1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2007-02-28

■エルビス・コステロ パンチザクロック

テーマ:こんなもん聴いた


Elvis Costello & the Attractions
Punch the Clock

ネットなど影もかたちもなかったその昔、
本国の人気に比して、日本のそれとの間に
大きなギャップのあるアーティストが
多々いたもんである。

コステロなどは、その代表格といってよひだろう。

ヒューさんのラブコメ映画の主題歌になった
「SHE」が大ヒットし
一般的に広く知られるようになったが
その昔、「エルビス・コステロが好き」といふと

一般人からは
「あ、エルビスね、ラブミーテンダーとか、いいよね」といわれ(´・ω・`)

洋楽好きには
「おっ、渋いとこつくねぇ」と、軽く流されたものである。(´・ω・`)

渋いメロディ、ひねりのきいた歌詞
よく言えば通好み、悪くいえば地味で”ぱっとしない”である。

なにより、
わしは、コステロの声質が好きなのである。

ちょっと、ハスキーな艶のある声には
しびれぱなしである。

そんな、コステロさんの中でも
多感で多毛だった若い頃(今も若いが)わしが、
一番よく聞いたのが「パンチ・ザ・クロック」だ。

勢いのあるホーンで始まるA面1曲目と
センチメンタルなA面の2曲目がとくによひ。

暖房のないワンルームマンションの部屋で
エブリデェ、エブリデェー♪と
膝をかかえて、センチに歌ったものである。

今はどうしたの?ってぐらい
太って、むさくるしくなってしまい
ほんと、見る影もなくなってしまったのが
至極、残念であるが、
いまでも、コステロさんの歌声を聞くと
あのときの甘酸っぱく切ない気持ちが蘇ってくるのである。

【今日のまとめ】
レコファンのセールで325円でゲットである(´・ω・`)

------------------

CIMG0056.JPG


ちなみに、今日のおひるは
ねぎしのむぎとろ定食(640円)

お店のお姉さん
「肉抜きでよろしかったでしょうか?」

(´・ω・`)ハイ。

2007-02-27

■日本橋本町 もみじ 野菜にもの定食 600円

テーマ:日本橋・八重洲
Cimg0065.jpg

タイツアーのあおりで、超緊縮財政である。

ちなみに、給料日を前に
今、おさいふの中には、
じゃら銭(しご)で”936円”しかない(´・ω・`)

正確には、500円玉が一枚
百円玉3枚、50円玉が2枚
10円玉が、2枚、5円玉が2枚
それに、1円玉、6枚

いぢょうである。

札はない。

そんなわしにとって、
”もみじ”は、救いの神
貴重な食事どころである。

ありがたや、ありがたや。

今日のスペシャルは”野菜のにもの”
たっぷりの根菜類にさつまあげ、鶏肉。

どかんと山盛り。

ありがたや、ありがたや。

豆腐とわかめの味噌汁もついて600円。

ありがたや、ありがたや。

【今日のまとめ】
所持金336円(ぷ
2007-02-27

■神田 升亀 納豆セット420円

テーマ:銀座・新橋・京橋
CIMG0053.JPG
神田駅前ガード下、並ぶ大越の隣の升亀。

500円の”いか天定食”が売りの大衆居酒屋だ。

雑然とした感じや、看板の文字の汚れ具合なんかから
いつも、なんとなく、隣の大越にいってしまうのであるが
今日、なにげなく、看板をみたら、
納豆セット420円なんてのがある。

冷奴、ミニいか天付き

おお、いいぢゃん。

席につくと、頼んでいない、なめこおろしがでてきた。

どうやら、みんなに配っているので
お通しみたいなもんみたいである。

定食に、お通し?(´・ω・`)

どでかい一人言を叫ぶおばちゃんが
器をぎっしり並べたお盆を運んできた。

えっ?なんか、器多くない?

全部、わしのぢゃないよね?

えっ?

えっ、全部、わしの?

よし牛の朝食みたいなもんを想像していたが。。

でてきた、納豆セットは、
納豆、奴、ミニいか天、こぶの佃煮、漬けもん、
しじみの味噌汁に、どんぶりごはん。

それに、さっきのなめこおろし。(´・ω・`)

ありえない。

納豆は、たっぷり1パック。おかかとネギがたっぷりのってる。
奴は、豪快に半丁!こちらにもたっぷりのネギとおかかと
チューブのしょうがもたっぷり。

いか天は、ミニとついているが、全然ミニぢゃない。
大きめのいかが、器にぎっしり、おしこまれている。

独特の天つゆとネギであえられたイカ天は
さすが、看板メニューだけあって、
天つゆがしみこんだ、ふわっとした衣が、ぐぅ。

これで、420円

いいのか?

【今日のまとめ】
けちくささとは無縁の豪快さを
高く評価したい。
2007-02-24

■THE Glenrivet 12年 2040円

テーマ:こんなもん飲んだ
今年は、THE Glenrivet 12年を
自分で、自分に、プレゼント(ぷ

三茶のセキゼンで2040円(税込み)
奮発してみた(ぷ

ワイルドなアイラ*1もいいが、
スペイ*2の、柔らかでやさしいスペイも好きである。

封を切る。
夏の草原を渡る風の香りが鼻先をくすぐる。

スペイならではの、小麦の上質な甘さは
舌の上を、ビロードのように柔らかになでてゆく。
ハチミツやバニラを思わせる芳香
*1註:アイラ島産。強烈なピート(泥炭)の薫ぶくささが特徴的。
*2註:スペイサイド、スペイ川流域の穀倉地帯、スコッチの本場


あー幸せ。(^ρ^)

軽やろかなフィニッシュも、ぐぅ。

【今日のまとめ】
ぐぅ。

ザ グレンリベット 12年

¥2,289
酒のやまいち
2007-02-21

■灼熱バンコク、激辛グルメ食べまくりツアーその15

テーマ:☆タイ・ラオス
CIMG0103.JPG


いよいよ、タイともお別れである。
明日の早朝6時のNW27便で発つことになる。

最後のディナーは、バンコク在住のYちゃんのおすすめの
**地区のイサーンの屋台へゆく。

駅まで、K氏の彼女Tちゃんを迎えにいく。

K氏と二人、先程仕入れたばかりの
おそろい(ぷ Tシャツで出動である。

二人のおそろいのTシャツ姿をみて
Tちゃん、呆れた半笑いである。

わしらと気持ち距離を置いて歩いているのは
きっと、気のせいだろう。

先頭にたつ、Yちゃんが
じめっとした暗い路地をずんずんつき進んでいく
こりゃ、100%観光客がこないロケーションである。

メニューもなく、おじさんもおばさんもタイ語オンリーである。

こりゃ、100%観光客では、注文、無理である。

ここはひとつ、全部YちゃんとTちゃんにおまかせしよう。

豚肉のスープ
魚のちまき、
ソムタム
豚の喉肉のチャーシュ
ずらりと、イサーン田舎家庭料理がテーブルにならぶ

ほんと、今回の旅行は、店の選択、タクシーのアレンジ
運ちゃんとの交渉、メニュー選びから店員さんへの指示まで、
なにからなにまで全部、おまかせである。

考えてみたら、バンコク、着いてから
日本語しかしゃべっていない。

ま、いっか。。。

ソムタムの汁にタイ風素麺カノムチンを
つけて食べる、食べかたをおそわった。

これ、ぐぅである。

残ったバーツで
ビアシンを、ガンガン飲み干して

2時すぎに、タクシーで、空港に向かう。
空港で一眠りして、4時チェックインし
機上の人となる。

【今日のまとめ】
またな、バンコク!

----------------
あしたは、おやつみしまつ。
2007-02-20

■灼熱バンコク、激辛グルメ食べまくりツアーその14

テーマ:☆タイ・ラオス
CIMG0088.JPG


下町の商店が並ぶ賑やかなソイ(小路)にある
パッタイ専門店のパッタイをおやつにいただく。

テーブルは、ご近所のOLさんがたで、うまっている。

持ちかえりの客がひきもきらない。

繁盛している。

パッタイも、へたなとこで食うと
甘すぎたり、油っぽっかたりして
げんなりさせられることが多いが
こちらのは大丈夫。

珍しい太麺に、具沢山
適度な甘さと、ほどよい味加減。

いける。

【今日のまとめ】
ナームプリックソムプラ(唐辛子漬け酢)を、
たっぷりかけていただくと、ぐぅ。
2007-02-19

■灼熱バンコク、激辛グルメ食べまくりツアーその13

テーマ:☆タイ・ラオス
CIMG0083.JPG

はやいもので、もう最終日である。
あっちゅう間の一週間。

さすがのわしも、
すっかり”おちかれモード”である。

朝は、のんびり朝寝坊。

お日さまがだいぶ高くなってから
近所の福建料理屋であんかけそばをいただく。

シンプルで、普通においしい。

9
市場へいき、いかにも人のよさそうな
おじさんの焼き卵を食べる。

1
果物の女王マンゴスチンを
デザートに仕入れる。

上品な甘さとほどよい酸味のバランンスがたまらない。

朝ごはんの後は、
おみやげのTシャツを買いにいくことにする。

Tシャツといっても普通のTシャツではない
タイ語、それも、できるだけローカルなヤツを
探している。

わしは、ローカルTシャツを集めているのだ。

ナショナルスタジアムの近くに
そうしたTシャツのプリント工場が並ぶ地区があるとの情報は、
事前に、しっかりと仕入れてある。

いってみる。

それらしい卸の店が並んでいる。
さらに奥深く、潜入してみると、
あった、あった、プリントの作業場が軒をつらねている。

町工場のあんちゃんをつかまえて
道端に干しているTシャツを売ってくれと交渉をはじめる。

どっかの草サッカーチームかなんかの
ユニフォームのようである。

当然、英語をまったく解さないにいちゃん、
最初は意味がわからず困惑している。

悪戦苦闘の末、ようやく事態を理解したようだ
店の奥にいって、ゴニョゴニョ事務のおばちゃんと
相談している。

しまには、電卓片手のおばちゃんがでてきて
あーだこーだと大騒ぎになった。

すったもんだの末、
無事に1枚60Bで商談成立。

ん?いつの間にか
K氏も、買っているぞ。。(´・ω・`)

見てたら、
欲しくなっちったみたひである。

二人でおそろい、番号違いだぞ(´・ω・`)

そんなわしらの様子を見て
おばちゃんと、あんちゃん、
この日本人何考えてるんだ的に大笑いしている。

わしらもいっしょに
おおわらい(ぷ

【今日のまとめ】
工場直販(ぷ
2007-02-18

■灼熱バンコク、激辛グルメ食べまくりツアーその12

テーマ:☆タイ・ラオス
8

晩ごはんは、近所の食堂で、
豚の喉肉、鴨のラープ、焼き赤貝に

それから、カエルの酸味のあるスープ

クヮクヮクヮ♪

蛙は日本だと、
腿のところがが鶏の手場先みたいな感じで
でてくることが多いが
これは、全身のブツ切り(ぷ

ゲゲゲゲ♪

Cimg0081.jpg


ちと、グロい。

なんだろう、これっ?

皮か。。。

カエルさんの背中と腹の境目の
ツートンカラーのとこの模様が
そのまま見えるぞ。(´・ω・`)

クヮクヮクヮ♪

こっちは、なんでしょ?

この筒状のものは。。(´・ω・`)

【今日のまとめ】
ぐぇ、ぐぇ、ぐぇ♪
2007-02-17

■灼熱バンコク、激辛グルメ食べまくりツアーその11

テーマ:☆タイ・ラオス
CIMG0094.JPG

行きのオンボロバスに懲りたので
帰りは、157Bの上等なほうのバス会社をチョイス。

パスの出発を待つ間、貝細工や珍味の店が並ぶ市場をひやかす。
なんだか、江の島みたいである。

13時、定刻通り、バスターミナルを出発する。

ところが、ところが。。。

行きのバスは、おんぼろだったが
ほぼノンストップだった。
それに比べて、こちらのバスは、
そこら中にやたら停る。

そのため、バンコク名物の渋滞に巻き込まれてしまい
結局、4時間以上かかり17時過ぎにようやく到着する。

部屋に戻り、荷物をおき
近くの屋台で、ヤムウンセン(春雨サラダ)

近所の主婦が晩ごはんのおかずに買いにくる屋台だ

だから、ビアシンはおいてない。
コンビニから自分で買ってくるのだ。

ヤムウセンは、当然、手加減なし
本格的に辛い。

体の芯から、汗がにじみでてくる。

【今日のまとめ】
まじに、辛旨い。
2007-02-15

■灼熱バンコク、激辛グルメ食べまくりツアー その10

テーマ:☆タイ・ラオス
71
午前中ビーチですごし、11時にチェックアウト。

同行のK氏は、2週間後に彼女とくるために
ついでに、予約していくことにする。

旧正月は、タイでは連休となるため混雑するのだ。

K氏:「17日から3泊なんですけど?」
宿の人:「あいにく、1ベッドの部屋しかあいておりません」
K氏:「ぢゃ、それでいいです」
宿:「ワン・ビック・ベッドルームなんですけど・・・」
K氏:「ノープロブレム」にこやかにこたえるk氏
宿:「・・・・」K氏をぢっとみて、それからわしのほうをチラ見する。

(( ;゚Д゚)))ハッ!

も、もしかして

(( ;゚Д゚)))ち、チガイマスヨ。

完全に誤解されている。。。

  *

港へ向かう帰りのみちすがら、
笑顔のかわいいおねえさんがいる
ベーカリーで、バナナケーキを購入する。

1個25B。

けっこう、よひお値段

昨晩から、お姉さんをあいてに
これを20Bに値切ろうと交渉したが
まったく、おとす気配がない。

手強い。(´・ω・`)

ニコヤカに
「イーシップハーバーツ(25B)」

である。

73
フェリーを待つ間に、近くの食堂で白カレー
鶏をココナッツミルクで煮たスープ。

トマトがはいっている。(´・ω・`)

食後は、さっき買ってきたバナナケーキ(25B)。

懐かしい味。

昔、サムイの村でよく食べたなぁ。。

74

ぐぅ。

【今日のまとめ】
完熟バナナがたっぷりはいっていて
しっとりしてて、素朴な甘さが”ほのぼの”とぐぅ。
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。