11日午後8時40分ごろ、高松市田村町の高松自動車道上り線を走行していた「東交バス」(高松市)の観光バス(乗客11人)が側壁に接触、反動で中央分離帯にも接触した。男性運転手(43)は意識を失っており、乗客の男性2人がブレーキとハンドルを操作、約200メートル先で停止した。後続の乗用車3台が追突、接触し、乗用車を運転していた高松市内の男性(59)が全治3日のけが。

 運転手は意識不明のまま病院に搬送されたが、12日朝、意識を取り戻した。香川県警高速隊が原因を調べている。

 同隊によると、バスは県農協川添支店の貸し切り。乗客(37)によると、運転手は運転席に座ったまま白目をむいて頭が後ろに倒れ込んでいたという。とっさに運転手の足の上からブレーキを踏み込んだ。「車内で悲鳴が上がり、大事故につながらないよう必死だった」と話した。別の乗客(33)がハンドルを操作したという。

 東交バスによると、このバスは11日午前6時半に高松を出発、山口県岩国市や広島市内を回り、午後9時に高松に帰着予定だった。運転手は先月、定期健診を受け、異常はなかった。【宮本翔平】

【関連ニュース】
交通事故:13トン車に追突、運転手死亡 伊勢湾岸道
交通事故:関越道でバスが中央分離帯に衝突 33人けが
交通事故:7台が多重衝突、男性8人けが 京都・名神高速
ワゴン車横転:男女7人死傷 北海道・道央道
交通事故:長野道下りで多重衝突事故 5人が重軽傷--松本 /長野

【静かな有事】第3部 逆転の発想(1)“アトム”が救う近未来(産経新聞)
新交通システム30分停止 大阪市営ニュートラム線(産経新聞)
輸入ワクチンの安全性調査=国立病院機構の600人接種(時事通信)
菅家さん「謝罪、物足りない」…足利事件無罪論告(読売新聞)
赤星元選手の野球チーム元選手、賠償請求を棄却 大阪地裁(産経新聞)
AD