21日の低気圧による暴風の影響で、北海道石狩湾新港の浅瀬に乗り上げたベトナム船籍貨物船「ドンフォン」号(乗組員20人、5552トン)はさらに陸側に流され、岸から約30~40メートルまで接近。自力脱出が困難になったため、小樽海保は23日、船主代理人や石狩市などと対策会議を設置した。

 同海保によると、船は当初、岸に船首を直角に向けていたが、23日には船体が水深2メートル以下の砂地に乗り上げ、90度回転して岸と平行になった。業務上過失往来危険の疑いもあるとみて、今後乗組員から事情を聴く方針。【坂井友子】

【関連ニュース】
野焼き3人死亡:突然の逆風、炎襲う…直前の風速16m
バックネット倒れる:母子下敷き、重傷 強風で 神奈川
鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台
強風:札幌で33.3メートル 3月の観測では最大記録
強風:足場が倒壊、けが人はなし 京都の阪神高速建設現場

<名誉棄損訴訟>大学教授勝訴確定 セクハラ認めず 最高裁(毎日新聞)
「おもちゃの王様」85歳で博士に…ギネス申請(読売新聞)
木工工場から出火、作業所や民家など7棟焼く(読売新聞)
<桜>東京で開花 平年より6日早く(毎日新聞)
普天間移設 政府案へ大詰め 関係閣僚が協議(毎日新聞)
AD