BREAK TIME

日々の生活における様々なブレイクを僕の大好きな
『釣り=FISHING』&『映画=MOVIE』を中心に“ちょっとした休憩時間”
ブレイクタイムを...


テーマ:

4月26日(日)


前日の午後11時にお店に集合し高速をひた走る事4時間30分で九州の宗像港へ到着。





車の中で少し仮眠をとっていると辺りが明るくなってきました。






午前6時に港に集合ということで、眠い目をこすりながら起きて乗船準備を開始 (^-^)






乗船するのは毎年春と秋にヒラマサを狙い玄界灘を走りまわってくれる 第八健栄丸さん ('-^*)/


今回のツアーの2週間前にも連泊で乗船予定でしたが二日とも悪天候で中止となり、


今回が今年最初の乗船となりました (=⌒▽⌒=)


しかもタイミング良く数日前からポツリポツリとですが良型のヒラマサもキャッチされるようになってきて


今回とても期待が高まる中でのキャスティングツアーに♪ ( ´艸`)


ただ、捕食しているのがイワシやコイカということでルアーは小さい方が良く45g程度を勧められる程…


参加されるメンバーさんたちも、ヒデト船長さんの話を聞いてルアーサイズを小さ目に変更です!



では、今回のツアーに参加されたメンバーさんをご紹介 ('-^*)/



今年のツアーでは常に2人一緒に行動しておられる広島のベテランツートップ ☆-( ^-゚)v


帰ってきた酔っ払いちゃん(左)&タッキー(中央) (=⌒▽⌒=)


そして、来年遂にGTデビューすることが決まったH川くん(右) (=⌒▽⌒=)






今回、ツアーに初めて参加してくれたキャスティング大好きな N岡くん (=⌒▽⌒=)






そして、急遽参加できなくなってしまったデュークさんの代わりには船長さんの親戚くん♪ (=⌒▽⌒=)






以上の5名のメンバーさんと第八健栄丸さんでは毎回真面目にヒラマサを狙う僕の計6名で


春の玄界灘でデカマサキャッチを目指してのツアーがいよいよ始まります о(ж>▽<)y ☆






準備が終わったのは、午前6時20分頃


 



朝陽を正面にゆっくりと港を離れた後、北へ向けて転進






朝陽を右舷に受けつつ目指す海域までのロングクルージング開始です (≡^∇^≡)


そして予定通り1時間40分ほど経過すると…





沖ノ島が目の前に現れてきました о(ж>▽<)y ☆


僕自身、ここ沖ノ島でキャスティングするのは初めて♪


周囲には遊漁船を含むプレジャーボートが数多く “今現在、この海域がホットなんだなぁ!”


というのが容易に想像がつく雰囲気♪



しばらく辺りの状況をみながら進んでいた船もエンジンの火を切ると…






「この辺からやってみましょう!」

とのヒデト船長さんの掛け声とともにロッドを手に手にデッキへと姿を現すメンバーさんたち!


そして…






午前8時すぎ、ヒラマサを狙ってのキャスティングゲームが始まりましたぁ~!! ☆-( ^-゚)v






キャスティング経験が豊富な2人をフロントデッキに





続いてH川くん&N岡くんとアンダーデッキ側へ入ってもらいました (^-^)






フロントデッキではこの4人と並びで釣り座はローテーション制で回していきます ('-^*)/






一方のリアデッキでは親戚くんと僕が流し毎に交互にキャスティング。


キャスティングをしていない時は休憩ですが、潮下側でジギングor鯛ラバはOK♪



ということで、何回目かの流しで鯛ラバを落としていた僕にこの日最初の獲物がヒット!


“なんだろぉ、この魚? たいして引きもしないしただ抵抗だけだなぁ…”


なんて思いながら釣り上げてみると…









姿を現したのはぷくぷくと怒った姿のトラフグくんでしたぁ~ o(〃^▽^〃)o


「美味しいけど、ちゃんと調理しないと怖いですよ」


とのヒデト船長さんから聞いたので、そのまま海へお帰り頂きました (^^ゞ



そうしてキャスティングと鯛ラバを交互に繰り返していると


「底から30mくらいのところに反応がありますよぉ」


ということで、先日大量に製作したオリジナル鯛ラバ(80g)を投入~


すると…






(*゜▽゜ノノ゛☆





74cm(4.6kg)の真鯛くんが釣れましたぁ~♪ o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪


何度も何度もラインを引き摺り出して過去一番よくファイトしてくれたのではないかと思うくらい


釣り応えのあったいいサイズの真鯛くんでした (=⌒▽⌒=)



これをみて “なにかしらお土産フィッシュを釣っておこう♪”


と、H川くんやN岡くんが時折りジギングをしてみるものの、残念ながらノーバイト…


僕と交互にキャスティング&鯛ラバをしていた親戚くんもノーバイトのまま暫く時間が過ぎました。。。





肝心のキャスティングの方では、無線を通じて近くの他の遊漁船からの情報も随時入ってきていましたが


そちらの状況も芳しくなく “ルアーには出るけど釣れない” とか、“やっと釣れてもヤズだわ”といった話。


コチラの船上でも帰ってきた酔っ払いちゃんの投げるルアーにヤズくんが一度チェイスしてきた程度と、


なかなか簡単に姿を現してくれないヒラマサ…









それでも、全く諦めもせずに投げ続けるメンバーさんたち (^_-)☆



そして5時間が経過した頃、海の様子が変わってきました!






これまで まばらに飛んでいた海鳥たちが群れになりはじめました! (≧▽≦)




チャンス到来!






みんな一斉に鳥山へ向けてキャスト開始!






が…


これがなかなか投入するルアーに反応してくれません (ノ◇≦。)


“なんだろぉ?合わないんだろぉ?”


そぉ思いながら、ルアーをキャストしていると…






タッキーがヒットさせてくれましたぁ~~~~~!! о(ж>▽<)y ☆






ヒットしたのはヒラマサ!


「タッキーさん、前でファイトしますか?」とのヒデト船長さんの問いかけに


「ここで大丈夫です!」 と、落ち着いてその場でファイトを続けるタッキー!




「ちょっと体勢が悪いけど…」と言いながらも、しっかりとヒラマサの突進を止めて無事ネットイン!!


о(ж>▽<)y ☆





デッキに上げられた魚体を見て、


「やったぁ!自己記録いったでしょ♪」


と、ニッコニコのタッキー o(〃^▽^〃)o






12キロと自己記録更新の見事なサイズでしたぁ~♪ o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪






お見事&おめでとうございまぁ~す、タッキー♪ (ノ^^)八(^^ )ノ


船中最初のヒラマサがキャッチされ、意気上がるメンバーさんたち!

「次は僕の番だ!」とばかり、みんなのキャストする腕にも一段と力が入りました ☆-( ^-゚)v





タッキーがヒットさせたのは小型のシンキングミノーということで、

僕もそれに近いルアーをセット♪


ロッドもそれまでメインでキャストしていたBLC86/25から


タッキーの使用していたBLC83/40の兄弟竿BLC80/40へ持ち替えキャスト開始 (o^-')b


そしてタッキーがヒットしてからちょうど30分が経過した頃、


フロントデッキから歓声が上がりました! (☆。☆)


見るとH川くんがヒットさせているではありませんかっ!! о(ж>▽<)y ☆


「いいよ、いいよ!それもさっきと同じくらいのサイズ!ガンバって!」


と、キャビンから勢いよくヒデト船長さんが飛び出してきてH川くんの元へ走り寄っていきます!


“やったな!H川くん!! 獲れよ~!!”


と、思っていた瞬間、リーリングしていた僕のロッドに


『ゴンっ!』


といった衝撃が伝わった瞬間、それまでH川の方を見ていた僕の目の片隅に


大きな青白い魚体が走りぬけて行くのが見えました!


“喰った!…しかも、デカい!”


そう思った瞬間からいつも “ヒットしたらこうしよう” とイメージを描いてたとうりに体が反応してくれて


すぐさまロッドを起こしてリーリングを開始!



この時 「僕もヒットー!!」 とそれらしき事を叫んだ記憶はあるのですが、なんて言ったかは定かには…


「ベイダーさん、それかなりデカいですよ!ガンバって!」


ちょうど水面直下を走る魚体をヒデト船長さんも目にしたのか速攻で前方からゲキが飛んできました!!



そして、最初は右へと走っていた魚体がいつの間にか見えなったと思うと


今度は手前手前へと徐々にラインの角度がついてきはじめ、


“そろそろ来るっ!”


と思った瞬間にロッドが急激に海中深くに突き刺さるかのように強烈に絞り込まれていきました!


と、当時に久しぶりに体を襲う大型魚独特の重量感に


“やった!久しぶりのガチファイトじゃん♪”と大喜びする自分と、


あまりに強烈な締め込みなので “ノットは大丈夫か?” “ドラグはこれでいいのか…?”


と不安も同時によぎりましたが、かなり強めに締め込んでいたドラグが勢いよく出ていくではないですか!


“ダメだ!このままだと走られる!”


そう思ってドラグを直ぐにキュっと締めて様子を見ましたが、


それでもまだジワジワとドラグが滑るので “止めなきゃ!” と咄嗟にスプールを手で抑えました!


これが効いたのかドラグが出て行くのを防ぐことが出来たのですが、


同時に体が前のめりするように持っていかれました!


なんとか船べりに手をついてそれを堪えることができましたが再びドラグが滑るような気配があったので


もう一度ドラグノブをギュッと締め込み強烈なヒラマサの最初の突進を止めることに成功しました (^_-)☆



と、ちょうどそのタイミングでフロントデッキからH川くんとそれをサポートしていたヒデト船長さんが


リアデッキへとへ回ってこられました!


ラインがクロスしないように僕のロッドの下をくぐってヒラマサに相対するH川くんとヒデト船長さん!


そして僕の隣にはいつのまにかネットを手にタッキーが立ってコチラを見ていました (^-^)


タッキー : 「おっきそぉなねぇ♪」


僕 : 「やっとキタよ、タッキー♪」


ヒデト船長さん : 「大丈夫ですか、ベイダーさん!」


僕 : 「はい!なんとか!」


そんなような会話をした直後、ヒデト船長さんの方から 「あ゛~~~~っ」という声が…


どうやら一緒にファイトしていたH川くんがバレてしまったようです (>_<)


“うわっ!バレちゃったのか…? コッチは獲らなきゃ!!”


と、相変わらず走ろう走ろうと抵抗するヒラマサの動きがロッドを通じて解るので


“行かせないよ!”


と、今度はこちらからリフティングに掛かろうとしましたが、リールが巻けません!


それを見たタッキーが横から 「ちょっとでいいから巻きましょう!」とアドバイス♪


そぉ、GTのファイトの時、よく福井さんが送るアドバイスです (b^-゜)


“そおだよね!巻かなきゃ!”


でも、上体に力が入りすぎて上手くポンピングが出来そうになかったので


ロッドの角度を変えずスクワットのように真上に引きずりあげるような意識でのポンピング動作に…


これが災いしたのかどうかはハッキリとは解りませんが、


2度目のこの動作に入って持ち上げようとした瞬間にロッドから重量感が消えてしまいました…





あまりにいきなり重量感が消えたので “切れた…” と思ってしまいましたが、


リールを巻くと小さなルアーの抵抗があるが伝わってきました。。。


ファイトがいけなかったのでしょうか?


僕 : 「タッキー、なんか変なファイトしてた?」


タッキー : 「いえ、別におかしなファイトはしてないと思いますよ。」


僕 : 「船長、スミマセン…。何が悪かったのか解らないんです…。」


ヒデト船長さん : 「10kg後半は間違いなくありましたね。掛かり処が悪かったんでしょう。


 一緒にヒットした彼(H川くん)もバレたでしょ…。食いが浅いんですよ…。」





水から上がってきたルアーの各部、そして各結節部と、どこを見ても正常のまま。


4年ぶりにやっとめぐってきたデカマサとの遭遇でしたが、


またもデカマサを手にする夢は叶いませんでした… Y(>_<、)Y


でも、ロッドもラインもシステムも何処も負けなかったという自信は得ることができたのが


大きな大きな収穫となったファイトでした (o^-')bツギコソハトル!!



さて、2バラシはあったものの明らかに到着した頃とは


明らかに海の様子が変わってきました♪ (=⌒▽⌒=)


ルアーを追ってくる魚の姿が増えてきた中、1時間ぶりにヒット~~~~~~~~!! о(ж>▽<)y ☆






ヒットさせたのは帰ってきた酔っ払いちゃん♪ ヾ(@^▽^@)ノ






ちょ~っと小振りなネットが登場し無事キャッチされたのは…





ヤズっち о(ж>▽<)y ☆


流石、手ぶらで終わらないところが素敵です ☆-( ^-゚)v





「ワシにもヒラマサ、出てこいや~!」


帰ってきた酔っ払いちゃんの想いはメンバーみんなが思う想いでもあります (b^-゜)



それから後、徐々に波も高くなりキャストする足元もよく揺れるようになってきたものの

誰一人諦めることなくキープキャスティング!









そして迎えた午後3時40分頃


ヒデト船長さん : 「次の流しで最後にさせてもらいます。」






その言葉とともに最後の流しへと突入。。。


すると…








ミヨシでキャストしていたH川くんにヒット~~~~~~~~!! o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪






なんだかとってもよくファイトしてくれる中、みんな固唾を呑んで見守っていると…






魚の姿が見えてきました~~~~♪ ヾ(@^▽^@)ノ






そして、無事にネットに収まって一安心するH川くん♪ (=⌒▽⌒=)


で、H川くんがキャッチしたのは…








ナイスプロポーションのブリくん♪ o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪


ナイスキャッチ&おめでとうございま~す、H川くん (ノ^^)八(^^ )ノ



この1本がキャッチされたことで、もう1流し追加で再び最後の流しに…♪






そこでも再びH川くんが少し小振りのハマチくんサイズを追加キャッチとなったところで


午後4時過ぎにストップフィッシングとなり、






沖ノ島から帰路へ着きました。。。



<今回の釣果>


タッキー … ヒラマサ 1本 ☆PERSONAL BEST RECORD 12kg ☆


H川くん … ブリ 1本、ハマチ 1本


帰ってきた酔っ払いちゃん … ヤズ 1本


ベイダー(僕) … 真鯛 1枚、トラフグ 1尾


初玄界灘のN岡くん&初同船の親戚くん、お疲れさまでしたぁ~ m(_ _ )m





玄界灘はやっぱり夢のあるフィールドでした!


またみんなでデカマサを狙いに行きます!


第八健栄丸 ヒデト船長さん、ありがとうございましたぁ~~~~!! m(_ _ )m





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ベイダーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。