滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャスは日本初、滑舌矯正トレーナーによる
滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです。
滑舌改善のための滑舌トレーニング方法や効果をご紹介します。





$Voice Lesson Justice 代表の日々


日本初、滑舌矯正トレーナーによる滑舌矯正や

滑舌トレーニングを行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです

舌筋トレーニング(舌の筋トレ)による滑舌トレーニングが特徴です



テーマ:

 

ちがきに聞こえるのを治したい、とお越しになった生徒さん。

滑舌を治すために奮闘中です。

 

 

 

 

「小さい頃から言いづらいので、なるべく発音しないよう、

別の言葉に言い換えるなどして話しています汗」とのこと。

 

 

 

 

言葉を避けたくとも、「小さい」など「ち」が頭にくる言葉では、

生徒さんの仰る通り、言いづらそうな印象です電球

 

 

 

 

滑舌のお悩みを説明して頂く間、「ち」の発音が、

空気の抜けるような音も入り、「き」に近い音で発音されています。

 

 

 

 

学生さん、ということもあり、

就職活動なども視野に入れ、発音を治したいということでした。

 

 

 

 

ちがきに聞こえる理由は下記の理由があります。

 

 

1、発音の位置が間違っている

2、舌に力が入る

 

 

上記以外に複雑に動く場合、

例えば、舌の片側のみ使って発音している場合などが

発音のしづらさの原因です。

 

 

 

 

生徒さんの場合は、発音の際、舌に必要以上に力が入ります。

発音ができないことで、押し出すように発音されることが、

力が入る要因でもあります。

 

 

 

 

力が入らないよう、さらには、発音の位置に間違いがありましたので、

基本の舌の位置を整えるため、早速、舌のトレーニングを開始です。

 

 

 

 

トレーニング中、舌の位置を治すのに、四苦八苦。

いえ、今を乗り越えれば、輝かしい未来が待っています。笑

 

 

 

 

最初は、今まで発音していた位置を治すのですから、

すぐにできないのは当たり前。

 

 

 

 

「うーーん」と頭を抱える生徒さんですが、

数十分すると、明らかに、舌の位置、発音の強さが変わってきたと同時に、

「発音しやすくなってます」とのこと。

 

 

 

 

トレーニング後に文章をお読み頂きますと、

!」「発音が楽です顔きらきら」と生徒さん。

 

 

 

 

素晴らしいです!

 

 

 

 

効果があってこその「ジャス」の滑舌トレーニングです。

 

 

 

 

生徒さんの場合は、

発音の位置が間違っていたため、

「必要以上に力が入る」ものでしたので、

発音の位置が正しい位置になることで、

結果、「力が抜け、発音がしやすくなった」というもの。

 

 

 

 

基本の位置をご自宅で練習して頂き、

 

 

 

 

先日のレッスン中、「ち」の発音の訓練も行いましたところ、

綺麗な「ち」の音が出たのです。

 

 

 

 

生徒さんも満面の笑みニカ

 

 

 

 

そして、いつもと発音の感覚に違いがあるとのこと。

「今までは、片方に力が入って発音していましたが、

今は均等に動いている感じがあって、楽に発音ができますぐっど」のことでした。

 

 

 

 

まさに、根本的改善ができるように、滑舌トレーニングをした効果です笑う

 

 

 

 

発音しづらい滑舌を治すためには、

意識をして、均等に動かそうと思っても、中々、難しいものですが、

意識をするだけではなく、根本的に「均等に動く舌作り」をすることが大切です。

 

 

 

 

このまま、「に」など、言いづらさが残る言葉を、

どんどん克服して頂きたいと思いますガッツ

 

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる滑舌矯正

滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです

声の診断も行っていますので、詳しくはHPをご覧ください $Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャス

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

舌足らずな話し方を治したい、とお越しになった生徒さん。

話し方が子供っぽい、と言われることがあり、

モタモタした話し方を変えたい、ということでした。

 

 

 

 

舌足らず、と言われる原因は、いくつかあります。

 

 

 

 

例えば、

 

 

1、ら行の発音が不明瞭

2、さ行、た行の発音が不明瞭

3、言葉全体が英語のように、巻いた音になる(R発音のように)

4、速く話すことができない

 

 

 

 

会話中に、上記の点があると、

しばしば「舌足らず」と言われてしまいます。

 

 

 

 

それぞれに、明確な原因があり、

また、根本的な改善方法があります。

 

 

 

 

生徒さんの場合は、

特に、1、2、があることで、舌足らずな話し方、

子供っぽい話し方になっていました。

 

 

 

 

お悩みを話して頂く際も、

さ行など、舌が見えてはいけない発音の際にも、

舌が見える状態電球

 

 

 

 

発音の際、舌が前に出過ぎている、という点も、

舌足らずに聞こえる原因ですので、

早速滑舌トレーニング!

 

 

 

 

ら行の発音が不明瞭な理由、

そして、どのように動かせばよいのかを説明しますと、

生徒さんはご納得の様子。

 

 

 

 

それを元に、実際に、動かして頂きますと、

「自分の舌なのに、コントロールができません汗」とのこと。

 

 

 

 

生徒さんの舌の「右往左往」が止まりません笑

 

 

 

 

トレーニング中、「舌が・・・アゴが・・・疲れます」と歓喜の悲鳴もありつつ笑

 

 

 

 

トレーニング後、文章をお読み頂きますと、

 

 

 

 

顔!」「話している感じが、いつもと違いますぐっど」と生徒さん。

 

 

 

 

素晴らしいです~ビックリマーク

 

 

 

 

どのように違うのかをお伺いすると、

「説明が難しいのですが、いつもは、喉の奥が詰まったような、

感じだったものが、なくなりました。舌も軽いですキラキラ」とのこと。

 

 

 

 

これぞ、滑舌トレーニングの効果です。

 

 

 

 

実は、生徒さんの仰ったことは、

「話している時の、響く場所が違う」ということなんです。

子供っぽい話し方になる場合は、基本的に舌の位置が上がっている場合が多く、

鼻の響きが強い傾向にあります。

 

 

 

 

原因の部分に作用するように舌のトレーニングを行うことで、

舌を強く動かせる状態ができたため、

共鳴の位置も変化し、結果、話し方が変わる、というもの。

 

 

 

 

ヴォイスレッスンジャス」の特長でもありますが、

根本的改善に繋げるためには、舌のトレーニングが必要で、

正しくトレーニングを行うと、必ず効果が出るものです。

 

 

 

 

そして、ご自宅でのトレーニングを頑張って頂きました結果、

先日、日々の調子を伺いますと、

「最近、仕事先で、言葉がはっきりしてきた、と言われましたうひひ

とのこと。

 

 

 

 

素晴らしいです~!

 

 

 

 

ご自身で「良い」と感じるもの以外に、

周りの方から、「良くなった」と言われたことが本当に素晴らしいと思います。

生徒さんの日々の頑張りの成果ですので、大拍手ですパチパチぱちぱち

 

 

 

 

この調子で、苦手な言葉も克服できるよう、

滑舌トレーニングを頑張って頂きたいと思いますガッツ

 

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる滑舌矯正

滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです

声の診断も行っていますので、詳しくはHPをご覧ください $Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャス

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「滑舌の悪さ、早口、どもりなどを指摘されます。」

とお悩みでお越しになった生徒さん。

 

 

 

 

 

「早口を直したい」と、説明をしてくださる間、ゆっくり話せている瞬間と、

突然、ダダダッと速くなる瞬間と、が会話の中で混ざった状態でした。

 

 

 

 

 

ゆっくり話せている時には、落ち着いた印象ですが、

速くなる時には、焦っているような印象です電球

 

 

 

 

 

実は、早口の方は、頭の回転が速い場合がとても多く、

考えた情報のスピードと話すスピードがイコールになってしまうのです。

生徒さんもその一人。

 

 

 

 

 

早く伝えたい、と思ったり、思わなくとも、

ゆっくり話せないという方がほとんどです。

 

 

 

 

 

早口になる理由は、ズバリ!

 

 

 

 

 

「ゆっくり話せる舌」になっていないから。

 

 

 

 

 

当然のことながら、ゆっくり話したくとも、

「ゆっくり話せる舌」になっていなければ、意識をしても難しいものです。

 

 

 

 

 

それでは、滑舌トレーニングを開始です!

 

 

 

 

 

トレーニング中、「舌が疲れますビックリ汗」と生徒さん。

良い事ですOK

 

 

 

 

 

まさに「滑舌トレーニング=運動」です。

 

 

 

 

 

レッスン後、文章をお読み頂くと、

「言葉を一つ一つ発音している感があります。」と。

 

 

 

 

 

素晴らしいです~!

 

 

 

 

 

最初は、ダダダッと速くなってしまったものが、

ゆっくり、はっきりと読めていたこと、

また、語尾が速くなることで、ゴニョゴニョとしていた部分も解決。

 

 

 

 

 

ゆっくり読もう、と思わなくとも、

舌が「ゆっくり、はっきり読める舌」になったことで、

ゆっくり読めるように改善されました。

 

 

 

 

 

早口は、根本的改善をすることで、直すことが可能です。

「舌のトレーニング」の偉大さ。

 

 

 

 

 

そして、ご自宅でトレーニングをして頂いた生徒さん。

最近の調子を伺うと、

 

 

 

 

 

「最近は、ゆっくり話そう、と思うと、

ゆっくり話せるようになってきました。」とのことぐっど

素晴らしいことです!

 

 

 

 

 

医学部ということで、勉強が大変だと思いますが、

その間に練習を頑張って頂いている成果ですので、

生徒さんの頑張りに拍手ですパチパチぱちぱち

 

 

 

 

 

焦ると速くなってしまう、ということがありますので、

その点も改善に向け、引き続き、滑舌トレーニングを頑張って頂きたいと思いますガッツ

 

 

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる滑舌矯正

滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです

声の診断も行っていますので、詳しくはHPをご覧ください $Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャス

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)