1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-10-31

■ビンタイ市場の朝

テーマ:☆ベトナム
vn019.JPG
最終日の朝、6時に起きて町にでる。

違う匂い、違う空気。

すすけた風景
ぬかるんだ道をゆく

地べたに座るすさんだ目をした人々の
軽い敵意と侮蔑を含んだ視線が痛い。

カフェでぼんやりと時をすごす
甘いベトナムコーヒが染み込んでいく

【今日のまとめ】
少し疲れた心とからだに・・。
2005-10-31

■ビンタイ市場 目玉焼のせ焼ビーフン 5000ドン

テーマ:☆ベトナム
vn020.JPG
チョロン ビンタイ市場 目玉焼のせ焼ビーフン 5000ドンの写真
2005-10-30

■チョロンで雨宿り 

テーマ:☆ベトナム
vn016bis.JPG
チョロンの街をウロウロしてたら
急に、真っ黒な雲がモクモクと空を埋め尽くす。

遠くのほうで、ゴロゴロ鳴り出す。

店員さんたちは手馴れた様子で
手際よく、店先の商品を奥にひっこめたり
ビニールシートを広げたりしはじめる。

雨が、振り出した。

見る間に、街が白く煙る。

雨の勢いが増していく。

大粒の雨がものすごい勢いで
地面をたたく。

雷がドカーン、ドカーンと
そこら中に落ちる。

これに比べると、
日本でいふ集中豪雨なんて霧雨みたいなもんである。

目の前の道路は、あっといふまに
膝下ぐらいまでの濁流にかわる。

甘くて、コクのある
ベトナムコーヒーを飲みながら
ベトナム人と大騒ぎしながら雨宿りしてみた。

【今日のまとめ】
どかーん。ぎゃー!

晩ゴハンは、チョロンでベトナム人で
大混雑してた東源鶏飯で薬膳スープを食べたよ。
2005-10-30

■チョロン 東源鶏飯 烏骨鶏スープ 26000ドン

テーマ:☆ベトナム
vn017.JPG
烏骨鶏(うっこけい)スープ 26000ドン の写真
2005-10-30

■チョロン 豚肉の炭火焼 8000ドン

テーマ:☆ベトナム
vn015.JPG
サイゴンの下町チョロンへいってみることにする。

バスは片道2000ドン。

年寄りが乗り込んでくると、
女性車掌さんが「ほら、あんたたち」みたいな感じで、席をあけさせたり

狭いところに座る老婆に、
おとなしそうな女子学生が声をかけ、
自分の席とかわろうとしたりする。

15分ほどで、チョロンに着く
強烈な世界である。

路地といふ路地に
びっしりと店が並び、
バイクが奔流となり流れてく。

金物屋の並ぶ通りで
ニョクマムかなんかのタレにつけた豚肉を
炭火で焼いてる屋台があったので食べてみた。

ぐぅ。

香ばしくて、肉の旨味が凝縮してる。

【今日のまとめ】
おまけについてくる
ダイコンのスープも、ぐぅ。
2005-10-28

■サイゴン タイビン市場 バイン・セオ 5000ドン

テーマ:☆ベトナム
vn013.JPG
早起きして、タイビン市場へゆく。

観光用の華やかなベンタイン市場とは違って

こちらは、サイゴンの庶民が
日常の食材を揃える、ケの市場である。

『市場のそばにうまいものあり』
うまひもん探しの”定石”である。

いくつもの店の中、ガンガンの強火で、
ベトナム版お好み焼き”バイン・セオ”を
焼いてるおばちゃんがいた。

と、ところが、このおばちゃん愛想がない。
そばにたって、みてても無視である。

こえぇ(´・ω・`)

しばらく粘るが、しまいには睨まれて
手をヒラヒラさせて、ダメだしされてしまう。

 余談だが、
 日本では何かを断ったりする時
 手を左右に振るが
 ベトナムでは この掌を振る仕草になる。
 ※お遊戯のキラキラ星の振り付けと同じね。

 このヂェスチャ、
 ひつこい客引きに、意外なほど効果がある。

閑話休題。

このまま、引き下がるわけにはいかないので
一周、してから、おばちゃんに
日本語で「おばちゃん、一つちょうだい」って
笑顔でいって、無理やり椅子に座ってみた。

おばちゃん、しょうがいないわねって感じで
イヤイヤ焼きたてのバイン・セオをだしてくれる。

日本で食うと、バインセオって
期待するほどうまくないことが多いけど

これ、うまひの。

食べ終えて、おばちゃんに
元気に「ごっそーさん」っていふとね

おばちゃん、小さく小さくうなずいた。

【今日のまとめ】
眼鏡の下の鋭い目が
少しだけ優しくなったよ。
2005-10-27

■ ”アオザイとパジャマ”

テーマ:☆ベトナム
vn010.JPG
わしがベトナムを訪れた理由のひとつに
アオザイである。

アオザイは、ゆうまでもなく、
ベトナムの民族衣装である。

風になびく黒髪、細い柳腰
うっすら透けたりなんかもする。

むふふ。

だが、しかーし。

街中でほとんどアオザイをみかけないぞヽ(`Д´)ノ!!

学生さんの制服のアオザイを
かろうじてみかけるが

これが、
後姿は良ひが、
前にまわると・・・

いただけなひ(´・ω・`)

憧れのアオザイのかわりに
ベトナム女性が着てるのは、
テラテラのパジャマである。

楽チンなんでしょーね
日本では寝巻きであるが、
ベトナムでは、ごく当たり前のように
パジャマで外を出歩いている。

隣で、雛鳥の形状になりかけの茹で卵を
おいしそうに、つつく若い女の子も
”パ・ジャ・マ”である。

【今日のまとめ】
英語でゆうところのピィジャマァ。
2005-10-26

■サイゴン 路地裏 すっぴんのサイゴン

テーマ:☆ベトナム
vn011.JPG
ホット・ヴィット・ロン 3000ドン オクニョイ 5000ドン
ゴイクン 2500円1個

ビール三昧の2日間のビーチ滞在を終え
真っ黒に日焼けし、サイゴンに戻る。

バスがサイゴンにつくと
とるもの(部屋)もとらず、
荷物を抱えたまま、路地の探索へでる。

表通りが観光客相手のよそ行きの顔なら
細い路地は、生活感漂ったすっぴんである。

ゴワゴワパーマのおばちゃんがやってる露店で
有名なホット・ヴィット・ロンとオクニョイを食べた。

ホット・ヴィット・ロンは
孵化(ふか)直前のアヒルの卵、
蒸したものを、ヌクマムと塩をつけて
ミントの葉といっしょに食べる。

オクニョイはタニシ。
風味よひ味付けは、日本人好み

ついてに、
ゴイクンを2個食べてみた。

【今日のまとめ】
酒のつまみにぴったり。

------------------------------
*注:ベトナムの話は、日本に戻ってからの
 更新でござりまする。
2005-10-26

■ムイネ 漁村 ベトナムうどん 5000ドン

テーマ:☆ベトナム
vn022.JPG
地上50cmでみえる世界。

ベトナムには、
屈託のない子供たち反対に
心を固く閉ざした大人たちがいる。

こちらにはまったく感心をしめさず
背を向け無表情にうどんをすするおっちゃん。

真っ黒なほったって小屋の中で
呆然と遠くを見つめる老婆。

おつりにもらった紙くずみたいな
ボロボロの1000ドン紙幣が見てきたのは、
いったいどんな世界だつたのだろう。
2005-10-24

■ムイネ バイン・カン 10000ドン

テーマ:☆ベトナム
vn023.JPG

濃紺の空が水色にかわる朝五時に起床し
散歩に出る。

朝もやの煙る素朴な漁村をトコトコと歩く。

質素な家が並ぶ。

朝日が、やしの木の間から
差し込んできた。

道行く人に笑顔で挨拶をする。

大人たちの驚く顔、
子供たちの輝く瞳。

道端の屋台で、大型のたこ焼きみたいな鉄鍋で
ぢゅーぢゅーと小型のお好み焼きらしきものを
ばあさんが焼いている。

5cmぐらいの生地に、
具はイカ、豚肉、もやしetc

もちろん英語なんて通じない。

身振りで、ひとつと注文すると
ばあさん、小さくうなずく。

まわりの客は、おっかなびっくり
こちらの様子をうかがっている。

焼きあがったお好み焼きが2個と
ニョクマムのタレ、生野菜がきた。

ばあさんが、気をつかって
手元の”ばっちぃ布巾”で
箸を拭いてくれる。

ば、ばあさん。

1万ドン札をとりだすと
おばちゃん、ちいさくうなずく
 *1万ドン=約75円

そぼくだけどうまひ。
お好みといふより、明石焼きに近いだろうか。

2個食べ終わるぐらいに
つぎの3個がいれられる。

えっ?

おばちゃん、うなずく

3個目を食べようかするとき
さらに、3個が・・。

ば、ばあさん。

ばあさん、さらに
焼こうとする。

どうやら、1万ドンぶん
やくつもりらしい。

【今日のまとめ】
ば、ばあさん、ぎぶだ。
も食えん。(´・ω・`)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。