新党改革は25日、今夏の参院選比例代表に鳩山邦夫元総務相の長男で元東京都議の鳩山太郎氏(35)を擁立することを内定した。26日に発表する。

 3月に自民党を離党した邦夫氏は、新党改革の舛添要一代表を評価しながらも「フリーな立場を堅持する」と同党への参加を見送っていた。太郎氏の立候補に伴い、参院選では同党を側面支援することになりそうだ。邦夫氏は自民党時代にも執行部に太郎氏の公認を働きかけた経緯がある。【木下訓明】

【関連ニュース】
<新党改革>:「国会議員5人の壁」早くも 参院選の第1次公認発表、現職3人出馬せず
<新党改革>:舛添代表 新党間の選挙協力に積極的な姿勢示す
<新党改革>:新党改革の荒井氏、比例に立候補へ
<写真特集>政治家・鳩山邦夫氏の軌跡…親子3人自民党、民主党設立、兄を支えた過去も

空港需要予測、外れてばかりで見直し判定(読売新聞)
覚せい剤 のみ込んで密輸、成田で摘発…容疑者を起訴(毎日新聞)
デイサービスの定員、倍の60人に―ツクイ(医療介護CBニュース)
西宮市議補選で開票トラブル、疑問票を二重入力(産経新聞)
第3回 なんでスピリチュアルって人気なの?[スピ野郎・マサムネ君]菅原県
AD