ジェームズ・ボンド原作の1作目を映画化。ボンドの若い頃の事で、昔の話に戻るのかと思ったら、さすがに時代は今。
 冷戦の時代を今更描いても理解不能の世代が多いから、当然か。。悪役ル・シッフルは、各国のテロ組織から預かった金でマネー・ゲームをするファンドの経営者になっている。ストーリーや人物配置はほとんど原作通りでありありながら、現代の話にスマートに描いた脚本のポール・ハギス、さすが。

 新ボンドのダニエル・クレイグだが、歴代ボンドの中ではスタント能力が高い。ほとんどを自身の肉体でこなした。走る、跳ぶ、殴る、蹴る。銃器の使用より肉体を酷使する。傷だらけになり、血を流し、毒を盛られれば危篤状態に陥る。いくら強靭でも、あくまで人間の能力を超えないリアルさにこだわったアクションは皮膚感覚の痛みを伴う。痛そう~。
 そして、007に昇格したばかりの、功名心にはやる向こう見ずな若造という感じがよく出ている。
 強いだけではなく大切なときにそばにいて安心させてくれる男の優しさを持ちながら、情報員としての過酷な道を選ばざるを得ない。そんな機微も、上手く表現している。

 映画として、最高の出来だった。久しく忘れていた、タイトルロールで期待感が盛り上がり、血湧き、肉躍り、期待にワクワクする思いが持てた。テーマソングも、いかにも007らしくて印象に残った。今でも歌える『ゴールドフィンガー』に、近いイメージを、僕は持った。衝撃のラストシーンも、脳裏に刻まれ、これから007はどう生きて行くのだろうかと続きが観たくなる。

 本当に、久々に映画らしい映画を観た、感じ。
 真剣に恋愛をしたボンドの姿にも、心が動いた。切ない~。。

 これからどうなるんだろう。またシリーズが続くのかな。1作目が力強い印象だったので、新ボンドには今後がキツイかも。

 一部では、O(オー)の出てこないと言うことで、不評でしたが…。それこそ次作に期待?

 この映画は12月30日の年の瀬に観ました。有楽町の「サロンパス ルーブル丸の内」で。とても混んでいて満席だったけれども、大きなスクリーンの大きな映画館で観られて良かった。多くの人と共通の時間を持ちながら映画を味わうのも、感動の体験。
 やはり映画は、映画館で! 

イアン・フレミング, 井上 一夫
007/カジノ・ロワイヤル 【新版】
AD

キャットウーマン

テーマ:

 これなるキャット・ウーマンはバットマンのサイド・ストーリーである。主人公は『バットマン・リターンズ』でミシェル・ファイファーが演じたキャットウーマン。

 従順でシャイな女性が、巨大な化粧会社の陰謀に巻き込まれて命を落としてしまう。そこに現れたのは不思議な力を持つ猫『ミッドナイト』。彼女の力で主人公は猫の能力を持つ、キャットウーマンとして生き返る。孤高のダークヒロインの誕生である。夜な夜な黒の皮のボンディージファッションで、鞭をうならせ、都会の暗闇を駆け抜けてゆく…。

 主人公はハル・ベリーが奮闘していた。だが、これはもうけ役である。誰だって、この役ならある程度のかっこよさでヒロインになれる。誰でもCGたっぷりで、猫のしなやかな動きを手に入れる事ができるだろう。きっと誰でも良かった。
 誰でも良かったので、恋人役が。。。ハンサムではなかったです。
 悪役にシャロン・ストーンが扮しているが、迫力があったので、これは○。こんな役もやるのだと関心した。

 が、どうしてもB級です。暇があったら時間つぶしに観る映画です。飽きないけれど、感動もなく、後味もありません。これから観る人は、覚悟して観ましょう。
 キャット空中三回転には、沸きました(笑)
 B級映画好きの私にとっても、物足りない感じ。何かが足りない。ハル・ベリーの完璧ボディでも埋まらない何かが。

ワーナー・ホーム・ビデオ
キャットウーマン 特別版
AD

コラテラル

テーマ:

 監督マイケル・マン、観なくては、と行ってきた。
 「ヒート」「インサイダー」「アリ」「ラスト・オブ・モヒカン」と代表作、話題作が多いが、私にとってはTVシリーズ「マイアミ・バイス」の人である。大好きな監督さん。
 主演のトム・クルーズは別に好きではないが、はずせない映画なので観てきた。今回のトムは銀髪に白髪まじり、無精髭をはやした殺し屋のヴィンセント。いままでにない役どころである。
 ヴィンセントが多額のチップと引き替えに、一晩タクシーを借り切るのだが、そのタクシードライバーがマックス(ジェイミー・フォックス)。12年、ごく平凡な日々を送ってきたドライバー。巻き添えにあったドライバーと殺し屋を乗せて、ロサンゼルスの夜の街を走って行く。。。
 スタイリッシュと呼ばれていたがなるほど、綺麗だった。今まで観た映画のシーンとは、まるで違うロサンゼルスが見えた。そこは監督の腕だろう。
 トム・クルーズがなんとも、良かった。走り方、銃の扱い方、どれもがスマートで役になりきっていた。
 フォックスは流されていたのが、追いつめられた所で強くなり、だんだんと別の顔を見せる。うまい。
 面白かった。楽しめた。独特な街の光が残像として、観たあとも残った。スタイリッシュでスピード感があり、少しだけほのぼのもできる、ちょっと不思議な映画だった。マイケル・マンらしい味である。名作「マイアミ・バイス」を思い出した。

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション
AD