国土交通省は2日、大阪市のミレ建築設計事務所の張武雄一級建築士(65)が構造設計した共同住宅の構造計算書に偽装が見つかったと発表した。国交省は、同事務所が携わった7府県119の物件に問題がないかどうか調査を始めた。
 119件の内訳は、大阪府104件、京都府7件、兵庫県2件、滋賀県3件、奈良県1件、和歌山県1件、岡山県1件。鉄骨造り2、3階建てのアパートが中心という。
 偽装が見つかったのは京都府八幡市内に建設予定の鉄骨3階建て共同住宅。事前審査で偽装が発覚したため、工事は行われていない。 

拉致解決へ「重要な時期」=知事の会に中井担当相(時事通信)
<火災>塗装工場全焼、出火時は無人 埼玉・戸田(毎日新聞)
「捜査員の労苦に敬意」=銃撃事件時効で国松元長官(時事通信)
郵政決着、小沢流戦術が影響 参院選にらみ「郵政票」に軍配(産経新聞)
特別背任容疑で告発のNOVA元社長、不起訴(読売新聞)
AD