赤松広隆農林水産相は1日午前の衆院予算委分科会で、チリで発生した大地震に伴う津波に関連して、災害防止策や連絡体制について「十分かどうか検討させてほしい」と述べ、農水省内や関係省庁と調整し、必要に応じて拡充する考えを示した。福井照氏(自民)への答弁。
 水産庁によると、大津波警報などが発令された2月28日は、漁港や水産施設への立ち入りが禁じられていたため、各地の津波被害の状況は1日午前9時時点でも詳細に判明していない。同庁は「自治体などを通じて情報収集中」(漁政課)としている。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震~日本にも津波~
〔用語解説〕「大津波警報」
津波警報をすべて解除=17時間半ぶり、注意報は一部継続

出頭要請14回無視、スピード違反の男逮捕(読売新聞)
【新・関西笑談】世界で一つだけのパンを(4)(産経新聞)
神戸新聞、デイリースポーツを吸収合併へ(読売新聞)
トヨタに辛辣な言葉…公聴会(レスポンス)
<雑記帳>雪合戦の国際大会、壮瞥町で開幕…北海道(毎日新聞)
AD