低気圧が発達しながら日本海を進み、寒冷前線が本州付近を通過した影響で、日本列島は21日、東日本や北日本を中心に暴風などに見舞われた。

 北海道旭川市では92年ぶりの暴風を記録し、全国各地でけが人が出るなどの被害が相次いだ。

 中国大陸からの黄砂も強風に乗って列島全域に広がり、北海道でも3年ぶりに黄砂が観測された。

 気象庁によると、同日午後9時現在までの各地の最大瞬間風速は、千葉市で午前4時54分に38・1メートルと3月で過去最大を記録、北海道増毛町でも同9時17分に37・4メートルを観測した。東京都内では明け方に江戸川区で35・2メートル、八王子市で33・8メートルを記録した。

 また、10分間の平均風速も北海道を中心に全国26地点で観測史上最大となり、旭川市は21日午後1時42分に24・6メートルを観測して1918年9月以来、92年ぶりに記録を更新した。

 読売新聞のまとめでは、21日午後8時現在、強風によるけが人は30人に上った。神奈川県相模原市では、午前4時過ぎ、雨漏り修理のため民家の屋根に上った修理業者の男性(59)が強風にあおられて転落、胸の骨を折る大けがを負った。20日に西日本を中心に広がった被害を合わせると、死者1人、けが人は59人に達した。

 黄砂も沖縄から北海道までの全国で観測され、気象庁によると、21日夕までに静岡県御前崎市や那覇市、奈良市などで視界が2キロ未満となる濃い黄砂が観測されたほか、仙台市や大阪市、福岡市などの広い範囲で視界が5キロ未満まで低下した。北海道では、2007年4月以来の観測。

 甲子園球場で21日に開幕した第82回選抜高校野球大会でも、開会式が黄砂でかすんだほか、強風のため仕掛け花火を中止した。

 空の便でも、羽田空港を発着する便を中心に欠航が相次ぎ、21日午後8時現在、日本航空は71便、全日空は44便が欠航、約1万6000人に影響があった。

<殺人未遂>看護師を再逮捕へ 高濃度インスリン投与の疑い(毎日新聞)
ネット書き込みでの名誉毀損めぐり最高裁が初判断 有罪判決確定(産経新聞)
池谷氏当選なら3度目結婚も(スポーツ報知)
期限切れワクチン接種=小学生4人に-前橋市(時事通信)
就活のために留年する学生支援  大学に広がる「卒業延期制度」(J-CASTニュース)
AD