兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)は27日、同市百合地地区の人工巣塔で、放鳥コウノトリが産卵した6個のうち、ひな2羽の誕生を確認した。孵化(ふか)は今年初めてで、4年連続の成功。巣立ちは早ければ5月末になるという。

 親鳥2羽は、いずれも平成18年に同市河谷地区で放鳥された雄(現在9歳)と雌(同11歳)。翌19年にはつがいになり、毎年ひなを誕生させている。

 2月23日に6個の産卵、3月20日には巣外へ卵の殻らしきものを出しているのがわかり、同公園職員が27日、高所作業車に乗って孵化を確認。さらに死んだひな1羽や、ひび割れた卵を発見したが、残りの卵2個はなくなっていた。

【関連記事】
総移動距離は約3500キロに 兵庫のコウノトリ
コウノトリの幼鳥死ぬ 石川のため池で発見
脱走騒動その後…あのアフリカハゲコウが福の神に 経済効果絶大?
「トキには愛を」首相が珍しく?指導力発揮 国家戦略を修正
トキ襲ったのは「テン」 監視カメラに残された大きな鳴き声10回
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<水戸検察審>男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決(毎日新聞)
地下銀行営業でベトナム人4人逮捕=約30億円を送金-宮城県警(時事通信)
<損賠訴訟>重なる医療ミス認め遺族と和解 三重・産科医院(毎日新聞)
強風 壊れた屋根直撃、47歳女性が死亡…北九州の駐車場(毎日新聞)
大東で火災、焼け跡に1遺体(産経新聞)
AD