ビデオオプション通信

製作スタッフの近況報告

NEW !
テーマ:

自分のクルマの限界まで走らせてみる、
これって普段なかなか体験できるものではないですが、
サーキット走行会など安全に走れる場所で試してみるのも、
非常にいい経験となるんだよね〜。

自分のクルマや運転技術の限界を知れば、
その範囲内でどう安全に速く走れるか、
またもっと速く走るにはどうしたらいいのか、
練習にもなるし、スキルアップにもつながる。
それは決してラップタイムだけじゃなく、
普段の運転にも活かせることがけっこうあるもの。

「そんなことはわかってるよ」という中級以上の人でも、
ちょっと走行会でのタイムがなかなか短縮できない、
なんて場合に、このDVDは役立つこと間違いなし!

 

サーキットでのタイムの縮めかた、

ワインディングでのムリのないドライビング

速く走るためのマシンセットアップ、

25型式に及ぶ、現役速い走り屋マシンチェックなど、

グリップで速く走るためのノウハウが満載!

 

特に谷口信輝のドライビング理論、

木下みつひろのマシン作りのツボは

かなり勉強になるはず。

 

そんなDVDが発売になりました!

速く走りたい人、スマートに走りたい人

必見です!

 

わかりやすいドライビング解説は谷口信輝ならでは

 

クルマの挙動、症状から見るベストな対策法は

スペシャリスト木下みつひろの解説で

 

話題となったアタック走行からひもとくワインディング走法

 

サーキットでのチューニングカー限界アタック解説

 

その他コンテンツ盛りだくさん!

 

DVDの詳細はコチラ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日発売のドリフト天国DVD Vol.114は、年末に行われたドリ天本誌の
1大イベント”お台場ドリフト超天国”の、のむけん目線のレポートあり、
東京オートサロンの最新パーツレポートあり(防水スプレーはマジ凄かった)と
いろいろたっぷり入ってます。



なかでも、ドリフト初心者のガチOLさんにドリフトの基礎を教えるレッスン企画で、
川畑君に講師をやってもらったのですが、改めて考えると、ドリフトの教え方って
人それぞれで色々あるんですよね。



ひと昔前の定番は、定常円→8の字→サイドブレーキターンという感じだったのが、
チームオレンジ流だと、サイド8の字という項目があったり、車庫入れをやったりと
いろいろ順序もノウハウも違ってきてます。



そして、今回の川畑流も、今までの定番とは少し違ってます。
ま〜、技術もマシンもどんどん進化していくなかで、要するに何を身につけるための
練習なのかという点で、川畑君なりの解釈とエッセンスが詰まってます。
「これが正しいのか?」と聞かれると、そうではない部分もあると思いますが、
D1界随一の理論派がどう考えているのか、初心者の人も、教える立場の人も、
是非一度チェックしてみてください。

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年も大盛況で終わった東京オートサロン。
新年一発目の車の祭典で最も注目を集めた
TOP SECRET VR 32GT-R
ご存知、スモーキー永田製作の超絶マシンだ!!



ノーマル然とした32GT-Rのエンジンルームに鎮座するは、
35GT-Rのエンジン「VR38」。
これだけでも話題になるってのに、
スモーキーはミッションはもちろん内装も移植。
一番恐れ入ったのはパドルシフトをはじめ、
電子制御も一式32GT-Rへと移植してしまったのだ。





その極上マシンのシャシダイシーンを締切ギリギリで撮影。
シャシダイの上とは言え全開にした光景は必見ですよ!!





今号は他にも、久々「千葉クン」からの投稿あり。
正月早々、日の出ドラッグを撮影した映像が送られてきた。





0-300km/h加速が11秒台という、
ありえない34GT-Rも登場!!
10,000回転オーバーで1,300馬力仕様のサウンドに
気持ちが高ぶること間違いなし。





久々、ドラッグコーナーも収録。
レース模様、ドラッグスリックの使い方、
さらに最速33GT-Rも登場!!





オートサロン大賞受賞マシンに千葉クン、
RB搭載第2世代GT-R、ドラッグまで入ったVIDEO OPTION 275号は
好評発売中ですよ!!
とりあえず、中身をちょろっとご覧あれ!!



ご購入はこちらから。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ドリフト天国本誌のD STATIONページに毎号載っている

激安タイヤのランキング。

それを見て、「イマドキはこんなに安いんか!」ってビックリして、

ネットで検索してみると、出るわ出るわ、色んな激安タイヤが。

 

聞いたこともないようなブランドもけっこうあるし、

「こんなに安くてダイジョブなんか!?」という素朴な疑問にいきあたり、

じゃあ検証してみようということで、片岡くんに乗ってもらいました。

 

 

グリップ性能やライフなど、基本性能のインプレはもちろん、

自走派には気になるニオイもチェックしております。

(この画ヅラだけ見ると、ただの変態ですが笑)

 

 

 

ネットで買うと、けっこう送料が高いところもあって、1本単価でいうと

実際の表示されている金額からは大幅に高くなっちゃうけど、それでも

18インチで1本数千円って安さは、走り込みたいビギナーや中級者には

大助かりな値段だと思う。

今後もどんどんテストして、ラインナップを増やしていくつもりなので、

気になってる銘柄の性能が知りたい人に参考にしてもらえればと思ってます。

 


 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年も気づけばあとわずか・・・。

いかがお過ごしでしょうか?

 

本日12月26日発売のVIDEO OPTION 274号は、

筑波スピード×サウンドを収録。

スーパーラップに旧車など、

様々なコンテンツが展開されたイベント。

 

そこで驚愕のスーパーラップが叩き出された。

その主は小林可夢偉。

 

 

愛機は去年も挑戦したスーパーフォーミュラマシンだ。

去年は44秒008に終わった企画のリベンジで、

今回筑波へ登場。

去年との違いはタイヤがBSから横浜ゴムへ変わったこと。

 

 

そのアタックは凄まじかった。

最終的に記録したのは43秒304。

その車載映像たるや正直頭の処理が追いつかない速さ。

ゲームでやっても絶対マネできないレベルだった。

 

 

もう1つはD1マシン&選手を使った新競技「D1X」。

ドリフト区間とグリップ区間にコースを分け、

ドリフト区間は審査してポイント換算。

ポイント1位は最終ラップタイムからマイナス2秒、

3位はプラス2秒と言う暫定ルール。

速さ+ドリフトの迫力も求められる新競技だ。

 

 

ストレート3発で入り乱れる様に実況をしてたマナPは大興奮。

やってる選手も猛興奮状態でマシンから降りてきた。

2017年はD1GP筑波で大々的にやりたいなと、

僕個人的には思ってます。

 

 

他にもチューニング界の巨人HKSの軌跡をまとめた企画や、

雨さんシャンテ公道企画など目白押し。

まずは、ストリーミングをチェックしてちょーだい!!

 

 

ご購入はこちらから

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。