1 | 2 次ページ >> ▼ /
2015-01-31

■シェムリアップで晩ごはん。

テーマ:※カンボジア シェムレアップ
ホテルへ戻り
シャワーを浴びて
さっぱりして晩ごはんへ。

さっきとおりかかった
ローカルで繁盛していた
屋台へいってみる



サンワー5000リエル
笹の葉で包んだつみれ状のものを、
炭火で焼いたの。



素麺状の細い米麺や
ドクダミの葉っぱと
一緒にレタスで巻き、
プラホック(魚醤)の
タレにつけて食べる。

サンワーを食べてると
店の兄ちゃんが
日本語で話しかけてくる。

日本語学校で
日本語を勉強中とのこと

そうこうするうちに
兄ちゃんのクラスメイトが
次々やってくる。

暇なので
日本語の練習台に
なってあげる。

そうこうするうちに
そのうちのひとりの
兄ちゃんが、
バイクで町を案内してあげる
ってことになる。

で、つれていかれたのは
町はずれのしょぼい
ラッキーショッピングセンター

(´・ω・`)

シェリムアップでは
最先端のスポットのようだ。

エスカレータで
3階まであがると

終了ーーーー(´・ω・`)

他にいくとこもなく
明日、日本語学校に
あそびにいくことにして
バイバイする。

【今日のまとめ】
いくとこもやることもない
シェムリアップの暇な夜( ´_ゝ`)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-01-28

■シェムリアップ観光 その5

テーマ:※カンボジア シェムレアップ
シェムレアップの町へ
戻ってから、午前中
間違ったほうへ

広い草原に面した
広いテラスのカフェが
あったので、
そこで夕日を楽しもう。

いってみる。

カフェ、

営業してなかった

_| ̄|○




かえる道すがら
ローカルで繁盛していた店で
再びボンティアコン
孚化しかけのあひるの茹で玉子
アゲイン。

2個で1ドル。

ぐぅ(´ρ`)



市場へよって

町に戻る途中で
バッテリが42vをきる。

出力が弱くなる。

ベダルでこぐ。
多少は補助動力に
なりそうだ。

スピードはいいとこ10km

【今日のまとめ】
3KMほど、ペダルで
漕いで、なんと帰還。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-01-27

■シェムリアップ観光 その4

テーマ:※カンボジア シェムレアップ


そんなこんなで
アンコールワット到着。

そこかしこに
遺跡がある。

堀のはたにバイクを停め
歩いて、遺跡の中へ

結構歩く
バイクで田舎を回る
つもりだったので
足元は、素足に
ドンキで買った
クロックスもどき

歩きずらい。
すぐに擦れて
痛くなってくる。

(´・ω・`)イテテ



だいたい、遺跡
あんまりつーか
まったく興味ない

( ´_ゝ`)

話のネタにみにきただけだ


続けて
アンコールトムへ



一緒

ざっとみて
おしまい。

ネコニコバン( ´_ゝ`)ハゲニイセキ



次の遺跡へ

自転車にしなくてヨカータ

それにしても
遺跡、( ´_ゝ`)オオスギ



興味がないからか
どれみても、いっしょ。



一通り
遺跡をみたら

イセキデ(´・ω・`)オナカイッパイ

池のほとりで
のんびりする

シェムリアップへの
帰り道。
道端の屋台を
のぞきこむ。

なんの屋台だろ?

山盛りの
こおろぎさん♪

ほしたら、
こおろぎを買ったおばちゃん
食べてみる?と
わしに差し出す。

おっそわけ

( ´_ゝ`)アリガタメイワク

せっかくなので
ご相伴にあずかってみる。

おばちゃん
こおろぎをさんを
躊躇せずに食べる
外人(わし)に、
大喜び( ´_ゝ`)

人生初こおろぎさんw

サクッとしてて
けっこううまい

この味、
たとえるなら

そさな

【今日のまとめ】
川海老の唐揚げ( ´_ゝ`)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-01-26

■シェムリアップ観光 その3

テーマ:※カンボジア シェムレアップ
午後2時
ホテルを出発

20分ほど走り
チェックポイントで
停車を命じられる。

チケットを買いたいと
つげると、チェックポイントの
おじさん
チケットはここでは
買えないとな(´・ω・`)?

(´・ω・`)ドユコト

地図をみせると
もう一本の道の
途中にある
ビジターセンターでしか
買えないとのこと。

(´・ω・`)ソリャァコマッタ

また、町まで戻ると
往復15km

図にするとこゆこと


│ アンコールワット

├───┬──
■ チェックポイント
│  │
│  │
│  ▲ビジターセンター
│  │
│  │
│  │
│  │
│↑この道をいった
│  │
│  │
│  │
│  │
│  │
│  │
 町

町まで戻ると
遺跡をまわると
バッテリーが厳しい。

おっちゃんに
チェックポイントの
内側をとおらせてもらえるか
粘り強く交渉するが、
戻れの一点張り。

やはり流れが悪いようだ。

あきらめて、
方向転換をしたところで
おっちゃん
わしのことを手招きする。

(´・ω・`)?

えっ、いっていい。

特別だぞって
笑顔でおくりだしてくれる。

(((;゚д゚))))



近道をして
ビジターセンターへ
1日券を20ドルで購入

その場で写真とって
発行してくる。


【今日のまとめ】
ヨカータ( ´_ゝ`)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-01-25

■シェムリアップ観光 その2

テーマ:※カンボジア シェムレアップ


ホテルのにいちゃんによれば
アンコールワットには
川沿いの道をゆけばよいとのこと。

20km

スポーツタイプの
自転車の速度って
ところか。

まわりの風景を楽しむのに
丁度よい速度である。

アンコールワットは
シェムリアップの町からは
7kmぐらい離れている。

距離計で、7kmをすぎたが
それらしき看板などはない。

そのうち、
道路がじゃり道になり
フェリー乗り場に
たどり着く。

道をまちがったようだ。

(´・ω・`)

10km近く走っている。

町へ戻ると20km

(´・ω・`)

しかたない
きた道をひきかえし

ホテルへ戻り
充電することにする。

ホテルへ戻る。

するとフロントが
輝いている。

めをこらすと
目がくりっとしていて
桃みたいなほっぺったをした
可愛い女子が
耀きの原因のようだ。

笑顔の可愛いリタさん。

キタ━(゚∀゚)━!!



充電を待つ間、
オールドマーケットの
ぶっかけ飯屋でごはん。(´ρ`)

テイクアウトの
地元のかたがの中で
店先で食べる。

川魚のスープ
コクがあって、ぐぅ(´ρ`)。

ホテルに戻って
リタさんとおしゃべりしてから

IMG_20150111_142847.jpg

プールサイドで
冷たいアンコールビールを飲んだり

桐野夏生「IN」を読んだり

リタさんとおしゃべり(そればっか)
したりしてから(´ρ`)

2時前、再出動。

【今日のまとめ】
けがのこうみょう( ´_ゝ`)




【今日のおまけ】
リタさんの写真

IMG_20150111_142819.jpg
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-01-22

■シェムリアップ観光 その1

テーマ:※カンボジア シェムレアップ
バイクが借りられないとなると
選択肢は

■「15ドルの観光ツアー」に参加

( ´_ゝ`)うーん

馬鹿白人といっしょに行動するのは、
のらないなぁ

■バイクタクシーのチャーター

道端のひとのよさそうな
おちゃんにきくと、
一日で12ドル掲示、

粘れば10ドルぐらいに
おちるだろう。

 ( ´_ゝ`)うーん

おっちゃんと
一日、いっしょ
めんどうっちぃな。(´・ω・`)


■レンタサイクル
 
2ドルぐらいで
借りられそうだが
 
 ( ´_ゝ`)うーん
 
ぼろっちぃママチャリ

遺跡までの往復14km、
むこうでの遺跡をまわって、
20kmとか走るのかぁ(´・ω・`)

しんどいな。

ネットで調べている。

電動バイクのレンタルを
やってるところがある。

いってみる。



新しいマーケットの脇
フレンチのおっちゃん経営

ネットでは
1日12ドルだったが
値下げしたようで、
一日10ドル

フル充電で、40kmから50km
走れるとのこと。

最高速度30kmだが
電池が消耗するので
20km以下で走ったほうがよいとのこと。

アンコールワットの
小まわりに遺跡をめぐると
だいたい30km

大回りだと、50kmとのこと。

充電ポイントが
いくつかある。

ボルト数が表示されるので
54vぐらいがフルで
44~45vが、充電のタイミング

42V以下ではモーターが
動かなくなるとのこと。

デポジットはないが
パスポートを預けなければ
ならない。

パスポートを預けたくないので
いろいろ交渉するが、
パスポートを預けないなら、
デポジット500ドルだとな

あきらめる。

というわけで



【今日のまとめ】
電動バイクを選択。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-01-21

■痛恨の失敗( ´_ゝ`)

テーマ:※カンボジア シェムレアップ
今回の旅の主目的は
シェムリアップを基点に
バイクでカンボジアの
田舎をめぐる旅である。

であるが、昨晩から
ちと嫌な予感している。

バイクをレンタルしてる
店をみかけてないように
思える。

気のせいだろう。

探してみる。

ない。

どこにもない。

ホテルに戻り
フロントのおっちゃんに
きいてみる。

えっ(((;゚д゚))))

レンタルバイクは
禁止されている。

(((;゚д゚))))ナンデストっ!

_| ̄|○

ここにくるまでの
膨大な手間と
膨大な時間と
膨大な金。

【今日のまとめ】
やっちまったよ(´・ω・`)




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-01-20

■シェムリアップの朝ごはん。( ´_ゝ`)

テーマ:※カンボジア シェムレアップ
翌朝、7時起床
なにはさておき
朝ごはん。( ´_ゝ`)キホン



道端の露店で
まぜそば1ドル

続いて、近くに
市場を発見。



市場の中で
とりわけ
繁盛していた店で
バンソン1ドル



素麺状の米麺に
甘めのカレーをかけた
タイでゆうところの
カノムチン

【今日のまとめ】
朝からがっつり。( ´_ゝ`)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-01-19

■シェムリアップ探索

テーマ:※カンボジア シェムレアップ
キャピトルバスは
市街中の中心を抜け
結構はずれたところまでいく。

歩いて市街地に戻りながら
ホテル探し。

ハイシーズンのため
満室続き。

値段も20から30ドルと
けっこう、強気。

15軒ほどみた末、
Populer Boutique Hotelの
18ドルでそこそこの部屋で
妥協。

1ドル値切って
17ドル
やったと思ったら

手続き中、あとから
やってきた仏人の客に
フランス語で
dix setteって
いってるよ(´・ω・`)

( ´_ゝ`)プ

荷をほどき
シャワーあびたら
町にでる。

ものすごい人
いかにも観光客用の
店が並ぶ。

交差点の脇の


露店でポンティアコンと
アンコールビール1ドル

ポンティアコンは、
ベトナムでいうところの
ホヴィットロン

つまりは、孚化しかけの
あひるの卵を茹でたの。

2個で1ドル

ライムをしぼった塩胡椒と、
ドクガミの葉っぱを
つまみながら食べる。

見た目的にダメな人は
ダメだろうが、わしは平気。

店のしと親切だし
動くのもしんどいので
そのまま、ボーボー

鳥粥1ドルで
ごはん。

【今日のまとめ】
散歩して、1時就寝。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-01-18

■シェムリアップへ

テーマ:※カンボジア シェムレアップ
アンコールワットの遺跡群への
慣行拠点シェムレアップ。

地図でみると、
プノンペンの北東300kmぐらいの
場所にある。

12時発なので、6時ぐらいには
着くだろう。

定刻から10分ほど遅れて出発

出発したとおもったら、
別のバス停で、再び停車。

で、30分ほどたって、
最初のバス停のすぐそばを
通ってる。(´・ω・`)

結局、プノンペンを
離れたのは40分過ぎ

(´・ω・`)

郊外にでて
スピードがあがるかと
おもったら、さにあらず。

交通量が多いのと
道路の状態が悪いので
スピードがだせない。

そして、なにより
膨大な道路工事が
行く手をさえぎる。

そこらじゅうで
道路を堀りかえして
ジャリ道である。

信じられないことに
工事をほとんど
手作業でやってる。

(´・ω・`)

2時間ほど走り
バスが突然路肩に停る。

トイレットタイムとな

でも、トイレどこ?

道路脇(´・ω・`)?

女性はどうするの
ばあさん、道端の
草むらの中にはいっていく

(´・ω・`)

その後も延々と
悪路が続く

5時手前、ようやく
ドライブインで休憩

隣の席のにいちゃんに
話かけてみる。

プノンペンの医学生のVISAL君、
シェムリアップの手前のカンポントムへ
里帰りの途中とのこと。

あと、どのくらいかかるか
きいてみると2時間ぐらいかなとの答え。

再び走り出したバス
道路標識があった。

シェムリアップ180km

半分しかきてなかった。_| ̄|○

バスの車中
仲良くなったVISAL君に
カンボジア語を教えてもらう。

2時間ほどで
カンポントム到着

VISAL君とおわかれ。

カンポントムから
真っ暗の悪路を
ひたすら進む。

夜9時、シェムリアップへ到着

おそくても7時ぐらいには
つくとよんでいたのに
大誤算である。

【今日のまとめ】
( ´_ゝ`)ケツイテー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。