カノン上映会

テーマ:
この一週間、不思議でした!

どこから書いたらいいのか分からないですけど、上映会までの経緯を順番に書いてみます。

まず、
去年の11月に映画『カノン』を見ました。
{535D2EF6-2510-472E-9CB6-5AD4C6109FBC}


その時に、『私はカノンの上映会をする!』
と、決めました。

『カノン』は、アルコール依存性やDVやモラルハラスメントを描いた映画ですが、最後はピアノの演奏で感動しました。心が温かくなりました。
{12BC0969-7821-4CC6-8ED6-7D07736D7F8F}


なぜ、アルコール依存性になるのか?が分かる映画ですし、アルコール依存性の親に育てられた子供がどんな苦しみを持つかも分かる映画です。
そして、そのトラウマをどうやったら克服出来るか?のヒントになる映画と思いました。


『カノン』は中国で大きな賞(『おくりびと』が受賞した賞)を受賞しました。
{2CB4184F-F2C9-40F2-8F15-4675CF9116EF}
▲右手を上げてる男性が雑賀監督、隣の女性は鈴木保奈美さんステキ!


日本では、もちろん映画館で上映してましたけど、なんと! 三重県や鳥取県ではアルコール依存性シンポジウム的な感じで、県が主催で上映会をしています。京都市も主催しています。


私は、大阪府も『カノンの上映会をやって欲しいなあ』って思ってるんですが、大阪府の方に知り合いがいないので、自分で上映会をやっちゃおう!と、決めました。
そこに、大阪府の方に来て頂けたら嬉しいです!
雑賀監督が作った映画を見て頂きたいから。

それで、先週は良工房のHPに『なぜ、カノン上映会がしたいか?』を描いてみました。
そのページはこちら


そしたら、上映会をどこでやるかが決まりました!
毎月一度、立命館大学大阪いばらきキャンパスで『稲盛経営哲学研究センターRITA LABO』と良工房の共催で行っているイベント【『利他の心』で集う自助カフェ】があるのですが、その一つとして、2/17に『カノン』上映会をやる事が決まりました。

{C0CBF442-CA8A-41DD-B383-F15D1FB0FDC8}


この映画で家族の大切さが分かって、家族がもっと仲良くなるかもしれない。アルコール依存性の方も何か感じるかもしれない、その子供も何か感じるかもしれない。家族が仲良くなれば世界が平和になるかもしれない。
だから、
『お金を払ってでもやりたい!』
それくらいの思いが私にはあるのです。

定員30名、入場無料!
申し込みはこちら

きっと必要な方に届く事になると思います。

{9B74F68D-DC6E-4EC0-9C15-B88778D1ACDC}

{4573E3D7-5B0F-495C-BC41-7C6157AE637D}
▲アルコール依存性を演じる鈴木保奈美さん。名演技です。

{71D5BB8F-8871-4A5E-A813-C407E2FC11C8}

どうぞ、よろしくお願い致しますm(_ _)m

AD