東京の伝統野菜「亀戸大根」が葛飾区高砂の農家、鈴木藤一さん(81)方の畑で収穫作業のピークを迎えている。

 江東区亀戸周辺で栽培が始まった亀戸大根は都市化などで栽培農家が減少。亀戸地区で栽培農家はなくなり、葛飾区内でも数件しか栽培していないという。亀戸大根は細身で長さが約30センチ。鈴木さん方では2万本の収穫を予定しており、亀戸の料理店などに提供するほか、葛飾区柴又の葛飾元気野菜直売所にも5月上旬ごろまで毎日30本程度出荷していくという。

【風の間に間に】論説委員・皿木喜久 浪花節で聴く「乃木将軍」(産経新聞)
水俣病 和解成立 熊本地裁で不知火患者会(毎日新聞)
サクラ三分咲き、でも待ちきれない…上野公園(読売新聞)
大阪の府立高教頭が大麻所持、現行犯逮捕(産経新聞)
普天間 民主・喜納氏「県内なら総辞職を」 首相なお県外に意欲(産経新聞)
AD