宇宙航空研究開発機構(JAXA)などは21日夕までに、国産大型ロケット「H2A」17号機に相乗りした小型衛星5基のうち、宇宙ヨット実証機「イカロス」など4基が予定軌道に入ったことを確認した。

 イカロスは同日午後5時過ぎ、金星に向かう軌道に入ったことを示す電波が地上に届いた。イカロスは樹脂膜を帆のように広げ、太陽光のわずかな圧力を受けて進む新技術の実証機で、JAXAが開発した。

 東大などの共同事業体が開発した「UNITEC-1」も予定軌道に入り、金星へ向かった。

 大学が開発した小型衛星は創価大の「Negai☆”」、鹿児島大の大気水蒸気観測衛星「ハヤト」が、それぞれ地球を周回する予定軌道に入った。早稲田大の「WASEDA-SAT2」は地球周回軌道に投入されたものの、詳細の確認は22日未明にずれ込む見込み。

 一方、金星探査機「あかつき」は21日夕、太陽電池パネルの展開に成功するなど、正常に機能していることが確認された。

【関連記事】
H2A「ほぼパーフェクト」…打ち上げ成功で安堵の種子島センター
あかつき相乗り衛星「ハヤト」分離に歓声 鹿児島大
金星探査機「あかつき」を打ち上げ
「日本は有人宇宙船やらないの」 首相、山崎さんに質問??? 
「あかつき」打ち上げ最終準備 H2A、発射台へ再び移動
中国が優等生路線に?

腹から出血、自宅庭で男性死亡=事件事故両面で捜査-岩手県警(時事通信)
補助人工心臓2つ装着に成功 阪大、自宅で移植待機、外出可(産経新聞)
殺処分対象10万頭超=口蹄疫疑い、新たに15農場(時事通信)
「1億円金塊」泣く泣く返還…レンタル料高くなり(読売新聞)
官房長官が鹿児島・徳之島関係者と会談(産経新聞)
AD