社民党の阿部知子政審会長、国民新党の下地幹郎国対委員長らが31日、首相官邸に平野博文官房長官を訪ね、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合に人工島を建設する政府の検討案について「基地が恒久化されることになる」と撤回を申し入れた。平野氏は「米側との交渉は非常に厳しい。(基地の)危険性の除去という認識に立って決断したい」と述べるにとどめたという。

 米側は移設先を見直す前提として地元と連立与党の合意を求めており、沖合案に積極的な平野氏は苦しい立場に立たされている。【西田進一郎】

【関連ニュース】
普天間移設:米国防長官「海兵隊は沖縄にいる必要がある」
普天間移設:「現行案が最善」米国務長官が強調
普天間移設:政府案「月内」断念 米の反応厳しく
郵政改革:首相、連立を優先 郵貯上限2千万円
谷垣総裁:「気迫持って迎えたい」党首討論に決意

<政党機関紙配布>74年の判例疑問視 「逆転無罪」判決(毎日新聞)
21歳陸士長、隊員寮から10万円盗んだ疑い(読売新聞)
「偽装献金」参院選見据え結審へ 急ぐ民主 火種消せず(産経新聞)
官房長官、首相元秘書初公判で「コメントする立場にない」(産経新聞)
<普天間移設>政府案「月内」断念 米の反応厳しく(毎日新聞)
AD