2007-04-15

■訃報:カート・ヴォネガット逝去

テーマ:こんなもん読んだ
米文学の異端的巨匠カートおじさんが亡くなった。

先日のJBに続いて
わしの心の師がまたひとり。。(T-T)ハァ

荒唐無稽のストーリー
一見、SFのようである。

ウィットに富んだ独特の語り口と
ぐいぐい読ませる強烈なグリップ力

そして、SFの枠におさまりきらない
その合間に見え隠れする
深い深い洞察と哀しみ。

ヴォネガットおじさんは、
唯一無二の存在だった。

ヴォネガットの前にヴォネガットなし
ヴォネガットの後にヴォネガットなし

合掌(T人T)



カート・ヴォネガット, 浅倉 久志
スラップスティック―または、もう孤独じゃない
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-02-11

■水野 宗徳「おつぱいバレー」感想 <CyberBuzz>

テーマ:こんなもん読んだ
せんだっての映画「幸福な食卓」は
女子の視点で描かれたファンタジであったが、
今回の「おつぱいバレー」は、男子、おばかな男子の寓話である。

最初にゆっておくが、これは上質な小説ではない。

アラがいっぱいある。

つーか、アラだらけである

小説の技術的な観点からみれば
”かなりヘタ”に分類されると思う。

でも、ま、いんぢゃいでしょうか
こゆーのも。

わしも、40秒ごとにエツチな妄想が頭に浮かび
どんなささいなことにもエ口的なことを連想し
かっこつけたつもりが滑稽になる
不変的”おばか中学生”だったからだ。

放置コンテナの中とかに秘密基地をつくり、
その中に拾ったエ口本をためこんだことがある
おばか男子なら共感できることしきりだろう。

いささか紋切り型ではあるが、
熱くベタな青春物語である。

【今日のまとめ】
肩の凝らないエンタテインメント。

おつぱいバレー/水野 宗徳

¥1,260
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-10-29

■拳闘士の休息/トム ジョーンズ

テーマ:こんなもん読んだ
拳闘士の休息/トム ジョーンズ

¥1,835
Amazon.co.jp

最近、こーゆう面白い本にとんと出会っていないなぁ。。(´・ω・`)

登場人物の強烈すぎるキャラクター。
ぐいぐい読ませる抜群のストーリー・テリング。

これでもかと畳み掛けてくる言葉。
溢れ出るイメージ。

緻密とか精緻とかいった形容詞とは無縁の
無骨でワイルドで、勢いのある文体

ビリビリくる。

読者を鷲掴み(わしづかみ)にして離さない
強烈なグリップ力。

そして、そこに確かに存在する”ボイス”

一度も経験したことのない
唯一無二の不思議な読後感をもたらす。

【今日のまとめ】
これ絶版なので入手困難。
ブックオフでみかけたら即ゲットせよ(ぷ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。