王の男

テーマ:

       
                   王の男1

 数々の賞を総なめにした舞台劇を原作に、2人の大道芸人と韓国史上最悪の暴君と呼ばれたヨンサングンの運命を描く歴史ドラマ。

 16世紀初頭の韓国。幼なじみの旅芸人チャンセンとコンギルは国一番の芸人になるという決意を胸に都・漢陽にやってくる。宮廷を皮肉った芸により人気者となった2人だったが、王の側近に捕られ、「王を笑わせることが出来なければ処刑する」と言い渡される……。


 愛、嫉妬、陰謀、人間の欲と情が支配する宮廷内で、その美しさで王をとりこにした男コンギル。女よりも美しく艶やかなその男は王だけでなくすべての男たちを魅了する。王に気に入られて宮廷のお抱え芸人になってからは特にコンギルは王の心を捕らえ、夜毎に呼び出されるようになり、王の女官・ノクスの恨みを買う。


 チャンセンとコンギルは幼馴染の芸人同士という以上の関係性は描かれていないが、果たして友情だけの間柄なのだろうか。

 と、多くの疑問を持つのだが、韓国の原作では、同性愛の話として描かれている。舞台でもそのようだ。映画化に関しては、同性愛的な雰囲気はいっさい除外されているが、雰囲気は感じてしまう。

 …だって、あの執着は、普通じゃないもん。。


 コンギルを演じているイ・ジュンギが美しい! ちょっと化粧が濃いが…。

 コンギルは、言葉少なくあまり語らない。その思いも望みもよく分からない。ただ、流されているように見える。しかし、美しいので回りが放っておかない。本人も自覚しているのか? 長い髪におりぼんつけてヒラヒラさせている…、そんな姿はやっぱ普通じゃない?


 突っ込み所はあれこれあるが、色々と楽しませてもらった、映画。DVDが出たら買うかもしれない、と久しぶりに思った。うふふ。。



   
 キム テウン, 前川 奈緒, チェ ソクファン
  王の男

映画の原作の翻訳ではなくて、映画そのものを起こし小説化。映画の世界そのままに読める。




王の男2
AD


                 
 


 ジェームズ・ボンド原作の1作目を映画化。ボンドの若い頃の事で、昔の話に戻るのかと思ったら、さすがに時代は今。
 冷戦の時代を今更描いても理解不能の世代が多いから、当然か。。悪役ル・シッフルは、各国のテロ組織から預かった金でマネー・ゲームをするファンドの経営者になっている。ストーリーや人物配置はほとんど原作通りでありありながら、現代の話にスマートに描いた脚本のポール・ハギス、さすが。

 新ボンドのダニエル・クレイグだが、歴代ボンドの中ではスタント能力が高い。ほとんどを自身の肉体でこなした。走る、跳ぶ、殴る、蹴る。銃器の使用より肉体を酷使する。傷だらけになり、血を流し、毒を盛られれば危篤状態に陥る。いくら強靭でも、あくまで人間の能力を超えないリアルさにこだわったアクションは皮膚感覚の痛みを伴う。痛そう~。
 そして、007に昇格したばかりの、功名心にはやる向こう見ずな若造という感じがよく出ている。
 強いだけではなく大切なときにそばにいて安心させてくれる男の優しさを持ちながら、情報員としての過酷な道を選ばざるを得ない。そんな機微も、上手く表現している。

 映画として、最高の出来だった。久しく忘れていた、タイトルロールで期待感が盛り上がり、血湧き、肉躍り、期待にワクワクする思いが持てた。テーマソングも、いかにも007らしくて印象に残った。今でも歌える『ゴールドフィンガー』に、近いイメージを、僕は持った。衝撃のラストシーンも、脳裏に刻まれ、これから007はどう生きて行くのだろうかと続きが観たくなる。

 本当に、久々に映画らしい映画を観た、感じ。
 真剣に恋愛をしたボンドの姿にも、心が動いた。切ない~。。

 これからどうなるんだろう。またシリーズが続くのかな。1作目が力強い印象だったので、新ボンドには今後がキツイかも。

 一部では、O(オー)の出てこないと言うことで、不評でしたが…。それこそ次作に期待?

 この映画は12月30日の年の瀬に観ました。有楽町の「サロンパス ルーブル丸の内」で。とても混んでいて満席だったけれども、大きなスクリーンの大きな映画館で観られて良かった。多くの人と共通の時間を持ちながら映画を味わうのも、感動の体験。
 やはり映画は、映画館で! 

イアン・フレミング, 井上 一夫
007/カジノ・ロワイヤル 【新版】
AD

 お久しぶりです。寒中お見舞い申し上げます。

 体調が悪いとか(ちなみにノロウイルスには12月上旬罹った)、モニターが不調だとか、理由をつけて更新をサボっています。なんとも寂しいブログになってしまった。反省…。


 1日は映画の日。さすがに元旦は映画館も休館の所が多かった。振り替えで2日を映画の日にしていた。万人、千円で観られるのだ。

 て、ことで、正月商戦まっただ中。大きな福袋を抱えた人々が多くひしめいている街に、1月2日、映画を観るために出かけた。

 街には多く、人が繰り出しているのに、映画館は、閑散としていた。映画の日なのに。安く観られるのに! 映画どころじゃないって、事か。正月2日に映画館に通う人は、よほどの映画好きに違いないって事なのね。


 こんな風に2007年の映画ライフはスタートした。

 今年こそ、観た映画は、もれなく書き込もうと、志を新たにしたのだった。

AD