ジョニー・デップという役者はスゴイです。いくつ引き出しがあるか判りません。

 そして、好みです。好物です、趣味です、この方。見ていて飽きません。いつも違う顔を見せてくださいます。必死で追いかけております。あなたもお仲間?
 
                                                                                                        
 
       Johnny Depp

     1963年6月9日生まれ
    アメリカ / ケンタッキー州
   本名:John Christopher Depp II


以下、ジョニー・デップをお家で観たい人のお役に立てば…、のリストです。



アミューズソフトエンタテインメント
エルム街の悪夢 スペシャル・エディション
(1984・出演)人の夢に巣食う鉄の爪の殺人鬼フレディ・クルーガーと少女の死闘を描いた傑作ホラー。ジョニー衝撃のデビュー作!


マイアミ・ホット・リゾート<未>(1985) 出演  (DVD不明)


20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
プラトーン〈特別編〉
(1986・出演)1967年、ベトナム。貧しい人々からの徴兵に憤りを覚えた名門大学生のクリスは、学校を中退して志願兵となり戦場にやって来る。。巨匠、オリバー・ストーンによる戦争映画の傑作。


20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
シザーハンズ <特別編>
(1990・出演)エドワードは、発明家の博士によって生み出された人造人間。だが、完成直前に博士が急死してしまった為、彼は両手がハサミのままこの世に残されてしまう。鬼才ティム・バートン監督の描くラブ・ファンタジー。抱き寄せたくても、手がハサミなので彼女に触れることもできない、エドワードの切なさが悲しかった。

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
クライ・ベイビー スペシャル・エディション
クライ・ベイビー (1991・出演)
ヘアスプレー」で一般映画を手がけるようになった、カルト映画の帝王J・ウォーターズ監督作品。50年代末のティーンズ映画の雰囲気そのままに、伝説的なロッカーでバイカーの主人公と、彼に憧れる少女のロマンスを、ミュージカル風に描いた快作。右目の下の涙の刺青がトレード・マークの主人公を、デップが好演。映画初主演した記念碑的作品!!カリスマ味とか・・


ジェネオン エンタテインメント
アリゾナ・ドリーム
アリゾナ・ドリーム (1992・出演)
アクセルは、叔父の結婚式に出席するためにアリゾナへ。そこで知り合ったのは、夫を射殺したというお金持ちの未亡人。アクセルは彼女の家に居候し、未亡人と関係を持ちながら、その娘と恋に落ちるが、娘は自殺願望癖がある。なんとも不思議な雰囲気の中繰り広げられる、人間ドラマの佳作。ベルリン映画祭銀熊賞受賞作品。


角川エンタテインメント
ギルバート・グレイプ
(1993・出演)「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」のスウェーデンの監督、ハルストレムのハリウッド進出二作目で、日本でも成功を収めた黄昏色の青春映画。アイオワ州エンドーラ。この退屈な町から生まれてこの方24年間出たことがない青年ギルバートは、ハンディを持つ弟アーニー、夫亡きあと過食症を病む250kgの母親、2人の姉妹の面倒を見ている。彼は家族を守ることに精一杯で、自分の夢や希望を見失ってしまっている。ある日彼の前にベッキーという少女が現れる。風のように自由なベッキーに、ギルバートは魅かれていく。デップをはじめ、演者みんなが素晴らしく、特に弟役のL・ディカプリオは傑出した名演を見せる。


20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
妹の恋人 特別編
(1993・出演)ベニーには、神経症で社会にうまくとけ込めない妹ジューンがあった。ある日彼らの前にサムという、サイレント映画に憧れる不思議な雰囲気を持つ青年が現れる。無口なサムのパントマイムは、たちまちジューンの心を開いていくが…。


ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
エド・ウッド
(1994・出演)実在の映画監督で、“史上最低の監督”と謳われた、エドワード・D・ウッド・ジュニア--通称エド・ウッドの伝記的作品。50年代のハリウッド。スタジオの片隅で使い走りをしながら、映画監督になる日を夢見て働いていた映画青年エドは、ある日業界誌に載った性転換をした男性の物語の映画化を知り、本物の服装倒錯者だったエドは、シナリオを3日間で書き上げ、ふとしたきっかけで知り合った往年のドラキュラ俳優、ベラ・ルゴシを出演させることを条件に資金、監督デビューを飾るが…。製作・監督のティム・バートン。


ポニーキャニオン
ザ・カンヌ・プレイヤー
(1995・出演)劇場未公開。 カンヌ映画祭で繰り広げられる熾烈な映画ビジネスを、一人の山師的プロデューサーの目を通して描くフェイク(偽)ドキュメンタリー。プロデューサーのサイは、誰であろうとカンヌ映画祭のスターに仕立てることができると豪語、みんなと賭けをする。サイは、実際に普通のタクシー運転手をスターにしてしまう。ジョニー・デップ、ジム・ジャームッシュなどの有名俳優・監督が素顔で次々登場。この作品の監督の、人的ネットワークの凄さが見どころ。


パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
ニック・オブ・タイム
(1995・出演)税理士のワトソンはLAのユニオンステーションで、警官を装った暗殺者たちに目をつけられ、娘を人質にとられる。彼らは「90分以内にカリフォルニア知事を暗殺せよ」とワトソンに指示を出し、彼は知事がいるホテルで右往左往するハメに。
 ジョニー・デップが、とんでもない事件に巻き込まれた平凡な税理士を熱演。助けも求められないまま、刻一刻と時間が過ぎていき、恐怖と緊張で汗ばんでいくニックの一挙一動から目が離せない。スリリングなサスペンス。監督はジョン・バダム。共演はクリストファー・ウォーケン。


ビクターエンタテインメント
デッドマン
(1995・出演)
舞台は19世紀の西部。とある町を訪れた会計士のウィリアム・ブレイクは、ある娘を助けたことから胸を撃たれ、瀕死の重体のまま町を出る。しかし追っ手に後を追われ、森に逃げ込んだ彼は1人のネイティブアメリカンに助けられる。
胸に銃弾を抱えた瀕死の男と、彼を助ける無口なネイティブアメリカンの不思議な旅を描く異色ロードムービー。監督はジム・ジャームッシュー。ニール・ヤングの即興演奏と気だるい不思議な映像に引き込まれる。


松竹
ドンファン
(1995・出演)ニューヨークの優秀な精神科医ジャック・ミックラーは、引退を間近に控えたある日、青年がビルの屋上から飛び降り自殺を図ろうとしているとの通報を受ける。現場に駆けつけたジャックの説得により自殺を思いとどまった青年は、そのままジャックの勤める病院で観察されることになる。21歳のその青年は自らを「愛の貴公子ドンファン・デマルコ」と名乗るだけで、本名も住所も過去もわからない。さらに彼は仮面とマントに剣まで携え、時代錯誤も甚だしい。だが、彼の発する甘くロマンチックな雰囲気に看護婦たちはすっかり魅了されてしまっていた。そして華麗なる愛の遍歴を語り出したドンファンに、セラピーに当たるジャックもまた次第に影響され始め、妻への忘れかけていた愛情を呼び覚ますのだが…。
 伝説のプレイボーイ、ドンファンを名乗る青年が、周囲の人々に愛する気持ちを呼び覚ましてゆく様を描いたファンタジックなラブストーリー。若きデップがエレガントでロマンチックなドンファンを妖艶な魅力で好演。潤んだ瞳で愛の逸話を語る様は実に堂に入っている。


ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ブレイブ
(1997・監督/脚本/出演)ネイティブアメリカンの青年が、貧困の末、妻子を守るために、人間の死を撮影するスナッフ・フィルムへの出演を承諾。撮影までの日々を、家族との最後の幸せな日々にしようとする主人公の決心に、胸が痛くなる人間ドラマ。
ジョニー・デップが初めて監督&脚本&主演した本作では、自らのルーツであるネイティブアメリカンの世界を描いた。悲しいストーリーを美しい映像で描いた渾身の一作は、デップの魂のドラマと言えよう。娯楽の要素はないが、彼の芸術性、作家性がむきだしになった、ファン必見の1本だ。イギー・ポップ、マーロン・ブランドが共演。イギーは音楽も担当している。
後のインタビューで「監督と役者を同時にやってはいけないことを知ったよ」と語った。
 監督の腕は賛否両論。


ポニーキャニオン
フェイク
(1997・出演)
70年代半ばから6年間、ニューヨークのマフィアに潜入したFBI捜査官の手記を原作にした実話。一人で潜入し、巨大ファミリーを壊滅させた覆面捜査官ドニーにデップ。そのドニーを信じ弟分としてファミリーのルールを教える、もう1人の主人公レフティ役にアル・パチーノ。
いつかは昇格してやろうと夢みるうだつのあがらないマフィアの役を、パチーノが悲しいまでに好演している。ドニーも仕事としてマフィアを陥れる罠を仕掛けていくものの、レフティとの絆は深くなっていく。この2人の友情が、悲しく美しく、そして切ない。ラストシーンでのデップの瞳は切ない。


アミューズソフトエンタテインメント
ラスベガスをやっつけろ
(1998・出演)鬼才テリー・ギリアム監督が、1971年に発表された伝説のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの同名原作を映画化。スポーツ記者のラウル・デュークと、サモア人で弁護士のドクター・ゴンゾー。彼らは“ミント400”というバイクレースの取材のため、トランク一杯に「治療薬」と称したあらゆるドラッグを詰め込み、一路ラスベガスへ向かった。超一流ホテルのスウィートルームに到着した彼らは、取材そっちのけで、早速ドラッグ三昧。ホテルを荒らしまくり、ルームサービスを派手に使い、やりたい放題。しかし一見狂ったような行動をする彼らには、ある目的があった……。
 今回のジョニーくんは、くわえタバコにガニ股、ハゲ頭と、これまでのイイ男ぶりを一新し、新境地を開拓しております。。


ジェネオン エンタテインメント
GO! GO! L.A. デラックス版
(1998・出演)イギリスの片田舎で葬儀屋を営むリチャードは、ある日墓場でロサンゼルスから来た女優の卵のバーバラと出会う。一目で恋に落ちたリチャードはフィアンセや仕事を捨て、彼女を追ってL.A.へ飛ぶ。しかし、根っからイギリス人のリチャードは、ハイテンションなこの街にとけ込めない。そんな彼を親身に面倒を見てくれるギタリストのモス。おかげでリチャードは何とかバーバラとめでたく結婚に漕ぎ着け、脚本家としてのチャンスも掴んで超ハッピーだ。ところが映画業界人の集まるパーティで、リチャードが大騒動を起こしてしまう…。
 ロサンゼルスを舞台に2組のカップルの恋の行方を描いた、オフ・ビートなラブコメディ。


コロムビアミュージックエンタテインメント
ビートニク
(1999・出演)1950年代に巻き起こったムーブメントで、その後のサイケ、ラブ&ピース、ヒップホップなどあらゆるポップカルチャーの原点となった"ビート"とビート・ジェネレーションの全貌に迫った異色のドキュメンタリー。関係者への証言インタビューとビートの影響を受けた人々の膨大な映像クリップ、さらにはビートの中心人物であるジャック・ケルアック、アレン・キンズバーグ、ウィリアム・バロウズの若き日を再現したドラマで構成されている。ドラマ部分にはジョニー・デップをはじめとする一流スターを起用する他、作家のポール・ボウルズやミュージシャンのボブ・ディランなど各界を代表する一流アーティストのインタビューなど見どころ満載だ。また、スタン・ゲッツ、ドアーズなどの使用楽曲も聴き逃せない。製作総指揮はキンズバーグと旧知の親友でもあり、独自の色彩と構図によるシルクスクリーンで世界的画家として有名なヒロ・ヤマガタ。


ジェネオン エンタテインメント
ナインスゲート デラックス版
(1999・出演)金持ちの収集家のために希少価値の高い書物を探すブック・ブローカーのディーン・コルソは、悪魔研究家のバルカンからこの世に3冊だけ現存する「影の王国への九つの扉」という伝説の悪魔書を探すよう依頼される。1冊は既にバルカンが所有しているので、残る2冊も手に入れたいというのだ。ところが、この書物は関わった人物が謎の死を遂げるといういわく付きのシロモノだった。"魔界の扉を開く"書物の争奪に巻き込まれた男に、衝撃的な運命が待ち受けていた。
 ロマン・ポランスキー監督自身が惚れ込んだ恐怖の世界にデップが挑む、究極のオカルト・サスペンス。


ポニーキャニオン
スリーピー・ホロウ<DTS EDITION>
(1999・出演)伝説の首なし騎士による連続殺人事件に挑む捜査官の姿を描くゴシック・ホラー。監督は「マーズ・アタック!」のティム・バートン。へんです。おかしいです。またもデップは怪演です。


ノイズ ◆20%OFF!
ポニーキャニオン
ノイズ
(1999・出演)NASAの宇宙飛行士スペンサーが宇宙空間での作業中、「あれは何だ」という言葉とともに2分間交信を断った。NASAの懸命の救出作業により、彼は奇跡的に生還。妻のジリアンも、彼の無事を心から喜んだ。しかし地上に戻ってきた夫に対し、彼女はどこか違和感を感じる。さらに、彼と行動を共にしていた同僚が変死。斬新なアイデアと、独自の映像センスを持つランド・ラビッチ監督のデビュー作となるSFサスペンス映画。主演は監督たっての希望によりキャスティングされた。


角川エンタテインメント
耳に残るは君の歌声
(2000・出演)迫害を逃れて渡米した父を探す長い旅を始めた、ユダヤ系ロシア人少女の揺れ動く運命に燃え上がる、愛と悲しみを描いた感動ドラマ。「オルランド」のサリー・ポッター監督作品。祖国を離れ、やがて自分の歌声を見つける少女役をクリスティーナ・リッチが務め、すべてを見つめる眼、震える瞳が強烈な印象を残した。そして、民族の違いを越え、愛し合う白馬のジプシー役をジョニー・デップが務め、どうにもならない無力の哀しみを巧く表現した。


アスミック
夜になるまえに
(2000・出演)カストロ政権下のキューバに生まれ、20歳で作家デビューしたレイナルド・アレナスはホモセクシュアルだったことから迫害を受け、投獄まで余儀なくされる。1980年にアメリカへ亡命するが、エイズを発病し、薬剤を多量に摂取し、1990年に自殺した…。
海と詩と男たちを愛したキューバの亡命作家、レイナルド・アレナスの自伝を、「バスキア」のジュリアン・シュナーベル監督が映画化。レイナルド・アレナスの熱心な読者でもあるデップがゲスト出演し、華麗な女装まで披露している…。


東北新社
ロスト・イン・ラ・マンチャ
(2001・出演)『未来世紀ブラジル』で知られるテリー・ギリアム監督は新作『ドン・キホーテを殺した男』の製作に着手した。製作費50億円、出演はジョニー・デップ! しかしクランク・イン6日目にして、本作は撮影中止に追い込まれてしまった。
史上初の作られなかった映画のメイキング・フィルムとなってしまった、画期的?なドキュメンタリー映画。


20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
フロム・ヘル
(2001・出演)ジョニー・デップが”切り裂きジャック”に挑んだ衝撃のバイオレンス・スリラー。共演はヘザー・グラハム、イアン・ホルムほか。1888年、ロンドン。アヘンの幻覚に身をゆだねた警部、だが、イギリス紳士にデップが挑んで捜査します。


タキコーポレーション
ブロウ
(2001・出演)’70年代にアメリカ裏社会、ドラック・マーケットに君臨した伝説の麻薬王ジョージ・ユングの波瀾に満ちた半生を映画化。今年1月に38歳でこの世を去ったテッド・デミ監督の遺作となった衝撃のドラマ。


ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード コレクターズ・エディション
(2003・出演)CIA捜査官サンズは、たった1人で2つの町を始末した伝説の男、エル・マリアッチに将軍マルケスの暗殺を依頼する。その頃男たちの思惑が幾重にも交錯し、メヒコの大地に激戦の時が訪れようとしていた・・・。ロバート・ロドリゲス監督がおくるメヒコ・アクションの第3弾。
リンチにあったり、撃たれたり。面白すぎです、ジョニー!


ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
パイレーツ・オブ・カリビアン / 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション
(2003・出演)海賊たちが大海を荒しまわった遥かなる時代…。ひと組の若き恋人たちと孤独を愛する謎の男。そして、呪われし海賊たちを巡る冒険のドラマ! デップの怪演ぶりが炸裂! 
デップもお気に入りの作品で、第二作の制作に強力プッシュ。近いうちに再びスクリーンでジャック船長に会えるでしょう。。


アートポート
フレンチなしあわせのみつけ方
(2004・出演)2組の夫婦と、気ままに生きる独身男の、それぞれが抱える家庭の問題や恋愛の行方を描いた作品。フランス映画にデップが登場。R-15指定。


アミューズソフトエンタテインメント
ネバーランド
(2004・出演)劇作家ジェームズ・バリが、未亡人シルヴィアとの出会いをきっかけに、名作「ピーター・パン」を書き上げるまでを描く感動作。デップの余裕のある演技で、笑いと感動にふくらみを持たせてくれる。今回は、ひたすら演技の上手さに唸り、滂沱(ぼうだ)の涙を流すなり。。


ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション
(2004・出演)人気作家モート・レイニー(ジョニー・デップ)の前に謎の男、シューター(ジョン・タトゥーロ)が現れる。彼は自分の小説がモートに盗作されたという。覚えのないモートにつきまとうシューター。シューターの行動は徐々にエスカレートしていく。彼の姿を見た者、正体を探る者は命を落とす。スティーヴン・キングのミステリー。
よれよれの服に無精髭でも、良い男は観ていて楽しい♪


ワーナー・ホーム・ビデオ
チャーリーとチョコレート工場
(2005・出演)ジョニー・デップとティム・バートン、全世界が注目する最強タッグが贈りだす、夢と希望のファンタジック・ムービー。風変わりな服装、そして白塗りにおかっぱ、またも風変わりなキャラクターを生み出してくれました! プロモーションのために来日していました。どのインタビューでも良い人ぶりが炸裂していました。映画が好きなんですね~。




[001] ■  チャーリーとチョコレート工場(2005) 出演
[002] ■  シークレット ウインドウ(2004) 出演
[003] ■  ネバーランド(2004) 出演
[004] ■  フレンチなしあわせのみつけ方(2004) 出演
[005] ■  パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003) 出演
[006] ■  レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード(2003) 出演
[007] ■  ブロウ(2001) 出演
[008] ■  フロム・ヘル(2001) 出演
[009] ■  ロスト・イン・ラ・マンチャ(2001) 出演
[010] ■  ショコラ(2000) 出演
[011] ■  夜になるまえに(2000) 出演
[012] ■  耳に残るは君の歌声(2000) 出演
[013] ■  ノイズ(1999) 出演
[014] ■  スリーピー・ホロウ(1999) 出演
[015] ■  ナインスゲート(1999) 出演
[016] ■  ビートニク(1999) 出演
[017] ■  GO!GO!L.A.(1998) 出演
[018] ■  ラスベガスをやっつけろ(1998) 出演
[019] ■  フェイク(1997) 出演
[020] ■  ブレイブ(1997) 監督/脚本/出演
[021] ■  ドンファン(1995) 出演
[022] ■  デッドマン(1995) 出演
[023] ■  ニック・オブ・タイム(1995) 出演
[024] ■  ザ・カンヌ・プレイヤー<未>(1995) 出演
[025] ■  エド・ウッド(1994) 出演
[026] ■  妹の恋人(1993) 出演
[027] ■  ギルバート・グレイプ(1993) 出演
[028] ■  アリゾナ・ドリーム(1992) 出演
[029] ■  クライ・ベイビー(1990) 出演
[030] ■  シザーハンズ(1990) 出演
[031] ■  21ジャンプ・ストリート<TV>(1988~1989) 出演
[032] ■  殺しに熱きテキーラを<TVM>(1986) 出演
[033] ■  プラトーン(1986) 出演
[034] ■  マイアミ・ホット・リゾート<未>(1985) 出演
[035] ■  エルム街の悪夢(1984) 出演

AD