繁殖に向け巣作りをしているトキ2組が確認された新潟県佐渡市で22日、新たに別のペア1組が求愛行動を示す擬交尾をしている姿が撮影された。

 環境省は中国からもらい受けたトキの子孫を繁殖させて平成20年から放鳥。21日、放鳥した29羽のうち2組のペアの巣作りを確認したことを発表した。

 今回撮影されたのはこれとは別のペア。木の上で雄が雌の背中の上に乗り、くちばしを合わせ、約10秒間に2度にわたって擬交尾していた。本格的な繁殖期に入りさらにペアが誕生する可能性があるという。

【関連記事】
新潟で放鳥の2ペアがトキ巣作り 繁殖復活へ期待
トキ襲撃の検証委員、5人決まる
ケージ内のテンを自動撮影カメラで確認 トキ襲撃で環境省
最高齢トキ 友友と洋洋、仲違いでペア解消へ
佐渡のトキ 擬交尾確認…高まる繁殖への期待
20年後、日本はありますか?

野中広務・元自民党幹事長が民主に陳情(産経新聞)
参政権付与は「対馬への裏切り」対馬市議会の意見書確定(産経新聞)
<大学・短大認証評価>愛知学院大法科大学院は「不適合」(毎日新聞)
<日本鋼管病院>診療報酬過大受給か 育休看護師ら「常勤」(毎日新聞)
郵政改革法案 指導力なき首相 内閣は分裂状態(産経新聞)
AD