1 | 2 次ページ >> ▼ /
2016-02-29

■フエで朝ごはん。

テーマ:☆ダナン(ベトナム)、パクセ(ラオス)


翌朝、6時起床

曇天(´・ω・`)

宿の付近の裏道を
散策。

屋台がいくつかでている。

まずは、バインベオ1万ドン。

水溶き米粉を小皿に
はってむしたもの。

小皿をこそいで
ニュクマムベースの
甘酸っぱいタレに
つけて食べる。



つづけて、ブンチャー2万ドンを
食べていると雨が降り出す(´・ω・`)

どうも、ベトナム
中部の天気と
わしの相性はよくないようだ。

【今日のまとめ】
はてさて(´・ω・`)
2016-02-28

■フエで晩ごはん。

テーマ:☆ダナン(ベトナム)、パクセ(ラオス)


夕方6時フエ到着

途中市街をとおったので
おろしてもらえば
よかったが、モタモタしてたら
おろしてもらえず、駅まで
いってしまう。

駅は市街から
2kmほど離れている。

歩いてもいいが
5万ドン提示の
バイクタクシーの
にいちゃんがいたので
3万ドンに値切って
ビュー( ´_ゝ`)

今日のお宿は、
アゴダを通じて
リザーブしてある
サニーホテル

一昔前まで日本人経営の
ビジュオンだったとこ。

14ドル。

4階の角部屋
3人でも使える
広い部屋。

14ドルなら満足。

荷をほどいて
シャワーを浴びたら

自転車を1ドルで
借りて、旧市街を
ポタリング。



宿は新市街にあって
旧市街へは川を渡るので
やはり1km以上離れている。

フエは二度目なので
土地勘もあり
なれたものである。



民家の軒先で
餃子みたいのを
打っている。

おばちゃん
のぞきこんだわしに
興味しんしん( ´_ゝ`)

駄菓子的なもの
1万ドン。

外人客が、
おばちゃんなんか
とてもうれしそう。



続いて、モツ粥やさん

こちらも店のおばあちゃんを
はじめ、客なのか、おばあちゃんの
家族なのかよくわからん人々の
歓待をうける。

ラオスにくらべると
ベトナム人はとても
フレンドリーで
感情表現も豊か。

老若男女

好奇心にみちている。
( ´_ゝ`)



お会計のとき、
しゃしゃりでてきた
おばちゃんのさしがねで
ややぼられて、3万ドン。

まぁ、これも含めて
ベトナム人。

【今日のまとめ】
まぁよしとしましょう。


2016-02-25

■Back to VietNam まとめ編

テーマ:☆ダナン(ベトナム)、パクセ(ラオス)
ネットで、ベトナムの
再入国に関して調べてみると
かなり背筋が寒くなる(´・ω・`)

2015年の1月に以下のように
法改正があったようだ。

---------在ベトナム日本大使館のサイトより抜粋----

2 ベトナム入国の時点で旅券の有効期間が6か月以上あり、
  かつ、前回のベトナム出国時から30日以上経過していること
  ※従来は、旅券の必要残存有効期間は「3か月以上」。
   また、「前回のベトナム出国時から30日以上経過していること」の
   条件は付されていなかった。

※2015年6月、観光目的の場合に限り、前回のベトナム出国から
    30日経過していない場合、ベトナム到着時に空港で
    15日間滞在可能な1回有効のビザ (VRビザ)を
    取得できることとなった。(1回目のベトナム入国の
    直前に滞在していた国、又は旅行開始の際滞在していた
    居住国等に戻ってベトナムに 入国しようとするケースを除く。)

3 往復又は第三国へ出国するための交通手段の切符を所持していること

--------------------------------------

かように、空港でと限定である。(´・ω・`)
しかも、費用は9倍の45ドルである。(´・ω・`)

また、ネットでいくら探しても
陸路で近隣国からの再入国で
VISAを取得したという情報が
まったくない。(´・ω・`)

係官の胸先さんずんで
わしの扱いはどうとでも
なったのである。

たまたま、優しく
協力的な若い女性の
オフィサーにあったから
よかったものの。

最初のおっちゃん
オフィサーだけであったら、、、

(((;゚д゚))))

もし、写真を1枚も
もっていなかったら、、、

(((;゚д゚))))

まさに、断崖絶壁にかけられた
きれかかった綱を、目隠しして
渡っていたのである。

(((;゚д゚))))

お、おっかねぇ。

【今日のまとめ】
陸路での国境越えにあたり、
以下の注意事項をまもることを強く推奨する。

1。新興国は法改正が頻繁にあるので、
  直前の情報確認は必須。

2。VISA用の写真は3枚以上、
  米ドルの現金を5ドル札で
  100ドルぐらいは常に携行する。
2016-02-24

■Back to VietNam その2

テーマ:☆ダナン(ベトナム)、パクセ(ラオス)


イミグレのおじさんに
「サワナケートでVISAとってこい」と
切捨てられたわしの脳内では
高速でこれからのシミレーションが
おこなわれる。

今日中にサワーナケートに
戻る手段はあるか( ´_ゝ`)?

まずは、ここからバイクタクシーで
2kmほど離れた村までもどる。

そこで、路線バスを探すか
最悪、ヒッチハイクで(´・ω・`)

サワーナケードへなんとかして
戻る。

明日、領事館をさがして
ビザをとれたとしても、
サワナからフエへのバスは
朝一番しかないので
翌日の朝になる。

少なくとも、2日は
ロスすることは確実だ(´・ω・`)

日曜日のフライトに
ギリギリまにあうが、
なんか不測の事態があれば、
完全にゲームセットだ。

(((;゚д゚))))マズイ

たとえ、フライトに
間にあったとしても
今日のフエの宿の予約も
パーになるし、せっかくの
旅行の日程も、
半分がだいなしになる。( ´_ゝ`)

万が一、日曜日の朝までに
ダナンに戻れなかったら

正規運賃20万ぐらいで
チケット購入

会社の欠勤のいいわけを
考えねばならない。(´・ω・`)

となると、
交渉にかけるしかない。

オフィサー相手に交渉開始。

日本人はVISAなしで
入国ができること。

これまでに、ベトナムの
入国のスタンプが4つあり
いずれもVISAなしであること。

オフィサー、首をふるばかり。

わしの後ろに
行列ができはじめると
オフィサー、後ろのオフィスへ
いけと合図する。

後ろにある窓口へいき
今度は、若い女性のオフィサーに
事情を説明。

すると、ベトナムの制度が
かわって、初回の入国は
VISAなしでいいが、
一度、出国すると
30日以内の再入国には
VISAが必要になったとこと。

ガ、ガビーン(((;゚д゚))))マズイっ!

完全にわしのほうの落度だ。

ま、マズイ(´・ω・`)。

このときのわしの
気持ちをひとことであらわすと

なーにー、やっちまったな(C)くーるぽこ

である。

おしりの穴がきゅーとすぼみ
背中に粘度の高い汗がじわりとかき
ひざかっくんである。(´・ω・`)

こうなると、次なる手段は

次なる手段は、、、、

泣き落とし

しかない(´・ω・`)


わしのベトナム愛を熱く語り
日曜日のフライトに
乗り遅れた場合の仕事への
甚大なる影響と経済的な損失を
20倍ぐらい誇張して説明し。

これから、ベトナムで
おとすはずのジャパンマネーを
のがすことがベトナム経済への
損失となるかを、びにいりさいにいり
とくとくと熱意をこめて説明する。

すると、おねえさん
「かえりのチケットをみせて」とな

よしっ!キタ━(゚∀゚)━!!

バスに戻り、最悪の場合にそなえて
荷物をもって、もどる。

チケットとホテルのバウチャーを
みせて、涙ながらに、入国を嘆願する。

すると、

おねえさん「しょうがないわね。
写真を2枚もってれば
VISAを発給してあげるわ」とな

キタ━(゚∀゚)━!!

だがしかし、こんなこともあろうかと
写真を持ってきてはいるが
1枚しかない(´・ω・`)

その旨をおねえさんに告げると

おねえさん「町から写真屋を呼んで、
それを待てるのならいいわよ。ただし、
写真屋さんにきてもらう費用は
あなた持ちよ。」

写真屋がくるまで、
2時間はかかるとのことなので
その間、国境で足止めになり
VISA発給してもらったあとの
フエまでの足をどうやって
確保するか(´・ω・`)・

なんにしろ、
サワナケートに戻るよりは
いくらかましである。

おねえさんの提示を
うけいれる。

VISAのアプリケーションフォームを
わたされ、おおよそ、
記入したところで

若い兄ちゃんのオフィサー登場
おねえさんとしばらく話したのち、
別の書類を取り出し、
こっちにも記入しろとな。

で、写真をだせとな。

1枚しかないけど、

えっ、1枚でいい。

(((;゚д゚))))コレデイイノ

写真1枚で、なんとかして
くれるとのキタ━(゚∀゚)━!!

VISAを作成して
わしのパスポートに
はりつけて。

US5ドルを支払って、
パスポートをかえしてもらい。

再度、さっきの窓口にいき
スタンプをおしてもらい。

【今日のまとめ】
無事、ベトナム再入国( ´_ゝ`)セーフ
2016-02-23

■Back to VietNam その1

テーマ:☆ダナン(ベトナム)、パクセ(ラオス)


ホテルに戻って
荷物をまとめたら
バスターミナルへ

おやつにしかけ玉子を
1個1000キップで
仕入れて、乗車

玉子の中身をだして
溶き、味付け、
まぜものをして
殻に戻し、炭火で
蒸し焼きにしたもの。

定刻9時にサワナケートを
出発する。



バスは台湾の路線バスの
おさがり。

行きと違って
ラオスからベトナムへの
物流は少ないので
荷物の積み卸しが
ほとんどなく
順調に進む。

12時

国境を前に、ドライブインで
食事休憩。

手持ちのキップ
27000キップ。

ランチの値段をきくと
3万キップ。

3000キップたりない(´・ω・`)

ドルかベトナムドンを
たすのにも中途半端( ´_ゝ`)

というわけで

兄ちゃんに交渉。

持ち金をひろげて

ほらっ、これが全財産

でも、おなかすいてると
おなかをおさえ( ´_ゝ`)

ごはん、食べたいと
猛烈にアピール( ´_ゝ`)

すると、兄ちゃん

しょうがねえなという
感じで、ごはんをよそってくれる。



ごはん、たきたて
おかずの味つけもほどよく。

おまけのスープは
具沢山で野菜たっぷりで

(´ρ`)大満足

そんなこんなで、
1時半

国境到着

ラオス出国を
すませてと

ベトナム入国してと

てと

てと

イミグレのおっちゃん
わしのパスポートを
なかなかかえしてくれない。

で、

ひとこと「ビザは?」

これだから、
田舎の係官は、いやだなぁ

日本人は、ノービザでしょ

おっちゃん、わしのパスポートを
なげかえし、ひとこと
「サワナケート戻って
ビザとってこい、次っ!」

【今日のまとめ】
(((;゚д゚))))ドユコトダ
2016-02-22

■サワナケートの市場で朝ごはん。

テーマ:☆ダナン(ベトナム)、パクセ(ラオス)



翌朝6時起床
バスターミナルの先にある
市場で朝ごはん。

まずは、昨日も食べた
ラオスの定番

10000キップ




続けて、ちと無愛想だけど、
優しいばあさんの店。

ばあさん、興味深けに
のぞきこむわしを手招きし、
無言でそこに座れと指示され

無言で、
テーブルの上を
ざっくりと片付け、

無言でおかずと
カオニャオを
わしの前に並べる。

得体のしれない
ペースト状のおかず。

ラープの仲間のようだ(´・ω・`)



手加減なしで辛いが
辛さの中に、じんわりとくる
旨味。

ぐぅ(´ρ`)

おいしい。

なんか、幸せになる。

わしがほっこりしてるのが
うれしいらしく
ばあさん
喜んでる。

で、お会計

驚愕の4000キップ

【今日のまとめ】
ばあさん( ´_ゝ`)
2016-02-21

■サワナケートで晩ごはん。

テーマ:☆ダナン(ベトナム)、パクセ(ラオス)
IMG_20160129_090817.jpg

ちなみにホテルの名前は
Avaron Residenceである。


IMG_20160112_160130.jpg

ホテルの近くで
夕陽の時間をビールでむかえてから
晩ごはん。

ホテルの周辺
店あまりない。

ようやく、小さな市場というか
通り沿いに、惣菜の店が並ぶ
通りをみつけたが
おばちゃんたち、旅行者に
興味をしめざないというか
あきらかに迷惑オーラを
全開でだしている。(´・ω・`)

麺の店で、イートインが
できそうだが、
完全に無視。(´・ω・`)

うーん、どうにも
ラオス人との相性が
よくないようだ(´・ω・`)



かろうじて、旅行者に
くいついてくる
薄暗い食堂をみつけた。

だが、しかし。

ごはん、ぼそぼそ、
肉、ガチガチ
スープはぬるくて

しかも、うまくない

つか、

まぢぃ(´・ω・`)

【今日のまとめ】
は・ず・れ(´・ω・`)
2016-02-18

■スワナケートで宿探し

テーマ:☆ダナン(ベトナム)、パクセ(ラオス)
バスターミナルから
町をうろうろ。

そんなに栄えていない。

(´・ω・`)

ホテルもみあたらない。

ゲストハウスの
看板をみつけて
いってみる

60000キップ。

しょぼい部屋

で、臭い。

( ´_ゝ`)パス

しばらく歩いて
次のGH。

にいちゃん、
めちゃめちゃがさつ。

10万キップの部屋

暗くて、いまいち。

15万キップの部屋

まあまあだが、
15万払う価値はない。

にいちゃんも
いやだし。

( ´_ゝ`)パス

ポツポツとGHはあるが、
どこもいまいち

値段もどこも10万越えで
けっこう強気。(´・ω・`)

はてさて(´・ω・`)

町はずれまできて、
あきらめかけたところに
真新しい5階建ての
レジデンスがあった。

はいってみる
誰もいない。

客がついている感もない。

(´・ω・`)

ダメだなと踵をかえしかけた
ところで、若い兄ちゃん登場

ダメっぽいが、一応
部屋をみせてもらうことにする。

えっ?こっちじゃなくて
隣の別館なの( ´_ゝ`)

で、となりの
しょぼい建物へ。



さして期待せず、はいってみると

え、

え、えっ

(((;゚д゚))))

なんか、渋いぞ。




フランス風の古びた洋館

広々としたリビングに
配置されたアンティークな家具。

高い天井、大理石の床。

( ´_ゝ`)

フレンチ・コロニアルの
素敵な遺産。



おーるどばっとぐっでぃず

古色蒼然。

きくと、フロントの
兄ちゃんのおじいちゃんの家を
改装して、ホテルにしたそうな。

壁に飾られた古びた
白黒のファミリーポートレート




螺旋状の階段。

アールヌーボーっぽい
てすり。

IMG_20160112_170922.jpg

部屋

広い。

テラス付き。

で、お値段15万キップ

もちろん

即決。

テラスでビールを
飲みながら、のんびり読書。

【今日のまとめ】
びえんしゅー
じゅすいとれこんたんと( ´_ゝ`)
2016-02-17

■サワナケート到着

テーマ:☆ダナン(ベトナム)、パクセ(ラオス)
サワナケートへ到着

って、なんもない
街道沿いでバスを
降ろされる。

(´・ω・`)

長年の勘をたよりに
歩きだす。

( ´_ゝ`)

バスターミナル発見

ついでにバスチケットを
おさえておくことにする。



窓口のおねえさん
めちゃめちゃ
不親切(´・ω・`)

なにをきいても
ぶっきらぼうで
めんどうくさそうに
こたえてくれます
(´・ω・`)

フエまでは、9万キップで
9時出発。

夜行は週に2便あるもよ。

ただし、寝台ではなく
普通の座席バスとな。

寝台はダナン行きのみで
15万キップ。

【今日のまとめ】
フエ行き、翌朝9時発を
おさえる。

2016-02-16

■サワナケートへの道 その2

テーマ:☆ダナン(ベトナム)、パクセ(ラオス)
10分ほどして、普通の乗用車の
おばちゃん、登場。


ぶすっとしたおばちゃん、
終止、無言。

(´・ω・`)

あきらかにピックアップが
手配されていなかったくさい

(´・ω・`)

5分ほど走り
街道沿いでおろされる。



普通の路線バスのバス停くさい

(´・ω・`)

がまがえるみたいな
無愛想な爺さんに
ひきわたされる。

おばちゃんいわく、
次のバスは、20分ほどで
くるとのこと。

8時のバスだよね。

(´・ω・`)

ローカルの乗客が
ひきがえる爺さんから
チケットをかっている。

爺さん、チケットを
売ると、書類にかきこんでいる。

それをみると、
だいたい、2万から
4万キップ。

(´・ω・`)

おそらく4万キップが
スワナケート。

(´・ω・`)

3万キップも
ぬかれていたようだ。

しかも、ピックアップを
忘れられているし。

(´・ω・`)サイアク

20分後、

バスがきた

のりこむ。




完全なローカルのバス

(´・ω・`)

おんぼろのローカルバス

(´・ω・`)

荷物のつみこみが
おわっても出発しない。

9時をすぎて
ようやく、出発。

どうやら、このバスは
9時のバスだったようだ。

(´・ω・`)

外人客はわしひとり。

英語がかたことでも
通じる気配がまったくない。

このバス

やたら停車する。

停車すると、しばらく
うごかない。

時速になおすと
30kmぐらいだろうか。

【今日のまとめ】
スワナーケートまで
所要時間は5時間(´・ω・`)

1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。