1 | 2 次ページ >> ▼ /
2013-02-28

■旅のおまけ。〜台北町歩き〜

テーマ:☆ミャンマー
■今日、わしこんなもん食べた

お気に入りCI便利用のため
帰りも台湾へ寄り道。

永康街へ出陣、満席で
店前に待ち客がいた
人気の永康刀削麺で、
永康刀削湯麺(小)50元

■今日、わしこんなもん食べた

店頭に長い長い行列がきていた
天津葱抓餅で、天津葱抓餅(加蛋) 35元

龍山寺のほが
旨いと思うな、わしは。

宿にかえって
旅人たちと
お酒を飲みながら
ダラダラすごす。

2時すぎ就寝。

■今日、わしこんなもん食べた

翌朝、7時起床

(´・ω・`)ハヤオキ

雙連 永和世紀豆漿大王で塩味 
豆漿(塩味であったかい豆乳)と
油条 25元

やっぱり、
台湾の朝ごはんはこれ。

■今日、わしこんなもん食べた

北投にいって、いつもの
露天風呂40元。

湯上がりに、
パイナップルアイス10元を食べ、

■今日、わしこんなもん食べた

双連の坦仔麺屋で
汁無し麺30元を食べてから
荷物をピックアップして
空港へ。

$■今日、わしこんなもん食べた

台湾発では、唯一まともな
ヒンズーミールの機内食で
おしまい。

【今日のまとめ】
楽しかったぜ。( ´_ゝ`)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013-02-27

■ぐっばい、ミャンマー。( ´_ゝ`)

テーマ:☆ミャンマー
■今日、わしこんなもん食べた

空港で、残ったチャットを
掻き集めて買ったドーナツと
チーズクロワッサンを食べる。

長いこと、軍事政権下で
鎖国状態で、発展から
取り残されていたミャンマー。

近年、経済的な開放をすすめ
急激な経済成長のまっただ中にある。

豊かな土地、広大な国土、安価な労働力を
目当てにして先進各国から、中国から、
インドから膨大な資本が流入し、
発展の名のもとに”乱開発”を
おしすすめている。

物欲に目覚め、物質文明を
矜持することを覚えた
ミャンマーの人々。

他のアジア諸国同様、
否、それ以上の発展を
必ずや成し遂げるだろう。

それが、よいことなのか
悪いことなのか、わからない。

一度、まわりはじめた
歯車を戻すことはできない。

いつか、この地に戻ってこれたときに
”路上の安くて美味しいごはん”が
”牧歌的な人々の優しさ”が、
そして、なにより
”溢れんばかりの人々の輝く笑顔”が
そこなわれていないことを
祈ってやまない。( ´_ゝ`)

ぐっばい、みゃんまー。

■今日、わしこんなもん食べた

それにしても、チャイナエアーの
台湾積み込みの機内食は、
真剣に”まぢぃ”ぞ(´・ω・`)

【今日のまとめ】
なんぢゃこりゃぁ(C)ゆうさく。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013-02-26

■ヤンゴンのあさごはん。

テーマ:☆ミャンマー


翌朝5時半起床

まだまだ、
外は真っ暗。

でも出撃( ´_ゝ`)アタリマエ

生地をのばして
鉄板で焼く
チャタァ 100kt

中にカレー味の
じゃががはいっていて

ぐぅ(´ρ`)

■今日、わしこんなもん食べた

小っちゃいおばあちゃんのカウモー

こちらは、ピーナッツ味。

ぐぅ(´ρ`)


■今日、わしこんなもん食べた

繁盛していた屋台

■今日、わしこんなもん食べた

オノーカオスエ400kt

ココナッツミルク味の麺。

ぐぅ(´ρ`)。

宿に戻って、パッキングして
また、バスで空港に向かう。( ´_ゝ`)

$■今日、わしこんなもん食べた

バスを乗り換える
10マイルマーケットで
最後のごはん。

■今日、わしこんなもん食べた

やっぱり優しい
おばちゃん。

■今日、わしこんなもん食べた

こんな感じのとこに
混ざる。

やっぱり、みなさん
温かく向かえてくれる。

■今日、わしこんなもん食べた

チャゼンチェ 300kt

やっぱり、
ぐぅ(´ρ`)

やっぱり、
人柄のにじみでた
優しい味

■今日、わしこんなもん食べた

残りのチャットで
マンゴスチンを買う。

■今日、わしこんなもん食べた

5個で500kt

ぐぅ(´ρ`)。

【今日のまとめ】
くったどー(C)はまぐち@よゐこ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013-02-25

■おじさんぽ。Htat Kyat町歩き。

テーマ:☆ミャンマー


ピックアップを降り
宵闇のHtat Kyatの町を
そぞろ歩く。

ひと、ひと、ひと。
ものすごい人の数。



しかも、完全に
ローカルオンリー。

そんな人ごみのど真ん中の
路上の屋台でスープを飲んでみる。

■今日、わしこんなもん食べた

具沢山のジャス 200KT

安っ(´・ω・`)。

優しそうなおばちゃん、
思わぬ外国人客の
到来に驚きつつも、
控えめに喜んでる。

まわりのお客さんたちは
興味津津でわしを見守ってる。

一口食べて、親指をたてると
みんなの顔が笑顔がはじける。

実際のところ、
このスープ
ほんとに、ぐぅ(´ρ`)



ドーナツ状のタートウ100kt
しっとりとした生地が
つまって、ズシっとした
重量感がある。
モチっとした食感で

ほんのり甘い。

材料、見当もつかない。
なんだろ。

■今日、わしこんなもん食べた

たこ焼きみたいな
モーチャ 5個で100kt

タイのカノムクロックと
おんなじだな。

少し甘い生地を
焼いたシンプルな
スィーツ

7時半。

さ、ヤンゴンに帰ろう

って、バスをひろおうとするが
バス停がわからない。

バスはちらほら通るが、
どれが、ヤンゴンにいくのか、
さっぱりわからん。(´・ω・`)

ローカルでないと
仕組みがよくわからない。

バスの悪いところだ

近くの工場の守衛の
兄ちゃんたちに
きいてみる。

英語、通じないが
どうやら、
「バス?もうないよ」
ってことらしひ。(´・ω・`)

困った(´・ω・`)

運航時間なんか
知るすべがあるわけなし。

これだから困る

真っ暗。

タクシーか、

ほしたら、兄ちゃんたち
しょうがないなという感じで、
みんなで守衛室から外にでてきて、
色々相談してる。

で、通りがかった
ピックアップをとめると
ごにょごにゅ交渉してる。

で、1000ルピアで
交渉成立。

でも、やんちゃそうな感じの
あんちゃん、スーレまで
いってくれるはずが
途中で、あのバスで
スーレにいけると
わしをほうりだし、
いってしまう。

(´・ω・`)

バスに乗る。

どうやら、
ちゃんとスーレまで
いくようだ。

9時半、無事、

スーレへ帰還。

【今日のまとめ】
やっぱり、なんとかなるもんだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-02-24

■Htat Kyatへ

テーマ:☆ミャンマー
$■今日、わしこんなもん食べた

てなわけで、温泉旅行記をおえて
ミャンマー旅編の再開である。

ヤンゴンへは列車で
帰ろうと思って、
駅へいってみる。

5時をちょいすぎ

次の列車、

8時20分発(´・ω・`)

これだと、ヤンゴンに
着くのが11時近くなってしまう。

てことは、バスを
使うしかないわけだ。

が、しかし

バスの乗りかた。

よくわからん( ´_ゝ`)

バスターミナルがないので
街道でバスを拾わなければならんが、
行き先表示は当然、全部ミャンマー文字。

(´・ω・`)サッパリワカラン

バス停らしきものはなく、
街道を速度を落とさずに
つっ走るバスに行き先を
尋ねるのは至難の技だ

(´・ω・`)ムリ

はてさて、どしたものか。

近くのサイカーのおっちゃんに
助けをこうてみる。

すると、おっちゃん
それならと、「あれだ」と
ピックアップを止めてくれる。

”いやいや、そぢゃなくて”( ´_ゝ`)

100km以上ある距離を
ギュウギュウ詰めの
ピックアップでは辛いでしょ。
普通のバスでね、いきたいのだが。。

いかんせん、英語が通じん。(´・ω・`)

しかたないなと

ピックアップに乗り込む

1000kt

ドライバーのあんちゃん
若くて、いきがってる感が満点。

ヤバイ(´・ω・`)鴨

で、予想にたがわず
最悪の荒い運転。

無茶苦茶な運転。

アクセル、ベタ踏みで
とにかく、とばす。

ピックアップだから
そこら中でとまるわけだが
急加速に、急ブレーキ(´・ω・`)
強引な車線変更と
やりたい放題(´・ω・`)

乗客たちが悲鳴とともに
荷台を前へいったり、
後ろにいったりである。

(´・ω・`)キッツイナァ

6時半

ほうほうのていで
Htat Kyat到着

【今日のまとめ】
ミャンマーでは
ピックアップの移動は
やめときましょう。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2013-02-21

■子連れ温泉旅 その4 ふしみ食堂 地魚丼 1400円

テーマ:☆温泉・行楽
$■今日、わしこんなもん食べた

お昼ごはんは、宇佐美で
人気の(なのか?)ふしみ食堂へ。

ほんとに、
人気があるのか
テーブル3卓
12席しかないからか

店の外に
4組待ち。

30分ぐらい待ち入店。

地魚丼1400円

帰りは渋滞をさけて
おんぼろカーナビを
たよりに裏道へ。

「左いって、左!」

「絶対,山のほうだよ」

みんなで、おおはしゃぎ。

「次はどっちだ、左だと思う人ぉ?」

「はい、はい、はい」

「うわー階段ぢゃん」

「前の黒のクラウン、伊豆ナンバーだから
 絶対、道しってるからついていくぞ」

「ほらっ、キタ━(゚∀゚)━!!」

「あ~みうしなった」

「これは右にいって、下をくぐって
 あそこまであがるんだよ」

「ありゃりゃ、元の道に戻っちゃったよ」

途中、道の駅で
手作りプリンをほうばる
ふたりのわきで
なぜか、大根を
買う、わしなのであった。( ´_ゝ`)

それから、
干物のアウトレット店へ

七輪で試食品を
勝手に焼いて
食べられる。

だ、もんで
K氏をのぞく三人で、
通常の試食の範囲を
若干超える(と思ふ)程度に
試食を堪能する。

こどもたちは
ママへのお土産を
お買い上げ。

( ´_ゝ`)

つぎに、湯河原の山ん中の
打ちっぱなしへ。

$■今日、わしこんなもん食べた

生意気にも、子供たちは
マイクラブを持参である。

うちはじめる。

野球をやってる二人は
それなりに自信が
あったようだが、
止まってるボールを
ミートできなくて
悪戦苦闘してる。

( ´_ゝ`)フフフ

この日、わしにしては珍しく
ドライバー、スライスが
ほとんどかからず、絶好調。

ふたりは、わしの
きれいな弾道をみて
ビビッっている。

( ´_ゝ`)フフフ

それで、飛ばそう、
力むから、かえって、
スカっが増える

( ´_ゝ`)フフフ

きぶんがよいのである。

帰りの道すがら、ついてでに、
茅ヶ崎在住のサーファーS氏の
ところによって
一緒にごはんを食べる。

$■今日、わしこんなもん食べた

串揚げ。

ここでは、ふたりに
お店のおねえさんの
もちあげかたや
とりいりかたなどを
教え込んでみる。

串揚げ屋をでて車にのると、
さすがに元気な子供たちも
電池がきれて

【今日のまとめ】
ゆめのなか。( ´_ゝ`)オヤスミ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013-02-20

■子連れ温泉旅 その3 赤沢日帰り温泉館|DHC 赤沢温泉郷 1600円

テーマ:☆温泉・行楽
■今日、わしこんなもん食べた

干物で朝ごはんを食べながら
今日、どするかを決める。

K氏もわしも
基本、何も考えてない。

その場、その場の気分しだい、
よは、適当である。

こどもたちには
そんな”いい加減な大人”が
まわりにおらんらしく
「渋滞でかえれなくなるから
早めに戻ったほうがいいよ」と
心配してる。

■今日、わしこんなもん食べた

といいつ、朝から
ごはん、山盛り3膳
食ってるぞ。( ´_ゝ`)

元気なはずだ。

そんなこんなで、
天気もいいし、
絶景の露天風呂へ
いくことにする。

パッキングを終えて
宿をでようとしたら
騒ぎがおこる。

そうた君の靴がない。

どうやら、昨日、遊びにきてた
おばちゃんのお孫さんが、
履いて帰ってしまったようだ。

(´・ω・`)ヤレヤレ

海にはいって濡れたのを
おばちゃんが乾かしているのに
気付かずに、そうた君の靴を
間違って、履いてった
みたいである。

後日、送ってもらうように
お願いをして出発。

こどもたちの、
土産を買いたいとの
リクエストを受けて
近くの道の駅へ寄る。

車をおりようとすると
するとこんどは、はやと君が
「ジャンパがない」と
騒ぎ出す。

(´・ω・`)ヤレヤレ

靴騒ぎのドタバタで
脇においてそのまま
でてきてしまったようだ。

(´・ω・`)ヤレヤレ

留守番の3才の弟君に
おみやげを買う
優しいおにいちゃん。

( ´_ゝ`)

土産を買ったあと
民宿へ、ジャンパを
とりに戻る。

(´・ω・`)ヤレヤレ

$■今日、わしこんなもん食べた

再び、135号線を南下し

赤沢日帰り温泉館DHC 赤沢温泉郷へ
1600円と強気の価格設定。

■今日、わしこんなもん食べた

でも、絶景。

露天風呂の他に
珍しいガラス張り
サウナがある。

子供達はサウナからは
数秒で逃げ出す。( ´_ゝ`)


■今日、わしこんなもん食べた

温泉で風呂あがりには
コーヒー牛乳を腰に手をあてて
飲むということがルールだと
教え込んでみる。

$■今日、わしこんなもん食べた

【今日のまとめ】
すなおに信じる
こどもたち。( ´_ゝ`)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-02-19

■子連れ温泉旅 その2 民宿梅田 晩ごはん

テーマ:☆温泉・行楽
$■今日、わしこんなもん食べた

小田原からはできるだけ
旧道を迂回して熱海へ向かう。

子供達は、ごはんを
食べてるときにきいた
K氏のかなり、おおざっぱな
わしとK氏が出会った経緯や
現在のわしの仕事なんかを
どう解釈したのかわからんが、
ふたりの中では、どうも
以下のようなストーリーが
できあがってしまっている。(´・ω・`)

「タイでホームレスをしていたわしが
 たまたまとおりがかったKおじさんに
 助けをもとめ、親切なKおじさんが
 手助けをしたおかげで、更生し、
 いまはインド人社長の元で
 ひとなみの生活ができるまで
 社会復帰をはたした」

どんな話やねん。とつっこみたくなるが
面倒なので、そゆことにしとく。

( ´_ゝ`)

それにしても、小六と小四
かなり、てごわい。

矢つぎばやに繰り出される
遠慮会釈のまったくない質問。

おもいっきり直球である。

「おぢさんは、なんで結婚してないんですか」

(´・ω・`)

いや、それはね、縁がなくてね
できないんぢゃなくてね、
しないってことでね
と、しどろもどろのわしに

「さみしくないんですか」

と、たたみかけてくる。

(´・ω・`)

いや、それはね、しとりのほうが気楽なんだよね
そりゃぁたまにはひとはだがねこいしくなったり、
まぁそのあの。。ごにょごにょごにょごにょ。。

「おぢさんの給料はいくらなんですか」

(´・ω・`)

いや、そんなことをおとなにきくもんぢゃないんだよ
まぁそりゃ、ひとなみの生活ができるぐらひのね、
まぁそのあれだよ。ごにょごにょごにょごにょ。。

「おぢさん、どこの大学をでてるんですか」

(´・ω・`)

まぁそのあれだよ。大学にはちょっと縁がなくてね。。
高校はがんばって卒業したんだけど。。
勉強がねぇ、ちょっと苦手だったんだけどね
いろいろあって、ごにょごにょごにょごにょ。。

そんなこんなで
17時ちょい前に、
宇佐美に到着。

民宿のおばちゃん

おじさんふたりに
子供ふたりの
わしらをみて
ちょっと怪訝な顔。

おばちゃんに、やっぱり
「で、どちらが、おとうさん?」と
きかれる。

K氏「いえ、どちらも違います」

わし「今日、はじめて会ったばかりです」

とこたえると、
おばちゃん、目が白黒。

K氏が、疑似家族旅行であることを
説明すると、おばちゃん、ほっとする。

荷物をほどき、夕飯までの
腹ごなしに、ビーチへでかける。

砂浜で、子供達と
かけっこをする。

そうそうに息があがり
リタイアしたK氏をしりめに、
わしは、最後の最後まで
いっさい手をぬかず
子供達を完膚なきまでに
圧倒する。

( ´_ゝ`)エヘン

わしは負けずきらい
なのである。

( ´_ゝ`)

宿に戻って晩ごはん

■今日、わしこんなもん食べた

えび。

■今日、わしこんなもん食べた

刺身。

■今日、わしこんなもん食べた

カレイの煮つけ。

お昼の金目に手をつけなかった
ふたりに、車の中で、とくとくと
”金目”が、いかに高価であり
子供にはありがたみがわからない
大人なたべものである。と
吹き込んだせいかどうかは
わからんが、晩ごはんの
カレイの煮つけをふたりとも
きれいに食べていたよ( ´_ゝ`)

その後、よっぱらった
おじさん二人、長野から
小型船舶の免許をとりにきた
大学生に、

K氏は、豊富な海外駐在の
経験をかたり、
わしは、アジアでいかに
現地に同化したかの
講釈をたれる。

ほどよく酔っぱらったところで
風呂にはいって、寝る。

【今日のまとめ】
4人で雑魚寝。( ´_ゝ`)
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2013-02-18

■子連れ温泉旅 その1 早川漁港 食堂「谷」 金目煮つけとアジフライ 1000円

テーマ:☆温泉・行楽
諸般の事情により、
ミャンマー旅の記録は
中断である( ´_ゝ`)イロイロトネ

----
先週の3連休、
中国から、温泉友達のK氏が
春節のため一時帰国した。

帰国直前、K氏のツテで、
伊東は宇佐美の民宿をおさえる。

出発当日の朝、K氏より
甥っこ二人、連れていっても
いいかと連絡がきた。

ハテ( ´_ゝ`)?

状況がよくわからんが、
ふたつ返事で
”おっけ”してみた。

11時、K氏の車到着、
後部座席に、男の子が二人
座ってる( ´_ゝ`)

小六のはると君と
小四のそうた君

挨拶をかわして

はたと気付く。

わし、子供と
どう接すればいいか
さっぱり、わからんぞ(´・ω・`)

普段の生活では、
まわりに子供いないから
子供と接することが
まったくなひもんな(´・ω・`)

ふたりとも、挨拶も
ちゃんとできるし
子供にありがちな
人見知りがなくて、
なかなか、しっかりしてる。

どうも、ふたりがきた理由は
K氏が昨晩、家族飲みの際、
「どうだ温泉一緒にいくか?」と
 その場のノリで空約束をし、
今朝、二日酔いでつぶれている
K氏の枕元に、リュックを
背負った兄弟が正座して
出発を待っていたと
いうわけだ。( ´_ゝ`)プ

246の渋滞の中
お互いに、はてさて
どう接したもんかと
手探りである。

そのうち、接しかたが
わからないなら
とりあえず、”いないもん”に
しちゃえ、ということで

いつもどおり、K氏と
”株で大損こいた話’_| ̄|○



”仕事のグチ”で
もりあがりながら
小田厚をぶっとばす。

目的地は、小田原の早川漁港にある
大原という店の絶品と評判らしい
”アジフライ”である。

漁港の手前から
道が渋滞している。

漁港の並びの食堂街は
観光名所のようで

車と人で大恩雑である。

大原の前には行列ができていたので
諦めて、すぐ目の前の食堂谷へ。

えらく、威勢のいい
おばちゃんにむかえられる。

おばちゃん「ごめんね,今日はもう、
 金目の煮つけか、まぐろ刺とか
 アジフライとかあるものを
 おまかせでだすぐらいしかできないけど、
 それでもいい?」

わしら「あ、全然、おっけーです」

おばちゃん「で、こちらの、未来のイケメン君たちには
  なにするの?」

わし「あのぉ、こちらのジェントルマン二人は、
 ”もう、おれらはイケメンで、バレンタインの
 チョコをかかえきれないぐらいもらってる”と
 申しておりますよ」

おばちゃん「わはは、それは失礼、じゃぁサービスしちゃうよ」



マカロニサラダと冷奴



お刺身。



おじさんたちは
金目の煮つけで
こどもたちは
まぐろ丼。

おばちゃんがK氏とわしにむかって、
「で、どちらが、おとうさん?」ときかれる。

K氏「いえ、どちらも違います」

わし「今日、はじめて会ったばかりです」

とこたえると、おばちゃん、
目が白黒してる。

K氏が、ちゃんとつながりを説明すると、
おばちゃん、ほっとして
「誘拐でもしたのかと思ったぢゃない」
わははは。である。

そんなこんなで、
すっかり、おばちゃんと
うちとけたもんで、おばちゃん
わしらにまで、アジフライを
サービスしてくれた。



揚げたての熱々の
アジフライ。

ぐぅ(´ρ`)

ふたりとも、なりは小さいが
大人なみに食べるが
わさびや、金目の煮つけには
手をださないところは
まだ、子供( ´_ゝ`)である。

お腹いっぱい食べて店をでると
おチビさんたちに
処世術をおしえてあげる。

わし「子供はな、とりあえず、
大きな声で挨拶してな、
素直なフリをして、愛嬌ふりまいとけば
いまみたいに、いろいろ、ご利益が
得られるんだぞ」

なるほどねと、
大きくうなずく、ふたりと

なんてことを教えてるんだと
呆れ顔のK氏。( ´_ゝ`)

【今日のまとめ】
さ、熱海へむけて
出発しんこー。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2013-02-17

■おぢさんぽ。バゴー町歩き

テーマ:☆ミャンマー
$■今日、わしこんなもん食べた

Htat Kyatから、
Bagoまではローカルバス
1000kt

オンボロバスで
高速(なのか?)を
時速100kmでぶっとばすこと、
1時間半。

バゴーに到着

街道沿いの田舎町

なにがあるのか
よくわかっとらんの(´・ω・`)だが、
いい感じで、鄙びいる。

$■今日、わしこんなもん食べた

ま、とりあえず、
ビール500kt。

思わぬ外人客の到来に
店番のあんちゃんたち
興味しんしんで
わしを取り囲んでる。

ビールを飲んだら
町をうろうろ。

どうも、外人、
珍しいみたいで

珍獣になった気分が
味わえる。( ´_ゝ`)

市場をうろうろ

■今日、わしこんなもん食べた

市場の横にあった橋。

$■今日、わしこんなもん食べた

廃墟のような
古い建物にいた
じいさん。

$■今日、わしこんなもん食べた

店番してた
おちゃめな
モヒカン君

■今日、わしこんなもん食べた

優しいおばあちゃんの屋台で
のんびり、ごはん。

■今日、わしこんなもん食べた

お粥サンピヨ 200kt

(´ρ`)ぐぅ。

$■今日、わしこんなもん食べた

モヒンガー300kt

(´ρ`)ぐぅ。

屋台にやってきた地元のしとびと
外人がいると、つゆほども
思ってないので

みな、びっくらこしてる( ´_ゝ`)。

【今日のまとめ】
ミャンマーにもあったぞ、
二度見。( ´_ゝ`)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。