ダ・ヴィンチ・コード

テーマ:

ダヴィンチ・コード   小説が原作の映画は数ある。だが、小説と映画は別物であり、原作がまったくそのまま映像になることはまれである。登場人物の性格や背景が変わったり、登場人物が増えたり減ったり、すじが変わったり、ラストまで変化するのが、ほとんどだ。映画は監督のものだ。
 優れた小説が、良い映画になるとは言えない。文章と映像での表現は違うものだ。
 同じように感動できたり、ワクワク出来たりする作品に仕上がれば最高だが。
「原作を読んだ人には分かる」などどは、あくまでも映画を鑑賞したい人に失礼。

 この映画につきまとっている言葉に、「原作を知らないとよく分からない」と言うのがある。つまり、映画では表現しきれなかったのか。それは、映像作品としては失敗だったと言うことではないのか。
 ガイドブックが必要な映画とは…。より楽しみためなら良いが、予備知識として必要だからのガイドブックとは、これいかに。
 
 ワクワクも、ドキドキもしなかった。
 せっかくのダ・ヴィンチの謎も少ししか出て来ない。単に殺人の謎を追いかけるミステリになっている。だが、それも弱い。伏線がわかりやすすぎで、犯人が早い段階で分かる。
 原作のあらすじだけを追いかけてしまったのか、あわただしい。台詞で説明してしまう所が多い。そのために感情が欠如していて、そこに血の通った人物を感じることが出来なかった。

 大きな肩すかしを喰った。迫力に欠ける映画だった。
 ルーヴルで撮影した、甲斐はあったのか。
「難しくてよく分からない」なんて事はないので気軽に観ましょう。
 ミステリ初心者には謎解きが面白いかも…。
 あらすじだけで終わってしまったので、スッキリしている。奥深さはないが、分かりやすい。

ダヴィンチ・コード2


 観るべき所は、ティーピングを演じたイアン・マッケランの存在だ。彼の演技が映画の中で一番魅力的だった。
 そんでさ、、トム・ハンクス。。似合ってないよ。

 

   
ダン・ブラウン, 越前 敏弥
ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版

 ↑ 小説に登場するアイテムや、建物などの写真入り。日本人に馴染みのない道具や古文書、場所等の写真は、読む時の助けになってありがたい。装丁もキレイで愛蔵版にふさわしい一冊である。 


 
ダン・ブラウン, 越前 敏弥
ダ・ヴィンチ・コード(上)
 
 
ダン・ブラウン, 越前 敏弥
ダ・ヴィンチ・コード(中)
 
 
ダン・ブラウン, 越前 敏弥
ダ・ヴィンチ・コード(下)
 

 

中見 利男

ダ・ヴィンチの暗号を解読する―図説ダ・ヴィンチ・コード

 

 
エハン デラヴィ, Echan Deravy
キリストとテンプル騎士団―スコットランドから見たダ・ヴィンチ・コードの世界

    
AD

第五惑星

テーマ:

第五惑星   1985年アメリカ制作。
 21世紀末、地球人は宇宙へ進出し、ドラコ星人との間に戦争をくり広げていた。
 激しい戦闘の末、戦闘機が損傷を受け辺境の惑星に不時着した、地球人ダヴィッジとドラコ星人シーガン。敵対関係にあるふたりだが、惑星の苛酷な環境を生き残るために、強力しなければならなかった。互いに言葉を学んだ。やがて両者の間に友情らしき物が芽生え始めた。
 いつか、地球から助けに来る…。仲間が探してくれているはず。ダヴィッジは思っていた。
 そんなとき、ドラコ星人シーガンに異変が。出産の時期が訪れたのだ…。彼は雌雄同体だった! 
 過酷な自然の中、身重のドラゴ星人を喜ばせようとダヴィッジは聖典をマルタンを憶える。。。
 やがて訪れた、出産の時。。。
 ダヴィッジは子育てをしなければならなくなった。芽生えた父性。。。

 監督は『Uボート』のウォルフガング・ペーターゼン。「漢」の世界を描かせたら並ぶ者はいない。その監督が描くSFなので、今回も見事に女は出てこない。子供を産むのも雌雄同体の異星人…。
 
 忌み嫌っていた異星人を受け入れることが出来た時、それはどんな瞬間か。人種差別や偏見などにも繋がる、それがなくなる時、それはあるのか。そこも考えさせられた。仲間(人間)より異星人を選ぶ瞬間があるのか…。
 異星人を親友の敵と憎んでいるパイロットにデニス・クエイド。
 爬虫類のようなドラゴ星人にルイス・ゴゼット・ジュニア。
 
 たまらなく、大好きな映画です! SF好きだあー!!

AD

ターミナル

テーマ:

 ニューヨークに向かう途中に祖国でクーデターが起こり、国籍もパスポートも無効になった男・ナボルスキー(トム・ハンクス)。空港警備局からは入国を認めらず、帰国もできない状態になってしまった。仕方なく彼はターミナル内で暮らし始める。やがて仕事をみつけ、恋をし、仲間が出来、9ヶ月たった。。
 そんな無茶な話がと思ったら、実話で、モデルになった人がいるとか。旅券を盗まれたイランの人がパリのドコール空港に長年住んでいるそうだ。

 主人公のトム・ハンクスは、どこまでいってもトム・ハンクスだった。あのでかい顔とでかい身体で、どこから見てもトム・ハンクスだった。
 何処が困った状況の人物なのか。髪が伸びることも、薄汚れることもなく、やつれることもなく時が過ぎ(?)9ヶ月が1週間ほどにしか感じなかった。片言の英語なのにネイティブな発音が出来ていたり、不自然で。
 恋のお相手も、深い心のつながりがなく結局ただの不倫女だったし。
 空港警備局はドタバタしているが、真実味が全くなく、不自然で。
 全然映画の中に入れなかった。面白くもなく、感動もなく、肩すかしを食った感じ。
 これが、スピルバーグでなければ、こうもがっかりしなかったかも。トム・ハンクスでなければ、また違ったかも。
 私はこんなスピルバーグ映画を観たいのではないのである。
 作っている方は楽しそうだと言う雰囲気は伝わってくるのだが、観る方は…。
 軽~く、面白おかしい映画ではあるが、テレビで充分。レンタルで充分。
 巨大な空港のセットを作って、これ、とは。と思いました。

 期待があった分、がっかりして、辛口に書いてしまったが、観て憤慨のあまりしばらく文章のならなかったのは事実。

角川エンタテインメント
ターミナル DTSスペシャル・エディション<2枚組>


AD
タイトル: デイ・アフター・トゥモロー 通常版
 科学的にありえねー、嘘ばっかと言う記事を事前に読んでしまったので覚悟して観ました。ある人は、ポールシフトでも起きたらあり得ない話ではないと言うけど。
 パニック映画として、なんだか物足りなかったですね。やはりあり得ないからでしょうか。嘘だらけーと思えるので。しかし、地球温暖化は確実に起こっているし、東京の温度もすでに亜熱帯と同じだと言う。あれほどのスピードではないにしても、近い未来、あり得ないとは言えないだろう。
 それを、「温暖化は幻だ」と言い張っている国が作るとは、面白いものだ。
 地球はどんどん壊れて行っている。もう、止められないが、お馬鹿な大国が頑張れば、どうにかなるかも、なんだよね。
 ま、そこそこの映画でした。コマーシャルほど、面白くはなかった。テレビで観ても良いかも。。って感じました。

 久々に超ド級のB級映画を観た。ペキンパーとジョン・ウーをセルジオ・レオーネで仕上げたような、撃つは死ぬはのドンパチで、悪玉とヒーローは撃たれてもなかなか死なない不死身で、出てくる人物みんながくせ者で、裏切りがあって誰が味方かコロコロかわりの、娯楽映画だった。
 凄い。久しぶりにこういう映画を観たぞ。ぶっ飛んで死ぬシーンでも、全面に陽気なマリアッチが流れている。古きマカロニウエスタンの流れだわさ。たまりませんわ、って映画だった。こういうジャンルも今あってもいいじゃないか~。

 主人公はもちろん「エル・マリアッチ」のアントニオ・バンデランスなのだけど、非道なエージェント役のジョニー・デップが、喰ってしまいましたね。ジョニーがやると、ただ者ではなくなるね。結局ジョニーが主人公? で終わったね。
 しばらくマリアッチが耳から離れない。またメキシコに行きたいな~。全然スペイン語が聞き取れなかったが…(汗)
ミッキー・ロークが出ているが、すっかり変わった顔である。わっかるかな?
 
 さすが、ロドリゲス。とにかく面白かった。大満足出来ました。

 でもさ…、ああいうシーンでジョニーくん、痛くないのか。いいの、それで。それも不死身?ひえ~。



ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード
 ホラー映画の、今では古典と言われている『ゾンビ』のリメイクなのだそうだ。現代風にスピードを増したゾンビが襲ってくるが、なんだかね…。こういうシーンは他の映画でも多く観た気がする。新しくない。リメイクの意味があったのだろうか。一言。。ビデオで観た方が良いよ。
 新しく革命的だった『ゾンビ』の何を受け継いだのか。一時代を築いた作品のリメイクを、作る意味があったのだろうか。
 ゆっくり起きあがる不気味さの方が、怖い。アクティブなゾンビは別物だった。違う。。。マイケル・ジャクソンのスリラーを踊っていたゾンビの方に親近感を覚えるのであった。スピードがあるゾンビは、多くのエイリアンに寄生された人間と同じ感じだった。あれは、ゾンビではない。見終わった後、力が抜けた。観るのではなかった、と。
 しかし、感動も憤慨も、観なくてはわからないしね。
 あ~あ。

トロイ

テーマ:
 ペーダーゼン監督だものね、普通でなかろうと思っていたけれど、こう来たか。愛の感動巨編でもなく、歴史大作と言う感じにもなっていませんでしたね。ブラピが出ているので、カッコイイって事で、ヒットはしているようだけど、感動はどうでしょう。だってウォルフガング・ペーターゼンの作った映画だよ。『Uボート』の監督だよ。私は『第五惑星』が大好きだけど、なんと言うか、ちょっとマニアックな楽しみを見つけることの出来る作品が多いね。男の世界を描く人だね。
 そんなわけで、一般的に「?」が付くかもと思うが、私には楽しめた映画だった。面白かった。
 トロイという、あまりにも有名でスペクタルな物語を、2時間と言う映画の枠にはめるのはあまりにも、無理があるだろう。何処かが抜け、平坦になるだろう。それを畳みかけるようにバッサと切った作りには頭が下がる。ピントがずれることなく、歴史劇として作り上げたと。楽しみは『Uボート』等を好む人には大いに見つかるだろう。
 なんというか…、ブラピが出ているからと、恋愛が絡んだロマンを求めたりしてはいけません。(つまらない、わかんないーと言う声もありました)男同士の、兄弟愛、親族への愛はたっぷり熱~いものがありました。ペーターゼン監督だもの。女を描かせたら無色か、飾りになる監督ならではある。
 戦闘シーンがかなり迫力あるので、それは見所あります。お話は、10数年の戦いを映画で一気にやるだからまあ、こんな物だと割り切って観ましょう。気になるなら、映画好きなら観ていた方がいいよ。是非、映画館で。

箪笥 <たんす>

テーマ:
 韓国ホラーである。ホラーなだけにあらすじ、結末をかけないのが苦しいが、どちらかというと、昔の日本のホラーの雰囲気がある。原作は韓国の有名な古典なのだそうだが、現代風にアレンジされていて、身にせまる恐怖がある。
 細かい複線を見逃さず、最後にホッとしましょう。
 見応えはあります。最後の秘密が分かるクライマックス、(ー'`ー;)ムムッ
 
『嘆美ホラー』と言うジャンルになるそうです。美少女好きなら見ましょ。
 けっこう引かれて、最後まで観られた。そこそこである。作りが細かい。アジア的である。
 
 ドリームワークスがリメイクをするそうだが、また大味になりそうだね~。