こんにちは。


Rの上野理恵です。


今日は私の出産と仕事について書きたいと思います。


育児で行き詰っていた私の実体験です。

(過去記事に追記してアップしています。)








私は1人で仕事始めてから、約6年になります。



と、言っても、娘が小さいうちは、

なかなか思うように動けないことの方が多かったです。




現在は生まれ育った泉佐野市に旦那と娘と住んでいますが、

高校卒業して地元をずっと離れていた私は、

出産も最初の子育ても大阪市内でしました。




お義母さんはフルでお仕事してる人だったし、

実母は当時は末期ガンだった父の世話で、

なかなか来てもらえる状態ではありませんでした。

なので、里帰り分娩もしませんでした。

何よりも実母と2日以上いてると険悪になるし。




娘が昼寝している時間や、

夜寝静まった後に、WEBの仕事をしたり、

アクセサリーの製作をしていました。








でも、子供なんてこっちの思い通りに動いてくれるわけもなく、

なかなか集中して仕事に打ち込めませんでした。

勤めていた会社の事業部はなくなったから戻る場所もない。

ということは、大阪市北区の保育園なんて簡単に入れない。

たまに一時保育に預けてはいましたが、

金額も高く、頻繁には無理でした。



何よりも、出産後、体調を崩していた私は、

精神、身体共にとても不安定だったので、

社会から取り残されたあの孤独感に耐えられませんでした。




仕事が生きがいのような私でしたが、

本当は、両親、特に母に認めてもらいたかったんだろうな、と

今ではとても分かります。



出産前までバリバリと、しかも好きな仕事をしていた私は、

初めての出産で切迫早産、妊娠高血圧で寝たきりになり、

自分の体が予想以上にボロボロなのに、

自宅でほぼ一人で授乳や寝かしつけ。

気分のいい時は可愛く見える赤ちゃんも、

気持ちが苦しくなった時には、

自分に着けられた、ただの足枷にしか感じませんでした。




旦那は仕事も忙しく、早くは帰ってこれませんでした。

残業が続く日も多く、私が娘と寝てしまっている日には、

私は誰とも話すことなく1日を終える日も多かったように思います。








そんな中でも、旦那は遅くに帰ってきてから洗濯してくれたり、

慣れないご飯を作ってくれたりと、一生懸命でした。

今でも心から感謝しています。

旦那がいなければ、私は自殺していたと思います。

体調が悪く、動き回れなかったのが幸いだったかもしれません。



それでも孤独感と疎外感、無価値観に苛まれ、

想像以上にしんどい子育てに、



『死にたい、なんで私子供産んだん?

『やっぱり私には子育てなんて無理やったんや』

『私は我が子を愛せない最低な母親だ』



と、以前のうつ状態が一気に戻ってきた感覚でした。


毎日死にたい思いに囚われ、

泣いてる娘を見てはヒステリーを起こし、

怒鳴っては罪悪感に押しつぶされそうになり、

娘を抱きしめて


『ごめんね、こんな母親で・・・』


と泣いてばかり。



親しい友達も近くにいない。

両親はガンのことで大変。

お義母さんも仕事で大変だし・・・

誰にも弱音を吐けませんでした。



ううん、事情がなくても、相談できなかったと思います。



子供を授かるまでは、

子供を産めば、自動的に母になり、

当たり前に愛せるものだと思ってるところもありました。



『母親のくせに、子供を愛せないなんて・・・』



唯一、旦那には感情をぶつけたりもしていましたが、

言ってることが支離滅裂なうえに、

疲れて帰ってきて、子供なんて産むんじゃなかった!とか聞けば、

誰でも疲弊するのは当たり前だと思います。

旦那も相当疲れていたと思います。







それでも、いつも向き合ってくれていた旦那は、

大阪市北区の保健福祉センターに相談していました。

一時保育でもいいから、なんとか妻の負担を減らしたい、と。



ある日、保健師さん2人が訪ねてきました。

1人は私と旦那の普段の様子を聞いてきました。

もう一人は、



『よしよし、おばちゃんがおむつ替えてあげるね~』



と言いながら、替えていましたが、



『ああ、ああやって体中チェックして虐待してないか見るんだな。』



とちょっと嫌な気持ちにはなりましたが、

とても優しい保健師さんたちで、

私の状況を親身になって聞いてくれた記憶があります。



そして、ママ友さん作ろうよ、とか、

近くの支援センターで母子交流会あるから、

お母さんも一緒に行ってみましょう、とか、

いろいろ勧めてくれましたが、

一応付き合ってはみたものの、

ママ友を新しく作ることはしませんでした。

そんな気力もなかったのが正直な気持ちです。



でも、保健師さんの紹介で、

週に2回だけ、一時保育を快く受けてくださった保育園がありました。


今年に入って知りましたが、

その保育園の園長と、今の保育園の園長はよく知った間柄だったみたいです。

世間って本当に狭いなあ・・・。



一時保育に預けだして、

やっと自分一人の時間ができ、

少しずつ少しずつ心も安定してきました。







私に足りなかったのは、


『人に甘えるということ』


でした。



きっと忙しいかもしれない、
きっと迷惑かもしれない、

きっと断られるに決まってる、



断られるのが怖くて、

ちゃんと母親出来てないと思われたくなくて、

批判、否定されるのが怖くて、

理恵ちゃんは強いって思われてるんだから、


そんなことが頭の中をグルグル回っていました。



身内でも他人でも、

しんどい時は本気で頼ることをする、

私が一番苦手なことでした。



こうやって他人に助けてもらい、

私は1人じゃないと思える経験が増えていき、

どん底の精神状態から少し浮上したところで、

次は父がガンで亡くなりました。



父のことはまた改めて触れますが、

一緒に病院へ行ったり、

ガンのことを散々調べて担当医と一緒に戦った、

そんな感じだったので、悲壮感はありませんでした。

もちろん、今でもいてくれたら・・・と思うことはたくさんあります。




この父の死がキッカケとなり、

私は約20年ぶりに地元に帰ることになります。




今もまだ子供のことで苦しく思うこともあります。
でも、悩んで、泣いて、頭を打っても、

今は胸を張って言えることがあります。

それは、同じ状態は一生続かないということ。





娘が小さい頃は、長い、長い、出口のない、

真っ暗闇のトンネルを一人でさまよっている感覚でした。


私よりもっと大変な人がいる、

あんたより孤独な子育てしてる人いる、



そうかもしれません。


でも、私が言いたいのは、

しんどさ、辛さなんて人にはわからないんです。

思いを馳せることはできても、
本当に理解なんてできません。



でも、寄り添うことはできるんじゃないかって思ってます。



日本の母親神話で弱音を吐けないママ。

これくらいのことで子育てしんどいって言ったらいけないんじゃないか?

子供を愛せてないって批判されるんじゃないか?

そんな思いで辛い感情を押し込めていても、

私みたいに行き場をなくすだけ、

私みたいに死にたくなるだけ。


自殺したり、悪意を子供に向けてしまう前に、

誰かに吐き出してみてほしい。



私はなかなかできなかったけれど・・・。



それでも、ここまできました。

娘は6歳。

私も母親歴、まだ6年。



まだまだ娘ともいろいろあるでしょう。



でも、死ぬときに笑える人生にしたいと思っています。

続きはまたの機会に書きたいと思います。


ありがとうございます。





 

セッション・コンサルティング
~ハダカの自分であなただけの世界観を魅せていく~

■ハダカの自分プロジェクト(3ヵ月間マンツーマン)



~方向性や好きなことがわからないそんなあなたは~

■あなただけの世界観を創る・好きなことワーク※準備中



~上野理恵と2人きりでハダカトーク&カードリーディング~

■ハダカの自分マンツーマンティータイム※準備中


ちょっと笑える、Rの上野理恵の旦那ブログ


FacebookとInstagramも更新しています。
お友達リクエスト、フォロー大歓迎です



こんにちは。
 
Rの上野理恵です。
 
 
3月のランチ会第一回は、
 
コラボランチ会となりましたハート
 
 
image
 
 
 
 
 
 
【オンナの本音朝食会×ハダカの自分ランチ会】

中山しほと上野理恵のコラボランチ会!
 
 
image
 

オンナの本音とハダカトークで、

トークの行方が見逃せないハート

少人数で濃密な時間を楽しみましょうガーベラ


■日時3月4日(土)11:30~
■場所 なんば近郊
■定員4名→残3名
■参加費3000円(飲食代別)
当日お支払いください。
 
セッション・コンサルティング
~ハダカの自分であなただけの世界観を魅せていく~
■ハダカの自分プロジェクト(3ヵ月間マンツーマン)

~方向性や好きなことがわからないそんなあなたは~
■あなただけの世界観を創る・好きなことワーク※準備中

~上野理恵と2人きりでハダカトーク&カードリーディング~
■ハダカの自分マンツーマンティータイム※準備中

こんにちは。


Rの上野理恵です。


下矢印過去記事に加筆して再アップです。




はい、昨日の記事を書いた後から、


『自己否定』『自己卑下』。母親の呪縛。私は誰?



奥深く封印していたものが・・・


次から次へとあふれ出してきてしまい、


矛先はもちろん、旦那。下矢印




{1DC7566A-8463-4D72-B7C4-BE311B235B6B}






『なんか寂しい。』

『いろいろうまくいってるのに気持ちが重い。』

『ひとりぼっちな感じがする。』



・・・



私:『うわぁぁぁぁぁん!!!』






といきなり自分でも意味不明なくらい、


テーブルに突っ伏して肩を揺らせて大号泣。





旦那:『え?どうしたん?なんで?笑w』




笑w←なんで?笑





背中をポンポンされながら、




旦那:大変やな~~~(軽っ!)





しばらくして、ちょっと落ち着いたころに、

旦那が笑いながらティッシュで顔をぐしゃぐしゃに拭いてきて、



旦那:『それで、どうしたん?



私:『なんかよくわからへん。』



旦那:『いや、わかってるやろ。』




私:チーンチーンチーンチーンチーン




旦那は基本的に私が話すまで、


何も話しません。


で、どうしたん?


で、どうしたいん?


くらいしか聞いてきません。


ただ横にいるだけ。




私は話すまで時間がかかる人です。


最近ではすぐに話せるようになっていますが。




昨日母のことを書いて、


急に愛されてなかった

小さな私が出てきたみたいで。



旦那に私が望んでいる態度されなくて寂しかった昨日。


いつもなら気にならない些細なことでした。




『でも、なんで構ってくれないの?


『なんで優しくしてくれないの?


『なんでそっちから話聞いてくれないの?



{C657C82F-5DAD-4A1B-AB65-C44A95B147BC}




いつもは感じないことが溢れてくるーーーゲッソリゲッソリゲッソリ






勝手に冷たく感じて、


挙句の果てに、




『何かあるんやったら言ってよ!!





なんやねん、私滝汗





そんなこんなで泣いてしまった今日。


上記のことも全部伝えました。






旦那にポツポツ話し出したら、


溜め込んでいないつもりだったことが判明。





母のこと、やっぱりまだ残ってました。


出来事全てを母に愛されなかった(という思い込み)ことに


繋げて悲しんで怒って。


どんだけ囚われたいねん滝汗





そして無意識に我慢していたこと。


今の環境に関して、


旦那が転職先を決めずに退職して、


今現在無職で生活が不安定な(2017年2月現在、定職についてますニヒヒ)


これに対して、不安をちゃんと伝えていなかったこと。


先に仕事辞めて、今の状態なのは本当に良いんです。


ただ、それに伴って、



本当はとても不安です



ってただ本音を伝えたら良いだけなのに、



良い奥さん、良い人ぶった自分



がまだいてたみたいで、



不安だけど、大丈夫やで!!



と歪曲して伝えていたこと。


このちょっとの無意識の我慢が


溜まりに溜まっていたみたい。


私自身もそこに気が付いたのは今日です。ガーン




この不安も実はあるところから来ているのですが、


長くなりすぎるので、


お金のことを書くときに触れたいと思います。




それから、

やっぱり私が稼がなあかん!!

と勝手にしんどくなっていたこと、

旦那が以前、私が死にかけにならないと、

頑張る気はないと言ったこと(笑)

全部がなんだかやっぱり愛されてない、に繋がる。

と伝えました。


旦那:『俺に頑張ってほしいん?

いろいろ察してほしいん?


私:『…頑張ってほしい。…いや、違うわ。

頑張っても察してくれても嬉しくないわ。』



旦那は言いました。



『理恵はどうしたいん??どうなりたいん??



私は



『人気者かな?笑』



と半分冗談で言ったら、




『そうやろ?幸せになりたいわけじゃないんやろ?


それやったら不幸なカリスマになったらええやん。


いつまでも母親恨んでたらいいんちゃう?





ゲッソリゲッソリゲッソリゲッソリゲッソリ





『そんな言い方、ひどいーーーーー!!!



しばらく号泣笑い泣き笑笑笑

 





『あははは、ごめんごめん。笑』




笑うな(笑)



でも、旦那のそのセリフで目が覚めました。


そう、私がなりたいのは幸せな自分


そして、それはもう今ここにある






さらに旦那は、




『あのさ、愛されたいとか愛されてなかったとか、


いろいろ言うてるけど、


理恵のお母さんは理恵を愛してなかったで。


愛はあったと思うけど。


理恵の望む形の愛はくれへんで。


理恵はもう人生自分で生きてるやん?


残りの人生にお母さんなんか影響せーへんやん。


弱ってきたら面倒とかは見なあかんやろうけど。


それやのになんで囚われてるん?


あの人は無理やで。変わらんで。


だから、早く自分の人生生きたほうがええで。』






そう言われて、


ああ、小さな私を私が抱きしめてあげてなかった。


寂しかったね、私。


そう思った瞬間、


寂しそうな小さな母も見えた気がして、



母と私のへその緒がやっと切れた感覚がしました。




{1AD923FC-E97D-44BE-9208-4F35E32D2B73}




星はるちゃんのブログ
めっちゃわかりやすく解説しています。
右矢印子宮のお宮わけ





私:『ありがとう。』




旦那:『ホンマ俺っていい旦那さんやわ~


出会えた理恵は幸せやなっニヒヒ


俺、今日から


心屋珍之助・岡田哲夫って名乗るわ。


心屋仁之助さん、岡田哲也さんのパロディです・・・ごめんなさい)』



私:『はいはい、そうやねえー笑』




心に重くのしかかっていたものが


気が付いたらなくなっていました。



旦那は岡田さんがブログで口酸っぱくして言ってることを、


グサグサ言ってきますガーン




『だから?で、どうしたいん?』


『やるかやらんかでしょ?




心が弱ってるときは、めっちゃ腹立つときもあるよ!!




『今は、ヨシヨシって頭撫でるところじゃムキー


『そんな言い方は今はいらんねん!あほ!




などなど、私も言いたい放題ですニヒヒ




でもね、


自分と両想いじゃなく、


さらにはパートナーシップも全然ダメ、


そんな状態で外の世界に何かを発信したって、


しんどくなるだけ、うまくいかない。


って嫌っていうほど経験してきた。




だから、自分と両想いから。


そして、パートナーシップ。





世間でいう甘い優しさはない旦那ですが、



いつも大きな愛を感じています。


いつもありがとう。




いつまでも私のサンドバックでいてください。笑




 

セッション・コンサルティング

~ハダカの自分であなただけの世界観を魅せていく~

■ハダカの自分プロジェクト(3ヵ月間マンツーマン)



~方向性や好きなことがわからないそんなあなたは~

■あなただけの世界観を創る・好きなことワーク※準備中



~上野理恵と2人きりでハダカトーク&カードリーディング~

■ハダカの自分マンツーマンティータイム※準備中



ちょっと笑える、Rの上野理恵の旦那ブログ




FacebookとInstagramも更新しています。

お友達リクエスト、フォロー大歓迎です