鳩山首相は9日夕、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関し「覚悟を持って臨む」と発言したことについて「進退をかけるとか、野党の挑発に乗るつもりは全くない」と述べ、5月末までの決着ができなければ退陣するとの見方を否定した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は発言の真意について「政治家は物事を判断する時には一つ一つ覚悟を持って臨むべきだ。国民の暮らし、命がかかわる話であればあるほど。首相として意思決定には覚悟を持って臨むべきだ(という意味)」と説明した。

「罪状」を「ジョウザイ」小林議員、事件に動揺(読売新聞)
雑記帳 納豆の早食い世界大会…350gを30秒97で(毎日新聞)
刑務所出所 仮釈放が満期下回る…高齢化、引受先なし(毎日新聞)
次期会長に山崎氏を選出―日精協(医療介護CBニュース)
<訃報>近藤鉄雄さん80歳=元労相(毎日新聞)
AD