自民党の石破茂政調会長は14日、東京都内で行われたアジア調査会(会長・栗山尚一元駐米大使)主催の講演で、新党「たちあがれ日本」について「ともに民主党を倒すという思いであれば、どう共闘するかを考えるのが大事だ」と述べ、夏の参院選での選挙協力に前向きな考えを示した。また、米軍普天間飛行場移設問題などを巡って鳩山由紀夫首相が参院選前に退陣した場合、「(衆参)ダブル選挙を想定しなければいけない。その可能性は高い」と指摘した。

【関連ニュース】
普天間移設:5月末決着…米大統領への首相の直談判不発
自民党:大島幹事長「同日選も想定」
普天間移設:「5月末決着」明言 首相が米大統領に
社民党:北マリアナ下院議長、テニアン移設歓迎 照屋氏
普天間移設:県外移設の検討 平野長官も明言

【from Editor】懐かしい上坂先生の一喝(産経新聞)
ヘリ近接飛行で事実関係照会=中国側に外交ルートで-防衛省(時事通信)
上田容疑者、8回目の逮捕=連続不審死、詐欺容疑―鳥取県警(時事通信)
<雑記帳>小遊三、たい平両師匠の古里対決“場外”でも(毎日新聞)
水俣病「救済措置」を閣議決定…全面解決へ(読売新聞)
AD