政府は30日、2010年度から5カ年の消費者政策を示す「消費者基本計画」を閣議決定した。食品表示に関する法規定の一元化を検討することを盛り込み、11年度にも法制化を含め必要な措置を講じるとしている。

 基本計画は、消費者庁を中心に全省庁の171施策を掲げ、このうち食に直接かかわる施策は2割近い32施策に上った。統一法はJAS法や食品衛生法、健康増進法などに散らばった食品表示の規定を統合するもの。消費者に分かりやすい法整備を目指す。

 また、民主党がマニフェストに掲げた「食品安全庁」設置についても検討するとした。消費者事故の独立調査機関の設置について11年度の早い時期に結論を出すことや、トヨタ自動車の問題を踏まえリコール制度の見直しも盛り込んだ。

 基本計画は消費者基本法に基づき策定。消費者庁は「消費者が主役」として、素案策定前から広く意見募集していた。

【関連ニュース】
火災原因:ライター火遊び4割が子ども 消費者庁など調査
消費生活相談員:配置に格差4.8倍…体制の強化進まず
虚偽表示:健康食品でネット320社指導--消費者庁
こんにゃくゼリー:消費者庁、法規制視野に対策
iTunesストア:音楽配信で不審請求、消費者庁が再度質問状

SS、ベスーン容疑者を傷害などの容疑で追送検(産経新聞)
「雇用支援機構」入札白紙へ、すべて傘下落札で(読売新聞)
高校無償化法 成立、4月1日から施行 朝鮮学校は先送り(毎日新聞)
大阪市公金の返還求める、市公正職務審査委が勧告(産経新聞)
自民幹事長、舛添氏と会談(時事通信)
AD