千葉県船橋市咲が丘の酒店で昨年1月、店主が殺害され現金が奪われた事件で、強盗殺人などの罪に問われた無職山田十四夫被告(61)の判決公判が8日、千葉地裁であり、渡辺英敬裁判長は求刑通り無期懲役を言い渡した。
 検察側は論告で「計画的な行動で、明確な殺意があった」と指摘。弁護側は「無期懲役は重過ぎる」と主張していた。
 起訴状によると、山田被告は昨年1月29日午後5時半ごろ、酒店に侵入し、店主の秋本敏男さん=当時(65)=を刃物で刺し殺害、現金約5万円を奪ったなどとされる。 

「減塩後進国」ニッポン  1日9グラムでもまだ多い(J-CASTニュース)
<松戸女子大生殺害>竪山被告を追起訴 一連の捜査を終結(毎日新聞)
<国分寺路上遺体>20代の男6人 殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
給食パン、原則米粉入りに=県レベルは全国初-岡山県(時事通信)
「ほっておいてくれ!」 大阪・道頓堀に男が飛び込む(産経新聞)
AD