自民党の福田康夫元首相は20日、党本部で開かれた憲法改正推進本部の会合で、参院の現状について「今のやりかたであるなら二院制の必要はない。参院が政争の具に使われないようなシステムにしなければいけない」と述べ、憲法改正では党派色のない参院にするように検討すべきだとの考えを示した。

 参院に党派色が強まったのは「自民党総裁選だ。参院を握った方が圧倒的有利を誇るからだ」と分析。その上で、民主党の小沢一郎幹事長の「力の源泉」についても言及し、「小沢さんが民主党で力があるのは、参院を握っているからだ。言っちゃ悪いが、輿石(東参院議員会長)さんがこけたら、小沢さんはやりようがなくなってくるんじゃないか」と述べた。

【関連記事】
各党は参院改革を公約に 「政争の府」から「良識の府」へ
「愚かな首相」は共感を得られるか
政府答弁書 輿石氏の農地違法転用で「原状回復措置を講ずべき」
輿石氏「タコは逆風のほうが高く揚がる」 小沢氏、来週から全国遊説スタート
民主参院議員総会、輿石氏「一致団結を」 蓮舫氏「説明せよ」

一過性?進む5野党共闘 与党支持率低下、対決姿勢で足並み(産経新聞)
沿道住民らへの賠償命じる=差し止め請求は棄却―国道工事訴訟・広島地裁(時事通信)
小沢氏再不起訴 大鶴次席検事「捜査尽くした」(産経新聞)
普天間「ほぼ現行案」に地元心外 「強行すれば暴動起きはしないか」(J-CASTニュース)
妊娠→薬→堕胎 結婚控えたイケメン医師 焦燥と暴発の果てに…(産経新聞)
AD