Ray/レイ

テーマ:

レイ  本作の完成直前に惜しくも他界した盲目の天才ミュージシャン、レイ・チャールズの生涯を描いた、伝記的映画。
 
 アメリカ、ジョージア州の貧しい家庭に生まれたレイ・チャールズは、子供の頃に弟を亡くした。そのことが大きなトラウマになってしまう。それが原因か視力も失ってしまうが、レイの母親は甘やかすことはなく、厳しく彼を育て上げた。やがて17歳となったレイはシアトルに旅立つ。そこで知り合ったバンド仲間とともに成功の道を登り始め、彼のピアノと歌はまたたく間に全米中オンエアされるようになる。音楽の才能が認められ"盲目の天才"と呼ばれるようになった。しかし、その裏で女癖の悪さと麻薬に溺れるように…。

 第77回アカデミー賞主演男優賞、音響賞の2部門を始め、数々の賞を受賞した本作。2004年6月に他界した"ソウルの神様"レイ・チャールズをジェイミー・フォックスが圧倒的な存在感で演じ、黒人俳優としては史上3人目となる主演男優賞受賞を果たした。監督はレイ・チャールズと深い親交があったテイラー・ハックフォード。

 生前、ジェイミー・フォックスはレイ本人と時間を共にし、ピアノの手ほどきを受けていた。そして、生き写しのような演技をすることが出来たのだ。
 ジェイミーもあの時(撮影中)は何かが降りて来たかのようだった、二度とは出来ないと述べている。見事だった。迫力があった。演技、音楽、映画全体にソウルを感じた。身体が震えるような、映画だった。

 オスカーを、ジェイミー・フォックス以外誰がもらえるのだ。あの、圧倒的演技力の前で。


 書くのが遅れたけれども、もちろん、映画館で観た。館内はいつもよりシニアの方が多いと感じた。DVDのセールスの方も発売からロングランで、売り上げ上位にいる。力強い、作品だった。その結果が、売り上げにも如実に出ているのだろう。


辛口の一言。
 レイが存命中に撮影され、関係者がまだほとんど生きている状態なのね。それでは、彼の人生に大胆な創作や解釈を挟むことができないし、この映画が想像力を刺激することはない。名曲誕生秘話なども、レイの宣伝担当が作った「レイ伝説」にのっとっているわけで、コマーシャルチック…。
 

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
Ray / レイ 追悼記念BOX
AD

ラスト・サムライ

テーマ:
 噂通りでした。これは監督のものでもトム・クルーズのものでもなく、渡辺謙さんの映画でした。よっく観れば富士山でかすぎ、あれれ?と思う所もあるが、許そう。ハリウッド映画で、初めて日本を正しく描いた映画であると。精神そして動作の美しさ、伝統を再現したものと言えよう。感動…。
 渡辺謙さん、真田広之さんの協力も甚大だったろうが、それを聞き入れる度量が監督たち、アメリカサイドにあった故の完成度だろう。今、アメリカではじんわりと日本ブームだとか。その時にこの映画はピッタリ。謙さん、アカデミー助演男優賞、残念でした。でも、世界の人々の心に深く残る演技でした。
 殺陣も戦闘シーンも迫力ある。もう一度観たい。じっくりと。DVDが出たら絶対に買う、と映画館で観た日に決めました。内容に付いてはあえて書きませんが、あなたが少しでも映画が好きなら、観るべし。日本っていいなとジーンとします。そして日本人が作れなかった事を悔しくも思うでしょう。ですが、何より素直に感動します。

 映画館で久々に泣いたけど、DVDを購入し、家で思う存分泣きながら観た…。

 


ワーナー・ホーム・ビデオ
ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉

AD


 それは1950年代末のモダンジャズ全盛期の頃。パリに移り住んだ、アメリカの大物テナー奏者ディル・タナーは酒に溺れ身を持ち崩してゆく。それを救おうとするフランス人ジャーナリスト、フランシスが必死に世話を焼く。ジャズが好きでタナーのファン故に、尽くすのだ。どうしようもなくだらしないタナーに、自分の生活も苦しいのに。そんなちょっと奇妙な友情のドラマ。

 ジャズ通の方にはエド・パウエルの実話が元になっているとおわかりでしょうね。
 友達とよく話した。ファンになったらフランシスになるかミザリーになってしまうか、なんて。あなたはどちらでしょう。

 タナー役をテナーの巨人デクスター・ゴードンが演じているのが、驚くべくこと。演技してる! そしておまけにアカデミー主演男優賞にノミネートされました、初出演で。
 実際のジャズ奏者が多く競演し、演奏もたっぷり楽しめるのでジャズに浸りたい時にどうぞ。
 ラストはウルウルだった。何度見てもたまらない気持ちになる。
 ゴードンはこの映画の4年後に死去。今では貴重な記録となってしまった。「ビバップで歩く」と言われたディック存在感を見てみて欲しい。
AD

リディック

テーマ:
 リディック様、観てきました。
 w(゜o゜)w オオー! 懐かしい!! 素敵なお姿に変わりなく嬉しかったぞ。
 リディック様が初登場したのはSFスリラーの『ピッチブラック』(2000年制作)エイリアン対人間のシンプルな話で、その時も悪でした。悪だけどみんなを助けてしまうのです。
 『ピッチブラック』はB級映画として、大いに楽しめたけれど、その2作目がこのような大作になるとは!

 リディックは、相変わらずのアンチ・ヒーロー。銀河最強のお尋ね者。暗視可能な目を持ち、戦います。飛びます。敵をバッタバッタとやっつけます。その肉体で。
 今回の敵は巨大な権力。宇宙を支配しようとするモノ。リディックは以前の仲間を救うために、自分のために戦う。そしてそれは、宇宙年代史となってゆくのであった。壮大なる戦いなのだ。リディックは神話になった…。
 CGだけでなく、巨大なセットを作っての撮影が画面に重みを感じさせる。脇役もキャラクターの色がはっきりしていて、それぞれの人生を感じさせる、うまい作りになっている。ベテランの役者が更に厚みを与えている。

 面白かった! 大満足。こんなSFハードボイルド大好物!
 予習して魔術や年代史、たくさんのキャラクターの名前を思い出したり、覚えて観る必要のない、気楽な映画です。
 思い切り楽しみましょう。格好良いぞ~! 悪だけど仲間は大切。熱い男だ。うふふ。好き! 
 好きな映画のランキングに入れようぞ。

 前作『ピッチブラック』と今回の『リディック』との間の話は、アニメになっているそうだ。レンタル店で探そう! 是非観たい。『リディック・アニメーテッド』劇場版のメイキング映像もあるとか…。

ライト・スタッフ

テーマ:
タイトル: ライトスタッフ
 ライトスタッフ”とは「正しい資質」という事。
 ソ連に宇宙開発計画で遅れをとったアメリカは、初めての有人宇宙飛行を試みるが、それはリスクを伴うものだった。
 人類にとって、時間が求めるライトスタッフは何か。初めて音速の壁(サウンドバリア)を破った男チャック・イエーガー、そして7人の宇宙飛行士達の実話に基づく物語である。感動しました。飛行機好き、宇宙船好きは必見ですね。たまりません!
 音速の壁を破った瞬間の音は、実際に良く聞く環境にあったので、身に迫る迫力を感じた。ドンと音がして窓が震える。これだ! と映画を観た後は感じたものだ。このために、努力した人々がいたのだと。
 トム・ウルフの世界的ベストセラー「ザ・ライト・スタッフ」を、「存在の絶えられない軽さ」のフィリップ・カウフマン監督が映画化。
 主役のサム・シェパードもいいけれど、エド・ハリスが印象的だった。アカデミー賞編集・作曲・音響・音響効果の4部門を受賞。

 忘れられない、大好きな映画の一本です。

LOVERS

テーマ:
タイトル: LOVERS
 LOVERS、て位だから結局の処、恋愛ドラマである。
 とはいえ、アクション映画でもある。ストーリーは単純だが、映像の美しさとアクションで見せてくれる。
 物語の舞台は、中国唐の時代。というと「時代劇、ややこしそう…」と思う人もいるだろうが、日本の戦国時代、忍びの集団がいて、と考えるとわかりやすい。
はっきり言って三角関係。それにアクションが絡むと…。
 隣の女性は泣いて観ていました。ツボにはまる人には堪らないのでしょう。
 私はアクションに注目。分かりやすいストーリーなだけにアクションが際だっていたし、何と言っても、チャン・ツィイーが美しい。綺麗、見事! もう惚れまくり。
 金城武も頑張っていましたね。なかなかでした。途中で馬から落ちて怪我をしたそうだが、わかりませんね。金城さんって、あんなに魅力的だったのか…。今更ですが思いました。コメディっぽいところが味でした。格好も良かった。 
 衣装も見事です。和田恵美さん、やりました。見終わったあとも、人物と衣装が目に焼き付いています。
 
 是非、映画館で、大きなスクリーンで観て欲しい。そんな映画です。綺麗なんだよーーーー。