渦ノ壺

こちらはサックスと歌と俳句と絵画にかまける渦ヨーコ(俳号ギネマ)の頁です。
活動情報、日々の呟き、戯言、見たこと、聞いたこと…等等。
ぐるぐるずるりと記して参ります。

NEW !
テーマ:

残り59日となりました。

 

これまでに、MotionGalleryクラウドファンディングを通じて

宵晴レ座の「絵金縦遊伝」に御寄付頂いた皆様、本当に有り難うございます。

 

「今のご時世に、芝居ごときに銭などくれてやれるか!」って思うのが普通だと思います。

「はあ?絵金?なにそれ。知らないし。この役者もTVとかに出てこないしバラエティとかでも見たことないし。そんなのにお金とか使いたくないしー。」っていうのが一般的だと思います。
そんな世間的・芸能界的常識の中で、私どもに出資して下さった皆様がいらっしゃいます。

感謝の気持ちでいっぱいです。心より御礼申し上げます。

 

皆様は、私どもと一緒に舞台を創って下さるメンバーです。

宵晴レ座と一緒に、生きた絵金さんと初菊さんを舞台に出現させる、魔法使いの一人です。

 

私は、今日現在までに集まった金額を見ながら、その重みをひしひしと感じています。

いいと思ったら、それが有名無名に拘らず、アートにお金を出して下さる方々がいる!

この事実は、こんなにも嬉しくて頼もしい気持ちにさせてくれます!
きな臭い空気が広がり、どんどん殺伐としていく世界の中で、アートの持つ力と役割りというのは、

本当に大きいものです。

それに気付いている方達が沢山いる!
クラウドファンディングはそれが数字になって現れます。

まだまだ目標額には遠いですが、それは私ども宵晴レ座の責任です。

ここ数日は御寄付の動きがありませんでしたので、数字は止まったままです。

でも、まだ59日もあります。

精いっぱいPRに努力していこうと思います。

 

クラウドファンディングが法的に整備され、日本でも急速に広がり始めたのはここ数年のことで、

歴史は浅いといえますが、この広域少額寄付(出資)のシステムによって、多くの優れた作品や

事業が生み出されています。
映画・演劇・音楽・絵画などの芸術分野はもちろんのこと、商品開発・新事業起ち上げ・難病治療・

地域の福祉活動など、様々な分野において大きな資金的原動力となっています。
これは、「一部のお金持ちだけが世の中動かしてるワケじゃないんだぞ!」っていう、

庶民の叫びの表われなのではないのかな…と感じます。

こういったシステムを利用した初めの一歩こそが、大きなうねりの源流となりえるのではないか…

そんなふうに思うのは大げさでしょうか。

 

国内・海外のクラウドファンディング成功例を見ていると、1週間で700万円集まったとか、

3日で5万ドル越えとか、その金額に目を奪われますが、やはり公益性の高いものがそういった

高額寄付達成に繫がっている様に思います。

 

私どものやっている「絵金縦遊伝」は、土佐の高知に生きた幕末の絵師の物語です。

どちらかと言えば地域性重視です。幕末土佐に特化した舞台です。

確かに、公益性という意味では薄いかもしれません。

でもそこには、動乱の時代を生き抜いたアーティストの生命力、後に伝わる素晴らしい作品群、

この絵師の持つ無限に広がる芸術性が大きなパワーを維持したまま、地域に残っています。

この絵師の生きた人生を、残してくれたものを、より広くより深く知って頂きたい!というのが、

私達宵晴レ座の願いであり、仕事です。

そして、舞台を観て下さった方が、絵金を通じて見えてくる「アートと人生と地域の関わり―」なんてことを周りにも伝えて頂けたら、これはある意味「公益性」がある、と言ってもいいのかもしれません。

あはは。大口叩きました(笑)

 

そんな大それたものではありませんが、宵晴レ座はアートの力を信じている集団です。

このような活動を「馬鹿な人達・・・それで幾ら儲かるのかしらね~?」で片づける方々も

確かに多くいらっしゃいますが、必要だからそこにアートがあるのだ、

利益追求だけが成功とは言わないのだ、と私は思っています。

 

私どもに御寄付頂いたこの貴重な資金を無駄なく使用させて頂き、意味のある舞台を創りあげる!

今はそこに向かってひた走っています。

 

舞台は自分達の思い出作りをする場所ではありません。

観る人に何かを残さないとやっている意味がありません。

御土産を持って帰って頂かないと、それはただの「劇」です。

 

「何かを残せる舞台」とは何でしょうか?

それは、ただ一つ、あたりまえですが、「良い舞台」です。

 

応援して下さっている皆様、

宵晴レ座は、絵金さんと初菊さんを連れて、

必ずそこに参ります。

 

どうか引き続きのご支援をどうぞ宜しくお願いいたします。

 

---------------------------------------------------------------------------------
二人芝居『絵金縦遊伝(えきんしょうゆうでん)~漁り火の向こう~』
―幕末土佐を生き抜いた孤高異端の絵師・絵金と妻初菊の物語り―...

【日時】平成29年11月25日(土)13:30開演/18:30開演
        11月26日(日)14:30開演 (計昼夜3公演)
    
  ※全公演、開場は開演の30分前です。整理券を開演2時間前から発券いたします。
    
【入場料】前売り・ご予約3,000円/当日3,500円(※中学生以下半額)《全席自由席》  

【会場】弁天座(高知県香南市赤岡町795番地 TEL:0887-57-3060

【出演】神山てんがい(絵金役) 上森ひろみ(初菊役)   
    ナカヒラ ミキヒト(ギター・唄・語り)  阿坐弥(三味線・唄・語り)

【作・演出】神山てんがい

【照明】松本伸一郎(あかりとり)

【総合プロデユース】渦ヨーコ

【企画・制作/宵晴レ座】

【後援】高知県 / 香南市 / 弁天座 / 絵金蔵

 

★また、この度、平成29年度 高知県芸術祭 助成事業 KOCHI ART PROJECTS 2017」の一環として催す栄誉を頂戴いたしました!有り難うございました!★

 

※絵金蔵にお立寄りの際は、公演チケットまたはチケット半券をご提示頂けましたら、
 観覧料50円引でご入館できます。(11/25・11/26のみ)
※公演期間中、古民家「赤れんが商家」にて土佐和紙アートの展示他、楽しい企画が進行中です。
※11/26(日)の最終公演後、赤岡町の古民家「赤れんが商家」にて交流会があります。(参加費別)

 

【ご予約・お問い合先】 
 ◆弁天座  E-mail:bentenza@me.pikara.ne.jp
       TEL&FAX:0887-57-3060 
 ◆宵晴レ座 E-mail:info@yoibarezaekin.com       

【前売り券販売所】
 ◆香南市:弁天座 TEL:0887-57-3060
      絵金蔵 TEL:0887-57-7117
 ◆高知市:高新プレイガイド TEL:088-825-4335
      高知市文化プラザかるぽーと TEL:088-883-5011
      高知県立県民文化ホール TEL:088-824-5321
      金高堂書店高知県立美術館店 TEL:088-866-7653

 

宵晴レ座「絵金縦遊伝」
E-mail:info@yoibarezaekin.com
HP: http://www.yoibarezaekin.com/
ブログ:https://ameblo.jp/yoibarezaekin/

★★クラウドファンディング支援サイト★★MotionGallery


『幕末土佐の絵師「絵金(えきん)」の物語「絵金縦遊伝」の舞台を東京から高知・赤岡へ!』
https://motion-gallery.net/projects/yoibarezaekin
---------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日7/20(木)、いよいよチケット発売開始です!
前売り券は500円お得となっております!皆様、ぜひお早めにお買い求め下さいませ。
前売り券を購入に行けない!という遠方の方は、ご予約を承りますのでご安心下さい(^0^)
この記事の拡散にもご協力頂けましたら幸いです。
★クラウドファンディング支援サイト『 MotionGallery』★も9/22までやっております!
こちらもどうぞよろしくお願いいたします!
-------------------------------------------------------------------------
二人芝居『絵金縦遊伝(えきんしょうゆうでん)~漁り火の向こう~』
―幕末土佐を生き抜いた孤高異端の絵師・絵金と妻初菊の物語り―


【日時】平成29年11月25日(土)13:30開演/18:30開演
                      
11月26日(日)14:30開演 (計昼夜3公演)     
※全公演、開場は開演の30分前です。

※整理券を開演2時間前から発券いたします。

     
【入場料】前売り・ご予約3,000円/当日3,500円(※中学生以下半額)《全席自由席》  

【会場】弁天座(高知県香南市赤岡町795番地 TEL:0887-57-3060

【出演】神山てんがい(絵金役) 上森ひろみ(初菊役)   
     ナカヒラ ミキヒト(ギター・唄・語り)  阿坐弥(三味線・唄・語り)

【作・演出】神山てんがい

【照明】松本伸一郎(あかりとり)

【総合プロデユース】渦ヨーコ

【企画・制作/宵晴レ座】

【後援】高知県 / 香南市 / 弁天座 / 絵金蔵

 

★また、この度、平成29年度 高知県芸術祭 助成事業 KOCHI ART PROJECTS 2017」の一環として催す栄誉を頂戴いたしました!有り難うございました!★

 

※絵金蔵にお立寄りの際は、公演チケットまたはチケット半券をご提示頂けましたら、
  観覧料50円引でご入館できます。(11/25・11/26のみ)
※公演期間中、古民家「赤れんが商家」にて土佐和紙アートの展示他、楽しい企画が進行中です。
※11/26(日)の最終公演後、赤岡町の古民家「赤れんが商家」にて交流会があります。(参加費別)


【ご予約・お問い合先】 
  ◆弁天座  E-mail:bentenza@me.pikara.ne.jp
       TEL&FAX:0887-57-3060 
  ◆宵晴レ座 E-mail:info@yoibarezaekin.com       

 

【前売り券販売所】
  ◆香南市:弁天座 TEL:0887-57-3060
      絵金蔵 TEL:0887-57-7117
 ◆高知市:高新プレイガイド TEL:088-825-4335
      高知市文化プラザかるぽーと TEL:088-883-5011
      高知県立県民文化ホール TEL:088-824-5321
      金高堂書店高知県立美術館店 TEL:088-866-7653


宵晴レ座「絵金縦遊伝」
E-mail:info@yoibarezaekin.com
HP: http://www.yoibarezaekin.com/
ブログ:https://ameblo.jp/yoibarezaekin/

 

★★クラウドファンディング支援サイト★★『 MotionGallery』

『幕末土佐の絵師「絵金(えきん)」の物語「絵金縦遊伝」の舞台を東京から高知・赤岡へ!』
https://motion-gallery.net/projects/yoibarezaekin
 --------------------------------------------------------------------------
どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっと報告が遅くなってしまいました(><)
私がプロデュースしているお芝居、「絵金縦遊伝」の絵金役・神山てんがいのインタビュー記事が、6/26月曜日発売の週刊大衆「シリーズ・人間力 -この人を見よ!-」掲載されました!

じっくり絵金さんとこの舞台への想いを語っております。
皆様読んでくれたかな。。。
 

さてさて♪
6/26月曜日発売の「週刊大衆」を買いそびれた方にお知らせです(^0^)♪
昨日(7/6)から「WEB版日刊大衆」で、神山てんがいインタビュー記事が公開されました!
『6/26週刊大衆 シリーズ・人間力 -この人を見よ!-』のコーナーに掲載された記事です。
是非読んでみて下さいね~(^^)
「WEB版日刊大衆」

 こちらです★

    ↓
https://taishu.jp/detail/28412/

ぜひぜひ読んで下さいませ。
よろしくお願いいたします!



 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年11月に、ずっと東京でしか上演されていなかった、幕末土佐の絵師・絵金のお芝居。

ついに高知公演が決定いたしました!

 

二人芝居『絵金縦遊伝(えきんしょうゆうでん)~漁り火の向こう~』

―幕末土佐を生き抜いた孤高異端の絵師・絵金と妻初菊の物語り―

 

なんと言っても絵金は高知のものです。役者も制作も、高知公演は悲願でした。

そのために、本当に長い間の下準備と、実績を重ねて参りました。

 

あの妖しさ、艶めかしさ、力強さ、血とエロスとユーモア...

一度観たら虜になるその絵の力...何度見ても飽き足らないあの不思議な魔力...

絵金に憑りつかれたようになることを、「絵金に噛みつかれる」と、土佐の人達は言います。

宵晴レ座は、そんな人達が集まった、絵金の芝居だけをやるチームです。

 

東京から高知へお芝居一式持って行くのは、本当に大仕事ですが、私達は絵金の故郷・高知の方々に、このお芝居を観て頂きたいと心から思っています。
また、絵金の妻・初菊との物語は、過去に絵金を扱った舞台や映画を見渡しても、初!の事です。
 

この稀有なる舞台を成功させるためにも、公演本番を円滑に迎えるためにも、初期費用を賄える資金が必要です。

この小一座の試みに賛同して頂ける方々がきっといらっしゃると信じています。

なにとぞ、応援とご支援を宜しくお願いいたします。
 

MotionGalleryでクラウドファンディングが、6/22から始まっております。

期間は9/22迄です。あと87日です!
まずはサイトを見て頂き、私達の絵金の芝居にかける想いをお汲み頂ければ幸いです。
お心に留まりましたら是非、ご支援をお願いいたします!1,000円からご支援頂けます。

★MotionGallery★

幕末土佐の絵師「絵金(えきん)」の物語「絵金縦遊伝」の舞台を東京から高知・赤岡へ!

https://motion-gallery.net/projects/yoibarezaekin

 
どうぞよろしくお願いいたします!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。