滑舌矯正トレーナー・Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャスは日本初、滑舌矯正トレーナーによる
滑舌矯正、滑舌トレーニングを行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです。
滑舌改善のための滑舌トレーニング方法や効果をご紹介します。





$Voice Lesson Justice 代表の日々


日本初、滑舌矯正トレーナーによる滑舌矯正や

滑舌トレーニングを行う渋谷のヴォイスレッスンスクールです

舌筋トレーニング(舌の筋トレ)による滑舌トレーニングが特徴です



テーマ:

 

「ら行の発音ができません、何とか治したいです。」とお越しになった生徒さん。

 

 

 

 

 

詳しく伺うと、発音自体にも違和感があり、話しづらさもあるとのこと。

生徒さんの仰る通り、お悩みを説明して頂く間も、

ら行がだ行の音に変化し、聞こえています電球

 

 

 

 

 

また、仕事中、「自分の意図したことと、相手に伝わっていることが違う」ことや、

「早口になり、自分でも何を言っているのか分からなくなる」ことが多くある、

とのことでした。

 

 

 

 

 

確かに話して頂く間、お口元や発音を聞きますと、

・声がガサガサと掠れているため、語尾が聞き取りづらい。(YES なのか NOなのか不明)

・舌がスムーズに動かないことが原因で、口元を大きく開け、言いづらさが増している。

・正しい舌の位置で発音ができていない。(ら行がだ行に聞こえる)

 

 

 

 

 

例えば、「たら」が「ただ」など。

「鱈」と言いたいのに、「無料」のような汗

 

 

 

 

 

生徒さんの場合は、

「自分の意図したことと、相手に伝わっていることが違う点」について、

話の「内容」だけでなく、「発音」ができていないことで、

「別の言葉として捉えられている」ことが起きていました。

 

 

 

 

 

また、「早口になり、説明をしていても、何を話しているのか、

自分でも分からなくなってきます。」とのことでしたが、

これは、発音が不明瞭なため、ご自身の耳に入ってくる音も当然不明瞭ですから、

脳が混乱してくる、ということ。

 

 

 

 

 

発音が明瞭になれば、この点は解消されますので、

早速滑舌トレーニングです!

 

 

 

 

 

ら行がだ行になってしまう方は、往々にして、

舌小帯が短い方がなりやすい傾向にありますが、

生徒さんの場合、舌の長さは問題なく、

舌先の動かし方に間違いがある状態でした。

 

 

 

 

 

原因は明確ですから、その点を重点的に滑舌トレーニング!

 

 

 

 

 

トレーニング中、

「ら」など、1回ごと区切りトレーニングをすると、

発音も綺麗になりますが、連続すると、舌の動きが悪くなり、

発音の位置もばらつき、音が不明瞭になります。

 

 

 

 

 

四苦八苦しながらでも、

いつも動かしていなかった舌をトレーニングするため、

やはり「舌が・・・頬が・・・冷」と歓喜の悲鳴。笑

 

 

 

 

 

トレーニング後、文章をお読み頂きますと、

舌が正しい位置になりましたので、

音が綺麗キラキラ

生徒さんも、「発音が楽です!」とのこと。

 

 

 

 

 

また、声帯に関しても、適度に力が入り、1時間前よりも、

声の響きが出たため、カサカサが軽減し、聞き取りやすくなりましたぐっど

 

 

 

 

 

ご自宅でのトレーニングを頑張って頂きました結果、

最近の調子を伺うと、

 

 

 

 

 

「ら行の発音が、話していて楽になりましたOK」とのこと。

また、「はっきり言おうと思って、口を大きく開けていましたが、開けなくても発音ができるので、一生懸命話さなくても、話せます笑い」とのことでした。

 

 

 

 

 

素晴らしいです~!

 

 

 

 

正しい滑舌トレーニングをすると、必ず効果はあらわれるものです笑うきらきら

もちろん、ご自宅での生徒さんの頑張りがあってこその効果ですので、

大大拍手ですパチパチぐっど

 

 

 

 

 

まだまだ、気を抜くと、言葉の組み合わせにより、昔の「ら行」になりますので、

その点が解消されるよう、引き続き、トレーニングを頑張って頂きたいと思いますガッツ

 

 

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる滑舌矯正

滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです

声の診断も行っていますので、詳しくはHPをご覧ください 

$Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャス

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

実況アナウンサーのお仕事をされている生徒さん。

 

 

 

 

先日も世界大会のため海外へ!

どんどんお仕事の幅が広がり、嬉し限りですキラキラ

 

 

 

 

レッスン当初は、「滑舌を良くしたいです。」とお越し頂きました。

特に「さ行」「た行」が発音しづらい状態。

 

 

 

 

歯科矯正をされていたこともあり、

日々、歯の位置が移動することも、発音に影響を与えていました電球

 

 

 

 

今月は「この位置の方が綺麗に音が出る」など、

本当に、日々変化する状態。

 

 

 

 

もちろん、今現在のアゴの位置や歯並びの位置で、

綺麗な発音にすることは可能で、

歯が変化するなら、それに合わせて、発音の位置も変化させる!

ある意味、スパルタでしょうか。笑

 

 

 

 

しかし、お仕事がある方にとっては、

今の発音がどうあるべきか、が重要なので、

現状でいかに綺麗な発音に導くか、がポイントとなります。

 

 

 

 

最近は、発音の位置が安定してきましたので、

世界大会に向け、細かく「声」の調整も行いました。

 

 

 

 

実況というお仕事柄、テンションぐっどが上がる際に、

声が裏返ってしまうことは避けたいですし、

その部分をどうするか、

生徒さんの声がいかに活かせるか、など。

 

 

 

 

「話している内容が良くても、言葉や声が不明瞭であれば、

伝わりづらいことも出てきますので、その点をクリアしたい」

という目標のもと、

 

 

 

 

テレビを見て、私が感じた、生徒さんのお声、

実況した試合での生徒さんご自身の感覚、

 

 

 

 

あの時の声は、こうだった、あーだった、

この響きは、こうだった、あーだった、

あの時に、こういう声の出し方をしたかった電球等々。

 

 

 

 

煮詰まらない程度に、生徒さんと議論します。

もちろん、「滑舌」は綺麗に発音ができての「声」の議論です。

 

 

 

 

議論の上、方向性を定め、確実にその形になるよう、

煮詰めてトレーニングを行います。

 

 

 

 

トレーニングは煮詰めます。

議論は煮詰めても、改善されませんが、

トレーニングは煮詰めて、茹だるくらいする方が効果が現れます。笑

 

 

 

 

実況中は、発音のことは意識できませんので、

無意識でもトレーニングが活かせるような、

ジャス」特有の茹だるスパルタトレーニングをレッスンで行いました結果、

 

 

 

 

先日の世界大会での実況は、

大成功!

 

 

 

 

テレビ中継され、反響も大きかったとのこと!

素晴らしいです~!

 

 

 

 

私も、LIVEで拝見しましたが、

以前よりも、発音や声に安定感があり、

聞き心地が良く、生徒さんの元々の良いお声が活かせていて、ブラボー!

 

 

 

 

滑舌も以前よりも格段と良くなっており、感動しましたし、

流石、実況のプロでいらっしゃるので、内容に感服しましたペコッキラキラ

 

 

 

 

後日、実況当日はどのようだったか、伺うと、

「いや~あの時、○○でしたね!」と、

試合の内容についての感想で、

 

 

 

 

いやいや、滑舌の方ビックリマークと思いつつ。笑

 

 

 

 

「少し、声の高さなど気を付けましたが、発音など、気にすることなく、

伝えたい内容を話すことができました笑いガッツ」とのことでした。

素晴らしいです~!

 

 

 

 

そして、引き続き、

先週も、今週も、チェックする番組が多く、

私の休日もてんやわんやです。笑

 

 

 

 

ご活躍が大変嬉しいですし、何より、

今までのトレーニングの成果が大いに発揮されていて

ブラボーですパチパチきらきら

 

 

 

 

今回の実況を振り返り、

生徒さんご自身で「もっとこうしたい」と

課題が出てきましたので、その点を詰めて、

引き続き改善トレーニングを行いたいと思いますガッツ

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる滑舌矯正

滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです

声の診断も行っていますので、詳しくはHPをご覧ください 

$Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャス

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「滑舌が悪く、スムーズに話せません、

仕事でも支障が出てしまい、どうにかして滑舌を治したいです汗

とお悩みでお越しになった生徒さん。

 

 

 

 

 

お悩みを話して頂く間、特定の発音の部分で、

音がこもり、聞き取りづらい状態がありました電球

 

 

 

 

 

特に「音がこもる」発音は、「さ行、た行、ざ行」です。

た行は、「ち、つ」に限定され、「た、て、と」は綺麗に発音できている状態です。

 

 

 

 

 

生徒さんご自身も、自分の口から発せられる「発音」に違和感があり、

発音する瞬間、「どのように発音したらよいのか迷いますガーン」とのことでした。

 

 

 

 

 

耳では、間違った発音になっている、と分かっているのに、

治し方が分からないのは、大変辛いところです。

 

 

 

 

 

また、仕事では「数字」を扱うため、聞き返されることが多く、

「なんとかして治したい!」ということでした。

 

 

 

 

 

「音がこもる」というのは、いくつかの種類と原因があります。

 

 

・声帯

・声を響かせる場所

・舌の位置

・上記複合

 

 

 

声帯や響かせる場所によって、「声のこもり」が起きているのか、

発音時の舌の位置により、「発音のこもり」が起きているのか、など、

原因によって、トレーニングの方法が変わります。

 

 

 

 

 

生徒さんの場合は、舌の位置による「発音のこもり」でしたので、

早速滑舌トレーニングです!

 

 

 

 

 

ジャス」でのトレーニングは、舌の位置や力を確認しながら行いますが、

生徒さんの舌は、パキパキ動きます。

 

 

 

 

 

もちろん、最初は、多少の動きづらさはありましたが、

特段、舌がよれていたり、舌の力が弱い、ということもなく、

少し動かしていますと、すぐに正解の形になるのです。

 

 

 

 

 

苦手な発音に関しては、母音の響かせる場所や舌の位置に

間違いがありましたので、その部分を整えましたところ、

 

 

 

 

 

文章をお読み頂くと、

「読みやすいですビックリきらきら」と生徒さん。

 

 

 

 

 

ブラボーですビックリマーク

せっかく練習をするのですから、効果がなくてはビックリマーク

 

 

 

 

 

正しい位置になると、自然と発音は綺麗になるもの。

この時点では、まだ苦手な発音のトレーニングは行っていませんが、

その段階でも「し、ち」など言いやすくなります。

 

 

 

 

 

この状態で、さ行、ざ行、た行のトレーニングに入るのが、

改善への一番の近道になるのです。

 

 

 

 

 

ご自宅でもトレーニングを行って頂きまして、

「し」「ち」のトレーニングをしましたところ、

 

 

 

 

 

!!

 

 

 

 

 

綺麗に音がなるのです!

 

 

 

 

 

初めて、正しい位置で発音した生徒さん、

「あ!言いやすいです。いつもより、前で発音している感じがしますニコ

 

 

 

 

 

生徒さんのおっしゃる通り、発音の位置が変わったことで、

前で響くようになり、発音が明瞭になる、発音が楽になる、というもの。

 

 

 

 

 

「発音のこもり」を改善した瞬間ですキラキラ

 

 

 

 

 

言葉でも練習が出来るよう、基礎の舌のトレーニングと併せて

練習をしましたところ、

 

 

 

 

 

最近の調子を伺うと、

「仕事中も言いやすくなってきましたかお 」とのことでした。

 

 

 

 

 

会話の中の「し」は、ほとんど気にならない程、

綺麗に発音ができているため、

「し」は苦手だったかな?と錯覚するほどです笑

 

 

 

 

 

効果があるもの、練習を毎日欠かさず、トレーニングをして頂いている成果なので、

本当に生徒さんの頑張りに脱帽ですペコッキラキラ

 

 

 

 

 

どんどん、苦手な言葉を克服されていますので、

このまま、引き続き「じ」など、難関を突破して頂きたいと思います笑うガッツ

 

 

 

 

日本初、滑舌トレーナーによる滑舌矯正

滑舌トレーニングを行う東京・渋谷のヴォイスレッスンスクールです

声の診断も行っていますので、詳しくはHPをご覧ください 

$Voice Lesson Justice 代表の日々

ヴォイスレッスンジャス

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)