの番だ」といって現れた
元気な初老の男性が、ルイス・プエンソ監督だったのには
驚いた!!

あのアルゼンチン初のアカデミー賞を受賞した
「オフィシャル・ストーリー」の監督で、
東京国際やラテンビートで来日した、
ルシア・プエンソ監督の父ちゃんである。

「げげげ、監督がなぜここに?」と思っていると
「若者たちが都合が悪くなったので、自ら来たよ」と
娘と息子たちと作った製作会社の話を聞く。

映画だけでは大変なので、テレビ用のドキュメンタリーや
ドラマも作ることにしたらしい。
いいなあ。いつまでも、チャレンジ!な姿勢に
元気をもらった。20代の若者が、ちゃんと
実務のフォローをしていて、好感が持てた。

そして、なんと、以前に私が脚本を日本語訳にした
日本・アルゼンチン・フランス・ベルギー合作想定の
プロジェクトが、会社の冊子の中に!

脚本がルシア・プエンソのダンナで脚本家の
セルヒオだし、フランス人監督が金なくなったので、
自分たちが展開することになった、と。

ふむ、じゃあ、動こうかね、ということになり、
んなことしている場合なのか、と思いつつ、
余りに元気で、楽しげな64歳、ルイス・プエンソ監督に
触発されました。

ネガからHDにできれば、ぜひテレビ放映したい
「オフィシャル・ストーリー」
秋に公開予定の「瞳は静かに」(という邦題になる予定)
に出演のノルマ・アレアンドロ主演作品。

あれ、これHDになってるんじゃなかろうか,
と思ったら、イタリアが権利を買ってHDにしたそうだす。

オフィシャル・ストーリー予告編


日本ではDVDスルーになった「娼婦と鯨」


おお、もう午前2時だ。あとは、また明日アップしまっす。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。