国語の考察1

テーマ:

オープンのクソみたいな成績をうけて、真剣に考察していきます。

 

 

まずは、国語から。(長くなると思うので何回かに分ける予定)

 

ここで、センター及び、東大本試で要求されている分野は何か。

 

現代文

-記述読解(評論)(本試)

-記述読解(小説、随筆)(本試(文系のみ))

-マーク読解(評論)(センター)

-マーク読解(小説、随筆)(センター)

-漢字(センター、本試)

-語彙(センター(暗には本試も))

-文学史(出題実績なし(早稲田などで必要))

-評論背景(評論で扱われそうなテーマ)(暗にセンター、本試)

-小論文、エッセイ(随筆)、作文作成(以前の本試(慶応などで必要))

古文

-記述読解(本試)

-マーク読解(センター)

-現代語訳(センター、本試)

-語彙(暗にセンター、本試)

-短歌(センター、本試)

-文学史(以前のセンター(早稲田などで必要))

-古文常識(暗にセンター、本試)

漢文

-記述読解(本試)

-マーク読解(センター)

-訓読(センター(暗に本試))

-現代語訳(センター、本試)

-語彙(各漢字の意味含む)(センター、暗に本試)

-句法(暗にセンター、本試)

-詩(センター、本試)

-文学史(出題校をきいたことがない)

-漢文常識(暗にセンター、本試)

 

こんなところだろうか。次に学力を定義しておく。

 

 

国語に限らず分野の学力は地頭+付け焼刃で定義する。

 

地頭は、俗には生まれつきの才能の意であるが、そもそも学問に生まれつきの才能が関与するか怪しい。(サヴァンなどを除く)そこで、ここでは、忘却曲線における降下が非常に緩やかな記憶として十分に定着しており普段の生活で十分に維持できる学力を指すこととする。これは、試験に対する対策をなくして得ている学力であるからその意味でもともと持つ才能とも解釈することができる。

 

付け焼刃とは、試験対策など新規の学習によって得られた学力を指す。忘却曲線での降下が迅急で、数か月で忘却するものを指す。また、付け焼刃の学力はその定着度合いが高まると地頭へ移行する。付け焼刃で得た学力のうち試験に使えないレベルまで忘却したもの(例えば覚えた記憶はあるが何を覚えたかわからないなど)は忘却データとする。また逆に付け焼刃にも入らず学習したことがないものを非学習データと呼ぶ。

 

つまりは、地頭、付け焼刃、忘却データ、非学習データの関係は以下の通りである。

 

地頭←付け焼刃⇄(両向き矢印)忘却データor非学習データ

 

ここで、忘却データと非学習データは忘却曲線から次の学習における定着度が異なるため本来、異質のものであるが、学力の観点からしてともに試験に効果を発揮しないという点で共通している。あえて、この違いをモデル化するならば、忘却データの箱は複数あり、非学習データの箱は一つである。非学習データからあるデータが付け焼刃の箱に移った後忘れるとそのデータは非学習データの箱ではなく、忘却データの箱1に移る。その後忘却データの箱nから付け焼刃に移ったデータは忘れると忘却データの箱n+1に移る。ここで、忘却データの箱kのデータはk回付け焼刃に移り、k回忘れたデータが入っている。この意味で非学習データの箱は忘却データの箱0とも考えられる。

 

続いて付け焼き刃で得たデータでもヒエラルキーがあると考えられる。これは思い出すまでの時間が一つの指標となるだろう。つまり、これをモデル化すると付け焼刃の箱に水が蓄えられているとする。そしてデータを体積一定のおもりと考える。水では浮力という体積によって定まる抵抗力が発生するので、おもりは重いほど早く降下する。他方ある一定の軽さを備えていると浮力が勝り沈むことはない。ここで、そこに到達することを忘却と考え、おもりのある深さが思い出すまでの時間と考える。するとおもりが重いデータほど忘れやすく、おもりが軽いデータほど忘れにくい。忘却データの箱kから移ったおもりはkの値が大きいほど軽い。また、一度思い出す、または付け焼刃にある状態で再学習することによってもおもりは軽くなる。好定義することで、忘却の関係を解釈することができ、浮力が勝るほど軽いデータは地頭のデータともいえる。

 

 

 

 最後に、国語に限らず各科目の学力は各分野のデータの総和で表し、試験における各科目の学力は使用する各分野の重み付き総和に試験慣れを足したものと定義するとする。(ここで重みは配点や出題頻度、重要度による)

また、試験における学力、試験難易度によって、テストの点数が決まる関数は存在しない。ここでは確率分布の考えを採用する。ただしこの確率分布は正規分布ではなく、左側に裾野をもち、右側に偏った単峰性の分布である。試験における学力が高く、試験が簡単であるほど、期待値(平均値)は高い。平均値が高いほど平均以上の各偏差は小さくなり、平均以下の各偏差は大きくなる。ただし、平均値が低いときに比べ、平均値未満のある値i1を取る確率は低くなり、平均値以上のある値i2を取る確率は高くなる。また、試験に対する集中度が高いほど、平均以下の各偏差は小さくなり、平均以上の各偏差は大きくなる。したがって、テスト同一と仮定すると、学力が上がるほど高得点を取る確率は高くなるが、これは、低い点数を取る可能性がないわけではない。高得点を取る確率を上げるためには、学力をあげる、試験が簡単である以外に集中度を高くする必要がある。

 

 

 

次回で、現代文に対する考察に移ります。

 

 

 

励みになっています!これからも応援クリックお願いします!!(画像をぽちっと!)

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

 


大学受験ランキングへ

 

東大受験生ブログランキング

 

読者登録、いいね!、コメントも楽しみにしてます!

 

読者登録してね

AD

東大オープン...

テーマ:

210点くらいな気がします。

Eとった東進の時や去年の駿台より下がりました。

忘却曲線の効力を実感しました。ここまで下がっていると思いませんでしたね。

数学・理科それぞれで本試-45点くらいです。

国英は大きな変動はありませんでした。

英語今後下がりそうです。

 

ただ唯一の希望は過去問をほぼ消費していなく、生物・地学に力を入れていたので現役生並みの伸びを期待でき、なおかつ、去年の到達点までは忘却したものを戻せばいいので去年より早く伸ばすことができるという点です。その意味では全く希望が途絶えたわけではありませんが。

 

実戦は二週間後ですが、二週間でもどせるのはせいぜい240まででしょう。(難易度同じと仮定して。2017本試レベルならば260くらいまで。)ですから、実践で250をあと二週間の目標にします。(生物はこみこみの理由でせざるを得んのでそれと並行ではありますが結構ガチります。)

 

細かい反省など、センターについても含めて考察したいので、しばらくはその記事になると思います。(オープンネタバレ注意)

 

今日は以上で締めたいと思います。

 

 

 

I couldn't imagine that I'd forgotten so much......

 

励みになっています!これからも応援クリックお願いします!!(画像をぽちっと!)

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

 


大学受験ランキングへ

 

東大受験生ブログランキング

 

読者登録、いいね!、コメントも楽しみにしてます!

 

読者登録してね

AD

自治医科大学(生物)

テーマ:

 自治医科大学って、結構変わった大学ですよね。

 

 そもそも、自治医科大学は僻地医療を支えるために設立された大学で、9年指定地で働けば、授業料が免除されます。

 

 まあ、私が驚いたのは、自治医科大学は各都道府県ごとに合格者を出すところです。各都道府県ごとに2~3名の合格枠が設けられています。したがって、田舎と都会では入試難易度が異なります。私の都道府県も有名な進学校が多い地区ですので、かなり難関枠です。東京に比べればましですが。

 

 

 さらにさらに、実質、併願を拒否している点はさらに驚きです。合格者は各都道府県庁で本人が国公立前期と後期の日に手続きをしなければなりません。ですから、併願先になるのは国公立推薦と私立に限られます。

 

 辞退も合格発表の前に電話確認が行われるので(合格発表後でも辞退はできるけど)、合格だけゲットというのも難しいようです。

 

 

 まあ、なにが言いたいかというと、よさげだから受けたいなあと思ったら受けられねえじゃねえかということですねwww

 

 

 

 

勉強記録

 

生物-生物数研出版

生物多様性

 

生物多様性

遺伝的多様性

種多様性

生態系多様性

 

かく乱

中規模かく乱説

 

絶滅

絶滅の渦

局所個体群

分断化

孤立化

 

外来生物

 

絶滅危惧種

レッドリスト

レッドデータブック

 

温室効果

生物多様性

 

 

 

励みになっています!これからも応援クリックお願いします!!(画像をぽちっと!)

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

 


大学受験ランキングへ

 

東大受験生ブログランキング

 

読者登録、いいね!、コメントも楽しみにしてます!

 

読者登録してね

AD

8月は8hと30m(倫理)

テーマ:

8月は生物のけりがつくまでは、

 

東大過去問1h

模試復習1h

生物4h

情報1h

地学1h

面接30m

 

生物のけりがついたら、

東大過去問2h

センター試験2h

模試復習1.5h

情報1h

地学1h

面接1h

 

でいきたいかな。

 

 

 

勉強記録

倫理-模試復習

 

ヴェーダ

本集

ブラーフマナ

祭儀書

アーラニヤカ

森林書

ウパニシャッド

奥義書

 

ヴァルダマーナ

ジャイナ教

禁欲主義・苦行

アヒンサー

不殺生・不妄語・不偸盗・不邪淫・無所有

マハーヴィーラ(偉大な英雄)

 

五戒

不殺生・不妄語・不偸盗・不邪淫・不飲酒(ふおんじゅ)

 

竜樹

ナーガルジュナ

大乗仏教

空の思想

『中論』

 

四書

大学・中庸・孟子・論語

((金)大中もローン)

 

五経

春秋・詩経・書経・易経(えききょう)・礼記(らいき)

(春に詩を書くのがえらい)

 

励みになっています!これからも応援クリックお願いします!!(画像をぽちっと!)

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

 


大学受験ランキングへ

 

東大受験生ブログランキング

 

読者登録、いいね!、コメントも楽しみにしてます!

 

読者登録してね

8月からどうするか(生物)

テーマ:

 昨日言ったように、過去問を重視したいのですが、一般的な教科書、参考書、問題集への未練も断ちきれません。

 

 

 そうは言っても、私は浪人生。高3生なら基礎が不十分だから一般的な教科書なんかにも頼らなければなりません。しかし、私は基礎は一通り熟(こな)したはずです。過去問を解けるレベルにあるのも事実です。さらに、浪人生なのだから、最も優先すべきことは大学入試に通ることであり、高校の内容をマスターすることではありません。

 

 

 これらのことを鑑みれば、今取り組むべきは参考書や教科書、一般的な問題集ではなく、過去問のはずです。

 

 

 高校までの内容を完璧にすることなどは大学に入ってからでも良いと思うんです。そうすれば家庭教師として教えるときに非常に役立つでしょう。ですので、新研究をはじめとする参考書、教科書、問題集なんかはその時に再び活躍してもらおうと思います。

 

 

 ただし、12月までに、高校程度の地理、日本史、世界史、生物、地学、情報はマスターしておこうと考えています。これらはさすがに教科書、参考書に頼ろうと思います。一通り読んで、受験で少し使う程度でしょうが。

 

 具体的にどんな感じで8月を過ごすかっていうのはまた明日立ててみようと思います。

 

 

 

勉強記録

 

生物-生物数研出版

生態系

 

作用

環境形成作用

相互作用

 

生産者

消費者

分解者

 

物質生産

 

生育系

 

生産構造

生産構造図

送別刈取法

広葉型

イネ科型

 

栄養段階

 

現存量

総生産量

純生産量

呼吸量

被食量

枯死量

死滅量

同化量

不消化排出量

成長量

 

純生産量=総生産量-呼吸量

成長量=純生産量-枯死量-被食量

同化量=摂食量-不消化排出量

成長量=同化量-呼吸量-枯死量-死滅量

 

補償深度

 

富栄養湖

 

エネルギー効率

 

生産力ピラミッド

 

 

 

励みになっています!これからも応援クリックお願いします!!(画像をぽちっと!)

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

 


大学受験ランキングへ

 

東大受験生ブログランキング

 

読者登録、いいね!、コメントも楽しみにしてます!

 

読者登録してね