2017-05-24

■プラハ点景。( ´_ゝ`)

テーマ:☆東欧4カ国


カレル橋の風景。

ごはんのあと
プラハの町をぶらぶら。



プラハ城まで
のぼってみる。


大聖堂











【今日のまとめ】
フォトジェニックな町( ´_ゝ`)






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-22

■東欧の洗礼(´・ω・`)

テーマ:☆東欧4カ国



15時、プラハのバスターミナル到着

アゴダで予約している
ホステルまで20分ほど
歩いてむかう。

町中に、観光客
特に、韓国人と中国人が
あふれている。

宿も12人部屋で
うち8人が韓国人(´・ω・`)

でもって、ぜんたいに
いめーじとして、
(あくまでも個人的なイメージですよ)
韓国人は、閉鎖的、あまり
フレンドリーではない。

小声で挨拶すればいいほう
(個人的イメージですよ)

である(´・ω・`)

カップル、友人同士
家族で旅行をしている。

まあたらしい、スーツケースで
ドミに泊まる。
(個人的なイメージ)

町をぶらぶらしながら
レストラン探し

観光客が多く
店探しが難航。

老舗っぽいビアホールを
みつけるが観光客で
席がうまっており、パス。

そうこうするうちに
わしの旨いもんセンサーが
反応する。

ここ食えワンワン( ´_ゝ`)



Hostinec u Rotundy
なかの様子がうかがえない。

表のメニューは
くたびれていて、のきなみ安くて、
よさげ。( ´_ゝ`)

ここにしよう。

はいってみる。

ローカルオンリー。

だが、しかし、
完璧に無視である。

店員のじいさん
いっらしゃいもなし
こちらをみもしない。

店員のおばちゃん
せわしなく、厨房と
ホールをいったりきたりするが
わしのことは完全にスルー。

ああ、おいしそうな
スープが鼻先をかすめていく。

うまそうなビール(´ρ`)。

しかし、席を陣どるローカルたちも
あまえ、なにしにきたんだ的な
冷たい視線をむけてくるだけで、
ふつうなら、よくきた旅人的な
歓待感はゼロ(´・ω・`)。

席をあけてくれる気配もなく。

呆然とたちつくす他ない。

(´・ω・`)

ここまでのアウェー感は
ちょっと、いままでない。

さすが、もと社会主義国

(´・ω・`)

5分ほど、店先で
まってみたが、
まったく相手にされず。

すごすご退散である。

(´・ω・`)

店をでて、他をさがすが
うーん、なんか違う。

しっぽまいて、にげてきたのも
なんか釈然としない(´・ω・`)

負けた感をひきづるのも
わしのしょうにあわない。

というわけで、一周して、
覚悟をきめ、さっきの店へ
再ちゃれんじ( ´_ゝ`)である。

そう、わしは負けず嫌いである。

( ´_ゝ`)マケルモンカ


今度は、あら、またきたの的な
かすかな反応があった。

かまわず、店内へ突入し
ちょうどあいた席へ座る。

おばちゃん、しかたないわね的に
うけいれてくれる。



「ウトペネッツ」。チェコ語で「溺死体」を
意味するらしい、ソーセージの酢漬け

ぐぅ(´ρ`)



ザビナーチュ」はニシンの酢漬け。

ぐぅ(´ρ`)

ビールをおかわりするころには、
おばちゃんなんか、ちょっと
優しくなったような気がする( ´_ゝ`)

しめて、100コロネ

【今日のまとめ】
なせばなる。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-16

■ウィーン到着。痛恨の失敗編

テーマ:☆東欧4カ国
台北からウィーンまでは
およそ半日、13時間ほどの
フライトである。

深夜にでて、
7時間の時差があるので
翌早朝に到着する。

離陸をしたら
食事をスキップして
ひとねむり。

目がさめたが、読書をする気が
おこらず、映画で時間をつぶす。
デニーロのマイインターン、
闇金ウシジマ君、君の菜はをみた。

やはり、ハリウッドものに
くらべて、邦画は、プロットが
ひとりよがりで
つくりこみの甘さが気になる。

なんか、超ひさしぶりに
映画をみたきがする。(´・ω・`)

うとうとしてるまに
ウィーン到着

イミグレをぬけ
空港のロビーへ。

観光案内書で
情報収集とおもったら
窓口のおばちゃん
つっけんどんで
とりつくしまもない。(´・ω・`)

市内への交通手段を
きくがけんもほろろ

チェコ行きのバス
ターミナルへのいきかたを
きくが、バスなら、おもての
バス乗り場からでてるとな。

(´・ω・`)

バスじゃなくて
安いS7の電車が
あるよねっていうと

鉄道のことなんかしるかっ、
この先にあるQBBの
インフォできけで
あとは無視。

(´・ω・`)

QBBのインフォへ
いき、S7線で
いきかたを尋ね。
切符を買う。

で、次の電車は、
8時19分とな

で、ホームにおりて
気づく、(((;゚д゚))))

飛行機が延着していたぞ

6時15分着で、
8時55分発のバスには。
余裕のはずが。。。(((;゚д゚))))

いま、8時。

19分の電車で
市内にでて、地下鉄に
のりかえて、バス乗り場を
探す。。。

どう考えても
ま、まにあわない。

(´・ω・`)

いま目の前にある
特急にのってしまって
車掌にわけを話すか。

寝不足でぼぉーとした
頭で考えまとまらないうちに
特急電車が発車してしまう。

(´・ω・`)アララ

しかたない

バス会社の窓口でねじこんで
次の便へふりかえてもらおう。

S7で、市内にいき、
苦労して、地下鉄にのりかえ
バス乗り場がある
STADIUM駅へ到着したのが
9時ちょうど

(´・ω・`)いったばっか。

ネットの情報だと、
STUDENT AGENCYの
乗り場がわかり辛いような
ことがかいてあったので
周囲を探すがみつからない。

たずねたずねて
結局、駅前のバス乗り場が
それであることがわかる。

(´・ω・`)

オフィスは日曜で
しまっていて
ねじこみようがない。

(´・ω・`)

次のバスは2時間後

朝ごはんでもと
思って周囲を探索するが
日曜日で完全にしんでいる。

なんとか、ベーカリーを
みつけ3.5ユーロの(´・ω・`)竹
サンドイッチになんとか
ありつく。




でも、空腹なので
しみるほど旨い。

11時バスが到着

あれれ、人がいっぱいのっているぞ。

きいてみると
このバス空港からきてるとのこと。

(´・ω・`)

案内所のばばあの
いっていたことが
ようやくわかる。

ドイツ語で空港は
Flughafen 
なまじ、英語に
にた言葉が多いため
このバスが空港からでていることに
サイトで予約時に
まったく気づいていなかった。

(´・ω・`)

そ、電車をつかわず
すなおに空港の外の
のりばから、予約していた
バスにのれたのだ。

痛恨の失敗。

で、このバスにのせて
もらおうと思ったら
満席。。。とな。

(´・ω・`)やべっ

ノーショーの客がいる
はずなので、しばしまつ

出発時間になり
再度、きいてみると
ラスト1席、あきがあるとのこと

(´・ω・`)ヨカッタ

で、無事乗車

ネットで事前に買えば
15ユーロが、バス内で買うと
22ユーロ

(´・ω・`)

【今日のまとめ】
電車だ6.5ユーロに
バス代22ユーロの
無駄な出費(´・ω・`)





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-05-14

■VIA台北

テーマ:☆東欧4カ国
今回は、お気にのCIでいく
東欧旅である。

朝、9時半発のCI107便に
のるのは、けっこう、きつい。

自宅を5時前の始発ででて
ぎりぎりである。

ところが、地下鉄にはいった
ところで、安全確認のため
停車になってしまう。(´・ω・`)

押上でアクセス特急に
乗り継ぐ時間が14分。

じりじりしながら待つ

アクセス特急をのがすと
到着が30分は遅れる。

10分ほど遅れて
ようやく出発。

押上での乗り継ぎ時間が
14分なので、ぎり
まにあいそうだ。

押上、到着
ダッシュで京成線へ。

間一髪、セーフ

無事、成田到着
チェックインして
VIPラウンジへ。




CIは、CAは可愛いが
飯がいまいちなので
らうんじのおにぎりや
カップ麺ではらごしらえ。

12時半に台北到着
ウィーン便は夜中の23時発なので
半日ある。

まずはその前に
ウィーン便の座席を
非常口のとこにかえてもらってと。

( ´_ゝ`)ヨシ

入国して、乗り継ぎ客用の
無料ツアーに参加してみる。

観光案内所で申込み
14時発。

101ビルで写真撮影して。

龍山寺へ。

いまさら龍山寺を
みてもしょうがないので
別行動。


大好きなこの屋台の旗魚黒輪
カジキのねりものの揚げたの。



これが、まじ旨い。
しかも10元。




続けて、ルーロー麺35元。

おなかいぱーい。



中正記念堂まで
ツアーに参加して。

ツアーから離脱。

町をぶらぶらして
20時にバスで空港へ。




ターミナル1のCIのラウンジは
なかなかすばらしい。

そこそこのイタリンと
おいしいワイン

シャワーをあびて

【今日のまとめ】
いざ、ウィーンへ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。