大相撲の元横綱朝青龍の主治医を務めた本田昌毅医師(39)と、同氏が代表を務める病院運営会社「ホンダメディカルホールディングス」(東京都港区)が東京国税局の税務調査を受け、2008年までの3年間で計約1億円の所得隠しを指摘されたことが10日、分かった。
 申告漏れ総額は約3億円で、重加算税や過少申告加算税を含む追徴税額は約1億円とみられる。すでに修正申告に応じたもようだ。
 関係者によると、本田医師は東京など約10カ所で美容外科クリニックを運営しているが、税務調査の結果、ホンダメディカルをめぐり、架空の経費を計上して法人所得を少なく申告していたほか、個人所得についても一部を除外していると判断されたという。 

【関連ニュース】
【特集】朝青龍騒動記~ついに引退表明~
【相撲コラム】土俵百景
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
〔写真特集〕貴乃花親方
〔写真特集〕偽札の実態~巧妙化する偽造手段

「首相はNPT会議出席を」=広島県知事と議長が要請へ(時事通信)
「子ども女性安全対策係」初摘発は盗撮容疑男(読売新聞)
落選候補に実刑判決=北九州市議選の偽投票用紙事件-福岡地裁支部(時事通信)
中国での消化器領域のラインナップ強化へライセンス契約―エーザイ(医療介護CBニュース)
 ブログ市長「勇気ない首長だらけ。変革ムリ」(産経新聞)
AD