滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャスは日本初、滑舌矯正トレーナーによる
滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです。
滑舌改善のための滑舌トレーニング方法や効果をご紹介します。





$Voice Lesson Justice 代表の日々


日本初、滑舌矯正トレーナーによる滑舌矯正や

滑舌トレーニングを行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです

舌筋トレーニング(舌の筋トレ)による滑舌トレーニングが特徴です


NEW !
テーマ:
声優のお仕事をされている生徒さんは滑舌トレーニング中です!





「さ行やた行、ら行が苦手で、口の中がもたつくので、治したいです」
とお悩みでお越しになりました。





話して頂く間も、声優というお仕事柄、
お声は良く響きますし、声質はとても「スペシャル」。
しかし、生徒さんの仰る通り、発音がモタモタする印象がありました。





話し方が特長的な場合と、
発音がしづらくて、その話し方になってしまう、
ということでは調整の度合いが変わります電球





生徒さんの場合は、発音の位置や舌の動かし方が原因で、
発音が重たく感じていた、ということがあったこと、





また、高い声の時より、低い声のセリフの時にもたつき感が出ることなど、
声との関係も調整が必要でした。





今まで、ご自身でトレーニングをしていた時は、
「さ」など、一つの音は綺麗に出ても、
いざ、セリフを読む時になると、言いづらさがあった、とのこと。





一つの音ができたら、それを言葉に繋げるというトレーニングも必要です。





色々と課題がある中でしたが、原因と改善方法は明確でしたので、
話すスピードや声のトーンなど、生徒さんの良い特長はそのままで、
発音の調整トレーニングを開始です!





トレーニング中、舌を強くはじく、という動作に対し、
「うーーーーーんガーン」と頭を抱える生徒さん。笑





しかし、最初は思うように動かない舌も、
スイッチが入ると、パキパキ動きます。





数分前に発音した時と、舌の動きが変わりますので、
生徒さんの目はキラキラ状態。笑





トレーニング後、「舌が軽くて、読みやすいですビックリマーク
最初と比べ、口の中のもたつきを感じないです。
明らかに言いやすくなってますうひひ音符」とのこと。





素晴らしいですキラキラ
正しくトレーニングを行うと、必ず効果はあるものです。





苦手な「行」もトレーニングを頑張って頂きました結果、





「最近、仕事先で、滑舌が良くなった、と言われました!嬉しいですぐっど」とのこと。





お仕事先で、効果が出てきていることが大変嬉しいです。
日々、ご自宅でトレーニングをして頂きました成果ですので、
生徒さんの頑張りに拍手ですパチパチ





この調子で、発音を気にせずに、お仕事に励めるよう、
トレーニングを頑張って頂きたいと思いますガッツ






日本初、滑舌トレーナーによる滑舌矯正
滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです
声の診断も行っていますので、詳しくはHPをご覧ください

$Voice Lesson Justice 代表の日々
ヴォイスレッスンジャス(パソコン用)
ヴォイスレッスンジャス(携帯用)
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

声が通らない原因とは、何でしょう。




声が小さい、通らない、こもる方の改善三原則」でご紹介しました通り、
声が通らない方は、声帯振動によるものが原因だったり、
別の原因の可能性があります。




声が通らない悩みでお越しになった生徒さん。
「舌足らずなので、人からモゴモゴした話し方で聞き取りにくい、
と言われ、日常会話で昔から困っています。」




「こんにちは」とお教室にお越しになった際の
第一声から、必要以上に、声がこもっている状態。




お悩みを話してくださる間も、
声の響きは奥に感じられ、ご自身もその感覚をお持ちとのこと。
話す時には、声がモゴモゴと、こもった状態。




ただし、笑っている時の声は、とてもよく響きます。
声が通らない、と一言で言っても、全てに於いてということではありませんでした。




舌足らず、とご自身でおっしゃる通り、
滑舌も良くないため、さらに、聞き取りにくくなっていました。
それでは早速、滑舌・共鳴トレーニングを開始です!




発音をしていますと、舌の動きと声の出すタイミングが合わず、
また、声を共鳴させる位置がほとんど奥。




奥で響かせれば、響かせる程、声はこもります。
生徒さんにとっての「原因」は、声帯振動によるものではなく、
「滑舌と共鳴の位置」にありました。




奥で響かせているのならば、前に正せばよい。
舌の位置の調整、響きの位置の調整、
全てが正しい位置になると、自然と前で響きます。




この場合、滑舌、共鳴ともに、改善トレーニングをすることが重要です。




先日、会話の調子を伺いますと、
「最近、電話でも、よく聞き取れる様になったと言われましたビックリマーク」とのこと。
さらには、「会話をしていたら、声が大きいから小さく話してと言われました。笑」とのこと。




まさかのまさかです。




声がこもっている、聞き取りづらい、とお越しになった生徒さんは、
いつのまにか、声が大きい、と言われるように。笑




コントロールをすれば、丁度よく話せていますので、
大変素晴らしいことです。
話して下さる間も、言葉がはっきりとされ、
声がよく響いています。




周りの方が気付くほど、改善されたことが嬉しく、
ご自宅でのトレーニングを頑張って頂いた成果ですので
本当に素晴らしいと思います。




皆さん各々、原因と改善方法が違いますので、
今後もお一人お一人に合ったトレーニングをご提供できればと思います。





日本初、滑舌トレーナーによる滑舌矯正
滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです
声の診断も行っていますので、詳しくはHPをご覧ください

$Voice Lesson Justice 代表の日々
ヴォイスレッスンジャス(パソコン用)
ヴォイスレッスンジャス(携帯用)
いいね!(34)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
声が小さい、声が通らない、声がこもる、と感じていらっしゃる方は、
普段、改善するために気を付けていることは何でしょうか。




声を大きく出そうとする、口を大きく開けて話す、
腹式で空気を一杯吸う、などでしょうか。




声が小さい、通らない、こもる方の改善三原則があります。




1、大きな声を出さない


2、口を大きく開けない


3、腹式で空気を一杯吸わない




ないない尽くしですが、




これは改善するのに、重要なポイントです。




1、大きな声を出さない
まさかですよね。




いえ、冗談ではなく、声が小さい方は、大きな声を出そうと思うと、
必要以上に力が入り、声帯を締めすぎることで、呼気とのバランスが崩れ、
声が思う様に大きく出ません。




後述しますが、力が入らない場合も、息漏れを起こす原因となり、
酸欠になるなど、か細い声、か弱い声になります。




2、口を大きく開けない
口を大きく開ければ、大きな声が出る。これはもう太古の話。


あめんぼあかいなあいうえお・・・・?


「あ」の口の開け方は、あくびの形
「い」の口の開け方は、横に大きく開いて
「う」の口の開け方は、唇を思い切りすぼめて
「え」の口の開け方は、大きく開いて
「お」の口の開け方は、アゴを縦に大きく開いて




果たして、話す時、このように大きく口を開いているのでしょうか。
いえ、周知の通り、大きく口を開けるのは舞台の上では良いかもしれませんが、
日常会話では、必要はない、というのが実情。




3、腹式で空気を一杯吸わない
そもそも、声が小さい方は、声帯振動ができていない、ということが理由のため、
声帯振動を如何に生じさせるか、がポイントとなります。




声の出る仕組みは、声帯が閉じ、呼気が当たることにより、
声帯振動が生じ、音が生じる、という流れ。




腹式で空気を一杯吸ったところで、声帯が閉じていなければ、
声帯振動は生じず、声は出ません。




ということは、声帯を閉じる、という訓練を行わなければ、
結果、腹式を習得したとしても、声が大きく出ることはない。ということ。




1で述べた、力が入らない場合、というのは、
声帯が閉まらない状態のこと。
声を大きく出そうと、一杯息を鼻から吸って、
いざ声を出す時には、息のみ漏れて、声が小さくなる。




声を響かせるには、声帯を振動させること、
声を共鳴させることが重要です。




ご自宅でできる改善方法は、皆さん慣れ親しんだ、ハミングです。
口は閉じていますので、必要以上に息が漏れることなく、
声帯振動を生じさせることが可能です。




声の大きさは、正しい知識と方法で、改善することが可能です。
思い立ったら、まずはハミングをしてみましょう!






日本初、滑舌トレーナーによる滑舌矯正
滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです
声の診断も行っていますので、詳しくはHPをご覧ください

$Voice Lesson Justice 代表の日々
ヴォイスレッスンジャス(パソコン用)
ヴォイスレッスンジャス(携帯用)
いいね!(36)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)